ヒットマンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ヒットマン」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

2014年鑑賞

ゲームが原作。

国外追放された僧侶たちが作った闇の組織。
その組織に造り上げられた完全無欠の殺し屋:エージェント47

ロシア大統領を暗殺したが、いや殺したはずだったが彼は生きていた。
嵌められたのだ。完全無欠なのにw

オルガ・キュリレンコはやっぱ良かった。
ロバート・ネッパーも出てる。
pier

pierの感想・評価

3.4
暗殺したはずのロシア大統領が何故か生きていた。
それ以降、各方面から追われる身となる凄腕ヒットマン47。
ティモシー・オリファントの坊主頭は、印象がガラッと変わるがなかなか似合う。
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

2.8
 アサシンとして育てられた男。殺したはずのターゲットが生きていたことから彼は戦いに巻き込まれていく。。。
 大ヒットゲームの映画化。

 ゲームの雰囲気はかなりよく再現されていると思う。主役もピッタリ。ただ、ヒットマンって色んな殺し方ができることがウリだったはずでもっと多様な殺しを見たかった。
スキンヘッドにバーコードが付けられた男、エージェント47。
組織No.1の腕前で、世界を股にかけて殺しを重ねていきます。
次の標的はロシア共産主義の復興を目論む大統領ミハイル・ベリコフ。
いつものように狙撃しますが、確実に仕留めたはずのミハイルは生きています。
インターポールとFSBから追われることになった47は、任務に疑問を抱き始めます。
アクションがすごいです。
原作ゲームの「Hitman」シリーズを知っていれば更に楽しめる

自分の場合は原作のゲームをプレイしていたので、ゲームと実写を比較することができました。

【良かった点】
・再現度が高い
主人公エージェント47のトレードマークである「ツルッパゲ」「後頭部のバーコード」「愛用のAMTハードボーラー」がしっかり再現されています。また、ゲーム内でも行われる「銃撃戦」「暗殺」「拷問」「潜入」「変装」等の行動も再現されており、この地点でHitmanの映画としては及第点です。

・迫力の高い殺陣
CQB、CQCのシーンは文句なし。非オンライン時代ではあまり見られなかったエージェント同士の対決も見られ、検車区でのバトルは一級品です。

・原作を知らない人用の説明がある
冒頭でエージェンについての説明がきちんとあるので、知らない人でも置いてけぼりを食らうことがありません。

【悪かった点】
・主人公が原作よりも善人
原作のエージェン47は人間性を育成時に潰されており情け無用です。ですが本作の女性に感情移入したり、インターポールを気遣いをしたりと原作に比べて人間性があります。また、目撃者も消さないので「映画仕様の47」として観たほうが良いでしょう。

【総評】
「よくここまで再現した」という意味では称賛に値します。配役も脚本もバッチリ。上記のように「47に多少の人間性をもたせた」という点以外は何ら不満はありません。ただし、Hitmanシリーズの世界観を知らない人からすると他のアクション映画と大差ないかも知れません。
NaokiY

NaokiYの感想・評価

4.9
ジェイソン・ボーン + マトリックスといった感じで楽しめました。グラスに劇薬を入れ、トイレで暗殺するシーンはゲームの47そのものでしたね(笑)ジェイソン・ボーンと47とジョン・ウィックで暗殺合戦をしてみて欲しいです。
ゲーム原作。
ゲームより主人公が可愛いイケメン。
特殊部隊の赤く光るゴーグル大好物。
乱入した部屋の住人がヒットマンのゲームしてるパターン好き。
とくに印象に残るシーンはなかった。

このレビューはネタバレを含みます

2回目の視聴

人間ターミネーターといっても過言でないくらいの無敵で、ミッションを必ず遂行する主人公の47。
全てにおいて計算しか尽くされていて目的を必ず果たす。
だけど、後頭部にバーコードは目立つやろって思うけど💦

そんな彼がちょっとお色気のあるミカに徐々に惹かれていく。
短いストーリーだが、それなりに面白い。
それと、久しぶりに「プリズン・ブレイク」のティーバッグを見た。

〈記録用あらすじ〉
子供の時にスキンヘッドの後頭部にバーコードをと刻まれ、暗殺者として教育を受けてきた47。彼には名前はない。
彼はロシア大統領のベリコフを射殺する。しかし、ベリコフは生きていた。現場を目撃された女ミカを47は暗殺しようとするが、彼女の反応からやめる。
彼女はベリコフから奴隷のように扱われていたのだった。
そのことを知った47はベリコフを殺害しに行く。
ごん

ごんの感想・評価

4.0
殺し屋による暗殺の話。

展開がめちゃくちゃ早いです。
殺しのターゲットが分かれば、展開早くて分からなくなっても大丈夫です。

殺し屋同士の戦いは、迫力があってよかった。

正直あまり期待してないで観たのですが、想像以上に面白かった。

原作はゲームです。
PS4で発売してるので、これを機会にやってみようかな。
DT

DTの感想・評価

3.3
記憶には残らないだろうけどまあ雰囲気楽しめた
ゲームが原作だっけ?
スキンヘッズ達の殺し合い

ヒロインのオルガ・キュリレンコの美女みがあいもかわらずすごい、さすがボンドガール
なんかこういう役多くない?スパイとか暗殺者のヒロイン系🤔

てかfilmarksでヒットマン検索かけたらいっぱい銃構えてるポスター作品いっぱいで探すのちょっと苦労したw
>|

あなたにおすすめの記事