蜘蛛女の作品情報・感想・評価

「蜘蛛女」に投稿された感想・評価


DVD整理で発掘、再視聴。
ゲイリー・オールドマン、レナ・オリン共演。
90年代ハード・ボイルドの佳作でしょう。

ジャックはマフィアに情報を提供して荒稼ぎをする汚職警官。
ある日、彼はマフィアのファルコーネも恐れる殺し屋のモナの護送業務に就くが、逆にモナに手玉に取られる始末。
そして、ジャックの情報で送り込まれた殺し屋もモナに殺される。
怒りのファルコーネは、落とし前として、ジャックにモナの殺害を命じるが…


原題’Romeo is bleeding’の Romeoは仲間の警官たちがジャックを揶揄して呼ぶ愛称で「色男」の意。(原題を敢えて訳せば、「血まみれの色男」か?何か作品の印象が変わってくるなぁ)

裏社会に足を突っ込みながらも、妻と愛人に囲まれて何不自由のない生活を送っていた色男の人生が一転し始める。

今やアカデミー賞男優となったゲイリー・オールドマンの熱演が光る作品。

‘蜘蛛女’に操られ、堕落して行く哀れな男の顛末は?

そして、なんと言ってもレナ・オリンの怪演が凄い。
上半身の裸を見せられても、何も感じないほど恐ろしい。
悪女どころではない狂気の女殺し屋は、映画史上に残る存在だろう。

マフィアのボスに「ジョーズ」のロイ・シャイダー、ジャックの妻役にアナベラ・シオラ、愛人役にジュリエット・ルイスと当時のビッグネームが共演している。

※くれぐれも「蜘蛛女のキス」とお間違えのないように、笑。
どこらへんが蜘蛛だったのかいまいちピンときませんでした。何故なら私は蜘蛛に変身して人を襲うパニック映画だと勝手に思っていたからです。私のタイプの問題ですが、蜘蛛女役の方があまりきれいに思えなかったです。ただファムファタールが小悪党を追いつめて食いものにしてゆくさまはとても良かったです。
よい子

よい子の感想・評価

4.0
ゲイリーオールドマンが情けなくて…

男はまったくねー。

ラストの哀愁漂うゲイリーの目が良かったです。
ふわ

ふわの感想・評価

3.2
ゲイリー演じる女とお金が好きな刑事が落ちていく様を描いている。
蜘蛛女ってタイトルがダサくて損してると思う。観ればあー蜘蛛女ね〜と思うけど、もっとシリアスそうなタイトルでも良かった気がする。

ゲイリーファンなら観て損はない、と思えるレベルのB級映画。
Yui

Yuiの感想・評価

3.8
全てにだらしない悪徳刑事やけど、ゲイリーやと何故か憎めない凄さ
ハネムーンって言いながらお尻出すのも可愛い
スパイの女の人、声がドス効いててカッコええし行動が面白すぎる
ss

ssの感想・評価

-
ゲイリーのダメダメな悪徳警官が見たくて。
もーほんと、ダメな奴。女にも金にも目が無い。
「当時、ゲイリーは女性の噂が絶えず、役のイメージが重なることで説得力が生まれてる」
なんて書かれちゃってるしね(笑)

最初、レナ・オリンが声低いし、男前な顔してるから男性だと思ってた。
それ位、男前で悪い女!!

本当、目の前の欲望に正直過ぎて笑っちゃう位クズ野郎!
その反面、自分の野望にどんな手を使ってでものし上がろうとする女ボスが
怖すぎて震える~!

ゲイリーことジャックの奥さんが作った料理にグダグダ文句をつけたときに、
冷蔵庫を覗いていた奥さんが振り返って銃を構える。
冷蔵庫を背景に主婦が銃を構えるってなんてフォトジェニックなんだろうと
うっとりしてしまった。

「捕えて、逃がして、また誘う」
邦題も嫌いじゃない。

2018/4/11
もう

もうの感想・評価

4.0
ゲイリー・オールドマンとうとうアカデミー賞受賞しましたね。
でも、わたしの中ではこの映画のゲイリーにオスカーを差し上げたい。
優柔不断で女好きの情けない役柄は最高です。
レオンのキレた演技よりこちらの方が良いです。
知的なレナ・オリンが超悪女を怪演しています。
義手をつけてのセックス、そして義手を外して放り投げます。
高笑いも素敵やー!
構図だったりカメラワークの試行錯誤は各シーンで見えてくるけれど、薄味に思えるのは、あまりにもギャップを利用していない。
光と闇、静と騒、とで変化に目を見開かせる演出が足りなかったように思う。
ギャップは分かり易ければそうであるほど効果的だと思う。
当時のフィルムノワールの闇の感覚は、他の映画とのギャップを利用していたので、作品単体で暗さを表現するにはギャップを利用する他ないと思う。

映画技法がシナリオによって産まれた、日本でいう「用の美」と考えると、無造作にクオリティの高い映像作品はなかなか映画としての評価を得づらい。
シナリオの整合性を無視できるほどの映像芸術は存在していて、それは特に自分の好きな映画だけど、この映画はそこまでの創造性があるわけではない。

この映画でフォムファタールと考えられる女優が、単純過ぎる程に悪女だった事にフィルムノワールのしての質を下げさせたと考えてしまう。

とりあえずこの映画は、シナリオが弱い。
それが残念と思えるほど、カメラは悪くなかった。
otom

otomの感想・評価

3.8
久々の鑑賞。もっと女がしぶとかった印象があったのだけれども、そうでもなかった。トム•ウェイツっぽい人が出てくる。良作。
「氷の微笑」のヒットからか当時たくさんあったB級感のある悪女映画のひとつ。
今観たらロン・パールマンまで出ていたりものすごく豪華なキャスト。
作品としてはゲーリー・オールドマン演じる悪徳警官の一人称で進行していくので、彼が追い詰められていく過程を見る映画としては面白かったけど、反面レナ・オリン演じる悪女が意外に出番が少なくやや肩透かし。
>|