チャイルド・プレイ/チャッキーの種の作品情報・感想・評価

チャイルド・プレイ/チャッキーの種2004年製作の映画)

SEED OF CHUCKY

製作国:

上映時間:87分

ジャンル:

3.1

「チャイルド・プレイ/チャッキーの種」に投稿された感想・評価

にく

にくの感想・評価

4.2

チャッキー好きやねんな〜
オレンジ髪の時似てるって言われて個人的には嬉しかったけど、みんなチャッキー=怖いって言うくせにどういう神経で似てるって言ってたんウケる
並木

並木の感想・評価

4.2
ホラーというよりかはグレンの成長物語
色々とめちゃくちゃだけど、グレンの可愛さで成り立ってる
たろ

たろの感想・評価

3.3
親と違って優しいグレン(チャッキーとステファニーの息子)かわいすぎ
なかた

なかたの感想・評価

3.9
これがシリーズの中で1番好き。子供にイライラするけど、子供がいることでどことなくストーリーにメリハリが...あるようなないような。チャッキーがシコるシーン笑ったなー。
チャッキーの子供はうーん、インパクトに欠けるなぁ。人間側の魅力もイマイチだし、あんまり面白くはない。マネージャーのジョーンは凄い好みだったけど、特にフューチャーされることはなかった。

このレビューはネタバレを含みます

メモ。

チャイルドプレイ5作目。
4のラストで産まれた子供が絡んでくる話。
チャッキーが都市伝説として語られてて映画化もされている設定。
設定は今までと違う感じで面白かった。

チャッキーは殺人鬼のまま
ティファニーは殺人を辞めたい
チャッキーは子供は男がいい
ティファニーは子供は女がいい

その言い合いの中で子供は
殺しが嫌いな男の子と
残虐な女の子の二重人格になる

最終的にティファニーは人間の身体を手に入れて
子供も二つの人格を別々の身体に乗り移らせた。
星蛙

星蛙の感想・評価

3.3
前作の花嫁が一番好きで、それ以降の作品は見てなかったんだけど機会があって見ました。チャッキーの人間味が増しているのと、ティフと2人で親になろうと考えてみたり、案外親子を楽しんでいる様子にひたすら萌え萌えしました。が、子供の人形が本当にきもい。
白いドロドロした液体が垂れてくるオープニング。なにかと思ったら膣の内壁を勢いよく駆け抜けていく真っ白な精子の軍団そして胎児。嬉しい幕開けです。シリーズも2000年代に突入し撮影の精度が上がり違和感もあるけれどみている間に馴染んできてひと安心。チャッキーとティファニーが映画スターになっているというメタ構成や、なぜか日本語も喋っちゃうトランスジェンダーなふたりの子ども、前作でも登場したヒロインのジェニファー・ティリーが本人役を演じてこれまた本人役のレッドマンと絡む。楽しすぎる。ジェニファーの「バウンド」ネタ、前作でティファニーの憧れだったマーサ・スチュアートの逮捕映像、パパラッチ役のジョン・ウォーターズもいきいきチャッキーの餌食に😭ブリトニーもカーチェイスのすえ崖から墜落。チャッキーのホカホカの精子をジェニファーに人工受精!チャッキーとティファニーの殺人依存症にもますます磨きがかかってもうファン泣かせのサービス。音楽はピノ・ドナッジオ。
ホラー映画と期待して、親と観て気不味い思いをした。ある意味怖い映画だった。
mao

maoの感想・評価

3.5
かなり面白かった。まず吹替え山崎邦正で笑えるのにめちゃくちゃ上手で言われなきゃ気付かなかった。子供につけられてる名前、顔が醜いからってシットフェイスなの酷すぎるし、メイドインジャパンだからって急に日本語喋って空手で相手の事吹っ飛ばすし、ポップにグロい。
2.3飛ばして観たから早く途中観たい。
>|