カジノの作品情報・感想・評価

「カジノ」に投稿された感想・評価

"カジノ(1995年製作の映画)
3.3
スコセッシ・デニーロ・ジョーペシ、ギャングもの
ということで、数年前の『グッドフェローズ』のフラッシュバックがすごい。特にジョー・ペシはそのまんまの役感がすごい。
とはいえ今回はデニーロが主人公だしその主人公はクスリも暴力もやってない堅気なので、実は全然違う。ただジョー・ペシがそのまんまなだけ。相変わらずブチギレプッツンでおっかない…(褒
凋落の様子が、ナレーションで予告されていた通りだし描き方がコミカルで笑ってしまった。血生臭い口封じがあるというのにこのギャグセンスは絶妙"
オープニングからスコセッシ映画始まるぞってワクワク感が凄い。小難しい展開もなく、テンポもよいため没入できる。グッドフェローズと非常によく似た話の流れだが、この作品はマフィアに関しての知識がなくても、楽しめた。
この映画のシャロン・ストーンのドレス(たしかクレージュ)が、
今まで見た中で一番すきなウェディングドレス。
たろう

たろうの感想・評価

2.9
面白いけど長い。ウルフオブウォールストリートを超えない。
シャロンストーンがゴミクズすぎて清々しい。現実世界のようにクズさを隠さないところが良い。
途中から早く別れろ、デ・ニーロそんな女に拘るな、お互いのためにそんなに消耗するなと思ってた。デ・ニーロも離婚のサインをしないし意地なんだろうね最後は。
マーティン・スコセッシ監督作品。ロバート・デ・ニーロ出演映画。再度鑑賞。いきなりの車の大爆発。原題どおり、No one stays at the top forever. 誰も永遠にトップに居座ることはできない!ロススティーンことエースのカジノの成功から転落の実話に基づく物語です。ニッキー役のジョー・ペシ、ジンジャー役のシャロン・ストーン凄く良かったです。最後はいつもの結末が待ち受けています。デニーロのスーツの派手さときたら、まあ似合っているからよしと…
個人的に一番信用してる映画ランキングの「IMDb Top Rated English Movies」で111位。「グッドフェローズ」が16位。めちゃくちゃ面白かったけど「グッドフェローズ」はさすがに超えてこない、という感じだった。他のスコセッシ作品同様とんでもないテンポの速さで進むから気づかなかったけど上演時間がそこそこ長い。

そして今年公開のスコセッシ新作が本当に楽しみ。デニーロ、アル・パチーノ、ハーヴェイ・カイテル、ジョー・ペシが集まるスコセッシ作品を人生でリアルタイムで見れるなんて夢にも思わなかった。
NY

NYの感想・評価

4.2
スコセッシ監督の実話映画
カジノオーナー、マフィア、男を惑わす女が
カジノを中心に愛と金と欲望、野望を
リアルに描いた3時間
デニーロとペシの演技が素晴らしく、
ナレーションが付き、
映画全体の雰囲気とテンポがよく飽きない
グッドフェローズ観たことないから
観てみようかな
森島

森島の感想・評価

3.3
途中からカジノ関係なくなってた
マーティン・スコセッシのマフィア物は安定している
ともかくオープニングが好き。

ロバートデニーロ演じる男はカジノのすご腕経営者で、ギャングと関わりあるものの組織の人間じゃない。善人とも言えないけど悪人とも言えない。賭け事それ自体が好きで、とはいえ大金を得ることに大してこだわってもいない。そんな男なのに、惚れた女には弱い。
ジョーペシ演じる男は暴力的で、そっちがその気なら、って言い回しがよく似合う。ホームにアローンな時にあんな男が来たら、またはいとこのビニーを頼ってあんな男がやって来たら怖くてしょうがない。そんな男なのに、子どもと朝ごはんを共にすることは欠かさないし、弟の面倒なんかもよく見る。ここらへんゴッドファーザーぽいファミリー感。
シャロンストーン演じる女は見た目の綺麗さのみならず賭け事が上手くて目端がきき、社交的。そんな女なのに、金をせびるしか能がないような男に惚れている。他の男と結婚して子供ができても吹っ切れない。

そうした、人間の遣る瀬なさ、致し方なさみたいなものを描いているのが面白く、でも3時間はちょっと長かった。

主要登場人物が少ないから、もっと掘り下げることもできたと思うのに、中盤から単調で、シャロンストーンはただの馬鹿な女にしか見えなくて、どんな気分で演じていたかはわからないけれども、少し不憫だった。

ともかくオープニング。
>|