ギャングスター・ナンバー1の作品情報・感想・評価

「ギャングスター・ナンバー1」に投稿された感想・評価

下着姿の三白眼ソシオパスなポール・ベタニーがギャング界隈を荒らしまくってマルコム・マクダウェルになるクライム・ドラマ

カメラワークや音楽が凝っているし、映さないけれど拷問やバイオレンスなシーンも多い良作でした!

とにかくポール・ベタニーが怖いw
『孤狼の血2』の鈴木亮平みたいww



1968年イギリス。

暗黒街の王"メイフェアの惨殺者"ことフレディ・メイズの手下となったポール・ベタニー。

ある日、対立するギャングのボス、レニー・テイラーがフレディを襲撃すると知るが、そのまま放置した。

さらにレニーをボコりまくって殺したポール。

が、世間では、フレディがレニーを殺し、その復讐に手下に襲われたと思われる。

てなわけで、一命を取り留めたフレディは30年檻の中へ。

まんまとボスとなったポールは、組織を大きくしていくが……



何をしても満たされない男

有名なギャングの右腕になっても、誰かを殺しても、富や名声を手にしても。

そんなギラギラとしたヤバい男を、三白眼長身ベタニーがスーツで演じるので、もうドッキドキでした!

とてもカッコいいけれど、半径数mに近付いただけで切り裂かれそうなオーラ!!

そんなんが30年したらマルコム・マクダウェルになるのだから、さらに怖い(笑)

オチは、そうとしかならないよね、って物悲しさに包まれる。

音楽もファッションも画面分割とかもお洒落で素敵な良作でした☆
マサ

マサの感想・評価

-
ハリポタのリーマス・ルーピン先生役のディヴィッド・シューリスさんを追ってこの映画を観たんだけど、わぁ。こわやばすぎる、いい~。ってなったw
白波

白波の感想・評価

3.8
DVD鑑賞
ロンドンを舞台にしたギャングの成り上がり物語。
ふと久々に観たくなりました。
スコセッシを思わせる暴力に溢れ、テンポも悪くないです。
マルコム・マクダウェルとポール・ベタニーの対比がまず良かった。
70年台のようなざらっとした色合いが自分の好みで、それと音楽が最高に良いんです。
ホテルでの殺害の件は、始まりの歌からその終わりまで見事でした。被疑者側の視点で見せる演出がまた良い。
ラストは「青春の光」のように一人取り残されたような寂しさがあり、もう憧れも・嫉妬する事も叶わない現実が描かれています。
この「成り上がりから退廃、そして消滅へ」ではないストーリーも、ギャングものでは新鮮でした。
ポールベタニーとマルコムマグダウェルの勢いで押してくるような強烈なドンパチ映画を勝手に期待してたら意外にウジウジグダグダな展開。監督の名前はむっちゃ強そう。
ただ、スーツでキメたポールベタニーはマジで無茶苦茶かっこ良い!!!!
泡沫

泡沫の感想・評価

4.0
権力と金は人を狂わせて、恩を仇で返すようなこともしてしまう。相手を滅ぼすつもりがいつのまにか自分を滅ぼすことに。
リーダーになるのはやはりデヴィッド・シューリス演じるあの「ギャングスター」だけなのだな、そういう人こそがリーダーなんだなぁ...と思いました。
ヤクザの抗争のシーンとか色々むごいとこはあるけど、様々な人間の感情や行動など学べる部分はあった。、
ウォシ

ウォシの感想・評価

2.9
カリスマのギャングに憧れた名も無き男の愛憎と孤立。

誰も愛さず誰からも愛されない孤独な人生。
それは撃たれたり刺されたり大金を失う事以上に惨めな破滅。

ギャング映画となると仲間のドジや裏切り、色恋、時代の移り変わりなどで破滅する事が多い。
けどこれは自分の生き方そのものが破滅の要因という珍しい顛末。
ね

ねの感想・評価

5.0
個人的に全てがカッコイイ、色恋沙汰が気に入らない童貞向けだと思う
新ゴR

新ゴRの感想・評価

3.0
映画もアートもわからん自分には難しいかなと身構えて観たが、案外そんな難しいというわけでも無くするっと観れた。

ベタニーが不気味でかっこいい。
スタイルが良くスーツが似合っているのに、裏社会を狡猾に生き抜く様や、
車の中での表情やら服を脱いでいくシーン等は狂気的で不気味。

そんな主人公にギタギタにされる
視点が体験出来る。
小さな画面でみても迫力があったが、
VRや4DXで観たらもっと恐そうだ。

憧れ、嫉妬、のしあがり...
自分からは全て遠い存在。
noi

noiの感想・評価

3.6
狡猾な男がギャングの世界でのし上がっていく王道ストーリー。
映像にこだわりを感じる。
フレディのタバコを吸う手綺麗すぎませんか。
孤独なギャングスター!

モテないひがみも
入ってるような…

根っからの悪!

ポールベタニーだけ
現在の役がちゃんと
別のおじさんに変えてるのは
何故?
>|

あなたにおすすめの記事