麗猫伝説 劇場版の作品情報・感想・評価

麗猫伝説 劇場版1998年製作の映画)

製作国:

上映時間:93分

3.2

「麗猫伝説 劇場版」に投稿された感想・評価

大林宣彦監督作品だから観たのだが、化け猫映画へのオマージュ的作品であり、若い頃の女優を入江若葉が演じて、その女優の年配の姿を入江たか子が演じる、という母娘女優の共演という工夫は観られた。
しかし、物語がちょっと…。
尾道でロケしたのは良かったと思うが…。
火サスにて
幻想的なホラー

日本のハリウッドと言うような映画一色の町があった…
そこで映画に魅了されて生きる人達の情熱と愛に生きた女の伝説を描く

突然消えた伝説の女優、竜造寺明子(入江親子で一役を演じる)が30年経っても(70歳くらいになっているのに)変わらぬ美貌を持ち続けていた…
そんな彼女は映画出演のオファーを受けたが条件として新人脚本家良平(柄本)を手元に置くというのには訳があり…
ーーーーーーーーーーーーーーーー

まず良平の彼女役の風吹ジュンが可愛すぎる✨服装など今でも通用する^ ^

峰岸徹、大泉あきら筆頭に個性的な役者さん面白いし大林監督の遊び心?&映画愛溢れるセリフはイイ

他、峰岸さんが島まで泳いで渡りワカメをひっつけてくる
明子が猫全開になった時にクイクイと手首を捻ると良平がクルクル回ったりアクロバティックに器械体操始めるなど今回も楽しませてくれた
退屈しそうになると面白い演出がやってくる絶妙さ

大泉さんが夢に出てきそう(・・;)

2018 1 日本映画専門チャンネル
「〜劇場版」
●'98 8/16〜『尾道映画大全集 大林宣彦監督 「瀬戸内キネマ」シリーズ』特集上映
配給: PSC
スタンダード(16mm)
モノラル
8/16 19:10〜→19:20〜大井武蔵野館にて観賞
16mmフィルム上映
パンフ発売無し


〇'83 8/30 日テレ『火曜サスペンス劇場』枠にて放送
joujim

joujimの感想・評価

3.0
この頃の火サスってものすごく自由だったんですね。干潮時に海からスーツ系の服で上がってくる男、しかもジャケットだけは濡らさないように頭の上に…というオープニングから目が釘付け。口からフィルム、映写機を持って脅してまわる、操られて曲芸を披露する…自由すぎです。

このレビューはネタバレを含みます

怪奇幻想どころか、こんなに前衛とは思ってもみなかった。だって「火サス」ですよ。
キャスティングの大勝利。主演母子はもちろん、柄本さん、大泉さん、峰岸さん…そして正常で清浄で健康的な風吹さん。
もう降参です。
神

神の感想・評価

3.0
風吹ジュン死ぬほどかわいい。峰岸徹のコント死に(口からフィルム)と佐藤允の無駄遣いがよかった。
親子使うからCG使わなくていいんだー!エンドロールなんかじわじわと感動いたします。化け猫に操られた柄本明の動きが笑えた。。
あんまりこわくなかったけど、映画へのロマン詰まった怪作です。峰岸徹の死に方、フォトジェニックすぎるだろ、、フィルムが口からカタカタ出ててフィルムがミイラみたいに巻きついてるの。。
入江若葉さんトークあり、大林監督のお姿をまたしても客席に発見して感動した。。今日は立ち上がっていた!
実際の化け猫女優・入江たか子とその娘・入江若葉を使ってまさかのビリー・ワイルダー超え。後出し最強説。