トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 1の作品情報・感想・評価・動画配信

トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 12011年製作の映画)

The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 1

上映日:2012年02月25日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 1」に投稿された感想・評価

Simon

Simonの感想・評価

3.9
シリーズ4作目。
ついに結婚~♪ なんかいろいろ微笑ましかった~
新たな命も生まれて、ジェイコブとの絡みもどうなるのか次が楽しみ!


2020🎥131
ほずな

ほずなの感想・評価

4.0
ハネムーン素敵!
危険な"それ"扱いしてたエドが、レネズミの心の声聞いて父性が出てくるところも感動、、
MEGU

MEGUの感想・評価

3.6
結婚式のシーンは素敵だったな
ベラの痩せ細っていく姿が痛々しい..
最後の目を開けるシーンかっこよい!
FREDDY

FREDDYの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

前作でようやく結ばれたベラとエドワードの新婚生活が紡がれている本作。正直言って、前半部分は退屈に感じてしまうかもしれませんね。ヴィクトリアとの戦いも終幕を迎え、メインで映し出されるものは平和な生活を送る2人の結婚式とハネムーンの様子ばかり。そこへ失恋の痛手と"ヴァンパイアへの転生"に難色を示すジェイコブとのメロドラマのようないざこざも、わずかながら映し出されのみで、これはこれで前3作を視聴してモヤモヤといていた優柔不断なベラが嫁いでいく寂しさを、ビリー・バークが演じるベラの父チャーリー・スワンとともに感じられる面白さはあるが、やはり退屈なことに変わりはないですね。

ただ、後半は衝撃的なものばかりが映し出され、ベラの妊娠発覚からもう画面から目が離せなかった。とくに、日に日にやせ細っていくベラの姿は痛々しくて、視聴後もしばらくはその姿が目に焼き付いていました。

はじめはどうなるかと思ってはいたが、後半の巻き返しは良かったですね。面白かった。
Lily

Lilyの感想・評価

3.9
見終わった一瞬で次を見たい!!!!っえなる。

ベラがどんどん痩せていくの、CGと知って安心したけれど、見ているときはぞっとした。。。
kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.7
▪️Title : 「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 1」
Original Title :「The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 1」
▪️First Release Year:2011
▪️JP Release Date :2012/02/25
▪️Production Country:アメリカ
🏆Main Awards :※※※
🕰Running Time:118分
▪️Appreciation Record :2020-288 再鑑賞
▪️My Review
ついに最終章に入りました。ヴァンパイアとの結婚、そして新しい命と新たな戦い。。。
本作、ヴァンパイアのエドワードとベラのロマンスを描き、世界中でヒットしたファンタジー・シリーズの第4弾。2部構成となる最終章の前編では、ベラとエドワードの結婚や妊娠、そして出産までが描かれます。監督は、『ドリームガールズ』のビル・コンドン。クリステン・スチュワートとロバート・パティンソンがベラとエドワードを続投。ついにクライマックスを迎える禁断の恋の行方から目が離せません。さらにロマンチックにさらに壮大に、そんな感じの作品です。
残念なのは前半の冗長感。ハネムーンシーンがとにかく長い!!後半になってようやく、ハネムーンシーンが終わったあたりからアクション満載のハラハラドキドキが待っていたのです。
でも評論家は酷評、壮大なお金のかかったメロドラマ的な評価ですね。。。しかしながら原作含めて根強いファンに支えられている作品、面白く鑑賞できますけどね。
物語は。。。
紆余曲折がありながらも、結婚式を迎えたベラ(クリステン・スチュワート)とエドワード(ロバート・パティンソン)。新婚旅行から帰った後、ベラはエドワードの手でヴァンパイアへ転生することになっていました。ところがベラは、新婚旅行先の南の島で体の異変に気付き、エドワードの子どもを妊娠していることが発覚します。しかし、それは決して生まれてはならない危険な存在で。。。
今回見事だったのは、ベラのやつれぶり。終盤近くにはメイクや演技そして当然CGの力を借りてですが圧巻でした。そして転生したベラの表情。。。この差が演出としては素晴らしいですね。
本作からプロデューサーはウィク・ゴッドフリーとカレン・ローゼンフェルトが務めるほか、新たに原作者のステファニー・メイヤーが加わったんですね。やはり最終章!!

▪️Overview
人間の少女ベラとバンパイアのエドワードの禁断の恋を描く、ステファニー・メイヤーによる人気小説を映画化したシリーズ最終章2部作の前編。監督は「ドリームガールズ」のビル・コンドン。ついに結ばれたベラとエドワードは結婚式を挙げ、新婚旅行に出る。旅行から戻れば念願のバンパイアへの転生がかなうベラだったが、滞在中の南の島で自身の中に新たな命が宿っていることに気づく。「不滅の子」と呼ばれ、決して作ってはならないといわれる人間とバンパイアの混血児の存在が、2人の運命を大きく揺るがしていく。(引用:映画.com)

出演は、クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー。
T

Tの感想・評価

-
フォレストウェディングとハネムーンのロケーションとビジュアルが最高すぎて泣ける
ベラの気持ちを考えると最近映画の見過ぎで涙出なくなってたけど、泣いた
Honoka

Honokaの感想・評価

3.4
結婚式のシーンがめっちゃ美しかった
ベラは自分の幸せしか考えれてないあたりがたまにイライラ(笑)
痩せ細っていく姿は見てて辛かった😭
でもそっからのベラはやはり美しかった
夏

夏の感想・評価

3.0
公開当時劇場で観ましたが改めて鑑賞。

やっぱりシリーズでは初恋が最高。
クリスティンスチュワートの美少女度は作品が進むにつれ下がってますよね、、

エドワードはどこまでもヘタレ。(でも好き)
ジェイコブーー!!どこまで尽くすんだーー。。。泣ける、、(色んな意味で)

個人的にはカーライルファンです、、。
>|

似ている作品