オールド・ルーキーの作品情報・感想・評価

「オールド・ルーキー」に投稿された感想・評価

ぶち

ぶちの感想・評価

3.3
泥臭さの中に爽やか感があって、そして温もりがある映画。30歳半ばでメジャーリーガーを目指すことになった人の話。青春という言葉は若い人にだけ与えられた言葉ではなく、おっさんだって青春を送ることができるんだね。そして夢というのは誰でも、いつでも、どんな時でも全ての人に与えられた平等の権利。そしてパワー。そんなことをまっすぐに表現されたいい映画でした‼︎
Meg

Megの感想・評価

3.0
実話が基になっているのだから、勇気付けられない筈がない。『ナチュラル』もよりも現実的な印象。このような物語には御馴染みである家族とお金の問題も持ち上がり、その他にマイナーリーグならではの厳しさも垣間見られる。そんな中でもジムを信じ、献身的に支え続けるローリーに感銘を受けた。女性はともかく、ジムのような人生を夢見る男性は多いのではないだろうか☆ただ35歳にしてはデニス・クエイドは老け過ぎのような気が……。しかし「夢をかなえるのに遅すぎるということはない」です!老け顔でもOK!
Javier

Javierの感想・評価

3.7
家族がいて、子供がいて、仕事もまぁ順調で、幸せな人生。

夢は破れたが、幸せならまぁいいかな....
と!思っている日常生活を送っている、世の中の親父の為の映画。

内容はいったてシンプル。
映画的にも気軽に見れる。
野球好きならなおさらかな。

人生は一回限り!チャレンジして後悔の無いようにしようと考えさせられる作品かな。
akinaga

akinagaの感想・評価

3.8
何となくオチとかストーリーとか分かってるんだけど、見てしまう王道作品。ディズニーとはなんか意外。
実在の35歳でメジャーデビューした中継ぎサウスポーの話です。一度はマイナーリーガーのまま引退して、主人公ジム・モリスはハイスクールの化学の教師となったわけてすが…。野球部の監督も務めて、部員を指導していました。その高校野球部の試合
シーンですが、守備の巧さとバッドスイングの鋭さに驚きましたね。さすが野球発祥の地アメリカてす☆
やかてジムはプロのテストを受けるわけですが…。妻とのやりとりが本作の最大の見せ場です。生活はあるけれども、挑戦して失敗するか挑戦しないで後悔するかで夫婦二人がぶつかります。
最終的に妻は夫を後押しする決断をします。ここがアメリカの女らしいなと思いました。「私がついてるわ!!」このハートはアメリカ女性らしく、それに応えたジムも見事☆
メジャーリーグはアメリカの希望だということを十分に感じ取れる良作だと思いますね(^-^)
ry

ryの感想・評価

3.8
アメリカ映画のメジャーリーグものは大体面白い。この作品もやはり面白い。

メジャーの夢に破れて高校で野球部のコーチをする主人公が、それでも夢を諦めきれずメジャーに挑戦するこの作品。コーチの豪速球に突如やる気を出す野球部員達に夢を後押しされるシーン。ひたすら父を尊敬する息子。
そして、地元テキサスの知り合い達。

どのシーンも最高だった。
めぐ

めぐの感想・評価

3.5
最後まで気分よく鑑賞。
気持ち良い映画*ˊᵕˋ*

夢みたいな実話やんね♪
くろお

くろおの感想・評価

3.9
野球映画に外れナシ?
実際の所はわかんないけど、トミージョン手術の影響って事なのかな?
主人公のジム・モリスと同じく非常に直球勝負の映画なので、求めていた物を安心して見させてくれる映画。
こういうのは、主人公を支える家族なり、友人達がかなり重要なウェイトを占めるけど、そこも非常に真っ当な作り。
父親との間にもうちょっとドラマがあれば良かったけど、まあ実話だしこんなもんかな。
選りすぐられた超人のような選手しか立てない厳しく希少なメジャーリーガーには生半可な素質や努力だけではなれない。
それだけにこのような甘いサクセスストーリーはしらける。
でもこの主人公の物語はフィクションではなくて実話なだけに、現実にあった主人公のリアルな素質や努力をもう少しきめ細かく描いて欲しかった。
馬鹿げたように思われ、万人には腰が引けるリスクを伴う人生の挑戦は、親しい人達みんなのドキドキ感を刺激して後押しの応援を集める。
リアルにメジャーリーグファンであればあるほど現実的では無い設定・ストーリーなのだが野球ファンも含めて人々は"才能と努力"に一縷の望みを見る、そして託す❗ある意味ヒーロー願望とも言える

それが実話ベースなら尚更だ❗

ボクシングのロッキーもそうだが、主人公は意外にも朴訥で極めて大人しい・・・そういうのもスポーツものではステレオタイプ化されてるが、それでも見たい・面白く思うのは何でだろう 苦笑😅

特に、一言でメジャーリーグの下部組織は"マイナーリーグ"で一括りに表わされるが実際は日本的に言えば(7軍)くらいまである❗

メジャーに一番近い3Aに昇格して活躍出来ても、将来性の高い若い選手からメジャーに優先的に招集される厳しく狭い門だ💧

アメリカの人々はそれが分かってて、こういう作品を歓迎するのは面白い

他にもアメリカンフットボールでも確かマーク・ウォールバーグが同じようなストーリーを演じている
>|