誘う女の作品情報・感想・評価

『誘う女』に投稿された感想・評価

saruwatari

saruwatariの感想・評価

4.0
本作は原作まで読んだぐらいハマった作品なんですが、何度と観たのにニコ様演じる主人公の名前がスーザンではなくスザーンだったと今回知り衝撃が走りました。私は今まで何を見てたんでしょう??

実際にあった事件を元にしているので怖いですね。ただただ旦那が可哀相で仕方ないです。めっちゃいい旦那さんやったのに・・・
ニコ様は本当にこういう悪女が似合う。本作では化粧がケバすぎなんですが、それでもボーリング場でのニコ様の美しさは流石です。
ラストもデヴィッド・クローネンバーグ監督が重要な役で一瞬ですが出ていたりと結構楽しめる作品だと思います。

このレビューはネタバレを含みます

今作り直すならもっと別の見方になる殺人になるだろうなと思った。
実際の事件が元らしいが。

夫のせいでキャリアの夢を叶えられないから夫を殺す。合理的で良いね。

ホアキン・フェニックスはわかったが、ケイシー・アフレックはわからなかった。同級生の女の子のいまいち頭が回んない感じがリアル。みんな演技がうまい。

最後の展開は唐突すぎて面白かった。たしかに夫側の両親は権力者って前フリあったけど。そして、そこで滑る姉。さぞかし滑り心地が良いだろうな。
すごいラストだ。
これくらいの改変は全然良いな。そうあれと願うラスト。
目的達成のためなら手段を選ばず突き進む傲慢なお天気キャスターが、高校生の少年をセックスの虜にして唆し、目的達成に邪魔になる夫を殺害させようと企む。
LUKE

LUKEの感想・評価

3.0
2022/No.309

ニコール・キッドマン、ホアンキン・フェニックス目当てで。

この映画は1990年、当時22歳のパメラ・スマートという女性が、15歳の少年ビリーを唆して彼女の夫を殺させた事件が元となっている。

スーザンを演じたニコール・キッドマン、「冷たい月を抱く女」の様な綺麗なのに中身は怖い女性をまたまた演じている。凄く似合っているのがまた良い。
ジミーを演じたホアンキン、兄リヴァーが亡くなり俳優業から離れていたが、今作から本格的に復帰し、出世街道に乗った作品でもある。
tk

tkの感想・評価

3.0
Blu-rayを入手したので視聴。
もうちょいおどろおどろしい映画だと思ってたけど、ガスヴァンサントらしいスタイリッシュさで見やすかった。
ガスヴァンサント作品でまだ見てなかったやつ。
ニコールキッドマン主演で旦那がマットディロンってことで評価低めだけど見てみました。

承認欲求鬼強女の話でした。
プライドすごいし野望のためなら何でもやるような女。
性格もひねくれてるビッチです。
邦題通り誘う女だったわw

関係者のインタビュー形式で進んでく。
ガスヴァンサント監督で言うと雰囲気は『パラノイドパーク』か『エレファント』系かな。
あんな静かじゃないけど。

まあとにかくヤバイ女ってこと。
見た目悪かったら終わってるw
ラストちょっとスッキリなのかもだけど胸糞感あって腹立ってたw

手段でしかなかったジミー可哀想すぎ。
でも完全に虜になってた。
男を別人に変えちゃうんだもん。
結局綺麗な女が最強かよ。

自撮り映像もそういう使い道の予定だったのね。
もっと不幸が起きて後悔して欲しかったわw


ニコールキッドマンが美しい。
スタイル良すぎ。
今まで見た出演作で1番若い。
『ムーランルージュ』並にキャンキャンしてたけどダントツでヤバイ女だった。

若かりしホアキンとケイシーを見れたのが良かった!
ホアキンすでに演技すごい。
もうそれでスコアつけた。
自慰も攻められて感じてるのも妙に生々しくてエロかった。

ケイシーこれが初出演作かな。
尖ってたねw
おの

おのの感想・評価

3.0
ニコール・キッドマン演じる主人公が人気を求めてどんどんヒートアップしていく姿を描いた作品。
冷酷なニコール・キッドマンがとにかく美しい。彼女の怪演を見ると出世作と言われたのも理解できる。

アメリカで実際に起こったスキャンダラスで不条理な殺人事件を、ガス・バン・サントが描く。

小さな地方局でお天気キャスターをつとめるスーザン・マレット。有名ニュースキャスターになるという野望を持つ彼女は、夢を叶えるためには夫の存在が邪魔だと考え、高校生の少年をセックスの虜にしてそそのかし、夫を殺害することを思いつく……。

魔性の女スーザンをニコール・キッドマン、高校生をホアキン・フェニックス。
ホアキン・フェニックスの若い頃を観たくて視聴。

癖のある演技、当時二十歳くらいだと思いますが、個性派の片鱗がうかがえます。記憶にこびりつく演技力にびっくり。

映画はドキュメンタリーみたいな作り方が面白かった。女子高生のくだりがなかなか良かった。
ココ

ココの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

・あらすじ
テレビに出て有名になる」ことが人生で最も大切である天気番組のキャスターであるスザーンは、「もっと有名になるためにニュース・キャスターを目指していたが、スザーンの夫はそれに理解を示さない。
そんな夫が邪魔になってきたスザーンは、ある高校生を色仕掛けで唆して夫を殺害させる。
そのことを知った夫の両親は、殺し屋にスザーンの殺害を依頼する。彼女は湖の薄氷の下で眠ることになり夢を叶えることはできなかった。


スーザンはテレビでさらに有名になることは叶わず、夫殺人の協力者であったリディアがテレビに出て有名になるのは皮肉的。
リディアがテレビに出て有名になる、その演出の仕方が良い。画面を割ってリディアを複数出して、テレビで流れているような見せ方。

彼女が最期氷の下で眠り続けるのも面白いオチだった。テレビとは正反対
>|

あなたにおすすめの記事