ダニー・ザ・ドッグの作品情報・感想・評価・動画配信

「ダニー・ザ・ドッグ」に投稿された感想・評価

AkiraOgino

AkiraOginoの感想・評価

3.5
過去鑑賞の記録。
脚本リュック・ベッソンということでちょっと不安もありましたが、ジェット・リーさすがのアクションで気にならなかった笑
終盤悪党の下っ端たちはどこへ消えたんだおい。
ジェット・リーの少林寺拳法の切れの美しさで、本当なら目を背けてしまう凶暴な闘争シーンまでつい見入ってしまった。童顔で優しい顔をしているので、若い青年の設定のようだけれど違和感なし。モーガン・フリーマンの出演で勝手に、ヒューマンドラマに違いないと思ったけれど、期待通り良い映画だった。やはりハッピーエンドは良いね。

このレビューはネタバレを含みます

ストーリー、キャラクター単純明快で見やすい。少年漫画でありそうな感じ

飼い主のおじさんの死に際、なんかシュールでびっくりした。ずっと王道をなぞってたのに突然シュール

このレビューはネタバレを含みます

珍しく『行儀の良い』男主人公にしたリュック・ベッソンの作品

特に凄いラスボスがいるわけではなく、単純に人らしさを手に入れる話
ただ、もうちょっと『狂犬』感でした方が良かったんじゃないかなと思った
ゾロ

ゾロの感想・評価

3.0
BS自動録画分鑑賞

首輪をつけられ、虚ろな目をした”ダニー”
彼は、幼少から殺人マシンとして育てられた
飼い主には【犬】として、扱われ
命令されるままに暴力(殺人)を振るっていた

ある時、出会ったピアノに心を惹かれ
盲目の調律師;サムと出会う

そして、彼は愛を知り母に会いたくなる

彼の過去に何があったのか?
殺人マシンとして育てられた彼は
飼い主から脱却、更生できるのか?


教育を受けず、愛情を注がれないことで
抑圧された生活にも隔てられた世界にも
疑問を持たず、無知な子供のように育つ

ハッピーエンドだと想像できるから
観れるが、なかなか胸糞悪い映画だった

愛は、生まれながらにして
人間の奥底にあるんだなーと実感

世界で初めて「愛」を科学的に実証した
アメリカの心理学者ハリー・ハーロウ
彼の猿を使った実験の話を思い出し
更に胸糞悪い気持ちになった


ピアノの曲は”モーツアルト”だった
ストーリー展開に合点がいかないところもあったのですが、サムとヴィクトリアの存在で許してしまう。
ジェット・リーが良い演技をしていましたね。
そして、ラストのシーンでウルウルしてしまったぞ。
それまでを変えることはとても難しいことで、時には人の力が必要なのかもしれない

バートの洗脳して支配的なところは、現実の家族社会でもあり得そうだ
殺人マシーンとして育てられたダニーが人間らしい心を取り戻していく話だ。
少年と書こうと思ったが、この時点でダニー演じるジェット・リーが40代だったとはわっ!!驚きです。
Ray

Rayの感想・評価

-
マトリックス×野性の少年。

言い方はアレだけど「人間以下の知性を持った存在」はほんと泣かせにくる。AI然り。
カカ

カカの感想・評価

3.3
脚本リュック・ベッソン、どことなくレオンと似てなくもないような…?

ジェット・リーといえばアクション!
オープニングからカッコいい!✨✨
モーガン・フリーマン (ただ座ってるだけでなんだかしみじみさせられる)登場以降からいい話仕立てになってきて、えっ?アクションどこいった?ってなったけど、
どう見ても死んじゃってた悪いボスがよみがえり、ちゃんと後半にも見せ場がありました!✨✨(おトイレでの格闘がスゴい!そんな狭いところで!😆)

悪いボスが結構目立ってたけど、ボブ・ホスキンスってロジャー・ラビットの俳優さんか〜(古い)

ドラマ部分はファンタジーみたい。アクション部分との絵面の差が激しかった。
>|

あなたにおすすめの記事