ペイバックの作品情報・感想・評価

「ペイバック」に投稿された感想・評価

ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

3.8
拷問シーンが痛すぎる(>_<)
最初、奥さんと愛人?の区別がつかなかったf(^_^;
しかしタフですなぁ。
さち

さちの感想・評価

3.6
7万ドルを返せ!と言っても返してくれないので、バンバン殺していく話。
メルギブソン、OPから悪い男全開でなかなか良かった♪
途中、『相手が返したら、すぐ終わるんじゃん?早く返してあげなよー』と思った。
7万ドルを取り返すためにメルギブソンがギャング組織に大暴れ!なんのためらいもなくじゃんじゃん殺します。とても痛快。けっこう好きです、こういう映画。
ちなみに7万ドルといっても本来他人のお金をくすねたもので、メルさんはそもそもクズで凶暴な悪人の設定。オープニング10分でどんなキャラなのかをとってもわかりやすく演じてます。そしてそれがとっても魅力的。
話自体は予想通りに進む王道パターン。途中ルーシーリューが出てたりして「ハバハバハバ」とか言ってましたけどあれなんの意味だったんでしょう。

にしても、メルギブソン。どんな映画でも終了15分前の時点では必ず半殺しにされてるような気がします。たまには五体満足無傷な状態でエンディングを迎えてほしいもんです。
犬

犬の感想・評価

3.4
ハバ

裏切られ、全てを失った男の復讐を描いたハードボイルドアクション

なかなか面白かった
展開は王道ですが、飽きずに観れた

程よいバイオレンス
いろんな組織が絡みます

とにかくメル・ギブソンが渋くてカッコいい
オープニングから良かったです
MODS

MODSの感想・評価

3.6
「13万じゃねえ、7万返せ」って話。

個人的には意外と好き。
なんか少し違うと結構好きになりそうだけども、それが何か分からない。
いちいち13万って間違えられて訂正するの好き。
メルギブの十八番、男の復讐劇。淡々とペイバックを遂行する彼の姿は初代マッド・マックスのマックスの雰囲気をまといつつ、青ざめた画面で無法地帯の街の息吹が伝わってくる。

前振りもなく女王様が仇役をシバくシュールなところもありつつ、伏線をちゃんと回収しながらオチをつける正統派作劇でなかなか楽しめました。
薄

薄の感想・評価

2.0
原作の雰囲気とはかけ離れた作品

みんなで集まって銃を打ち合うシーンが間抜けで面白い
2018.2.11
しとしと?ひしひし?たんたん?とマッドになっているメル・ギブソン。色々わちゃわちゃしますが、私はラストにやられました。

"it's a piece of cake"

あぁ、メル・ギブソンって声がカッコいいんだ!
sou

souの感想・評価

2.7
泥棒の主人公は相棒と嫁に自分の取り分である7万ドル持ち逃げされてしまったので頑張って7万ドル奪い返そうとする話。

…7万ドル…。7万ドルかぁ…。7…万…ドル…かぁ〜。
7万ドルじゃSクラスのベンツも買えないけど取り返すために頑張ります。
主人公の前で元相棒が女王様(ルーシーリュー)にゴリゴリにいたぶられるとこで何だこのプレイってなりました。
その後の女王様に誘われた主人公がクソして寝ろって吐き捨てたのがナイスでした。

犬可哀想だったので主人公もっと早く来いよと思いました。
でも包帯巻いてメルギブソンに忍びなさそうに抱えられてる姿が可愛かったので良し。
水曜日

水曜日の感想・評価

3.2
仲間に裏切られて奪われた7万ドルを巡り、たった一人で組織、警官、中国人マフィアと戦う泥棒の物語。

少しマッドなメル・ギブソンを活かした痛快な話。脚本は本当に面白い。伏線がきれいに回収されていく様は観てて気持ちがよい。

ただこの主人公のポーターの人物像が、なんだかバラバラで観てて困ってしまう感じがする。彼はいったい何者なんだ?と劇中でも問われるが、ストーリーが進むごとに観客にも謎の人物と化してしまう。シーソーのような行ったり来たりのメル・ギブソン。

ええこれは純然たるコメディです…と言われながら、シリアスな謎解きや伏線も加わって何が何だか分からなくなる。

あとキタノブルーみたいな画質も、シブい感じ優先で選んだのか?他に意図があったのか?謎な感じ。

コメディと信じましょ。そうすれば、かなり救われる気持ちになれる。
>|