チャイルド・プレイ 誕生の秘密の作品情報・感想・評価・動画配信

チャイルド・プレイ 誕生の秘密2013年製作の映画)

CURSE OF CHUCKY

製作国:

上映時間:97分

3.1

「チャイルド・プレイ 誕生の秘密」に投稿された感想・評価

トイストーリーはじめて見た時の怖さを
ちょっと思い出しますよね。
スプラッターすぎてしばらくケチャップNGやぁ…
mosh

moshの感想・評価

3.0
マラソンの記録⑥
内訳は本編0.1点・エンディング2.9点です
ハリボ

ハリボの感想・評価

3.0
【2020年123本目】

一旦、初心に帰ります。

ネタ路線に走りすぎていたシリーズをゴシックホラー風に。

この振り幅の大きさでもちゃんと成り立つからなあ。
個人的には、花嫁以降の展開が好きだっただけに微妙だった。

でも、ちゃーんと続いてるのが愛を感じる。
ついてくよ、地獄の果てまで。
『最近ふざけちらかした『チャイルド・プレイ』を立て直すにはどうしたらいい?』
『0を作ればいいんですよ。』
原点回帰ですね。ふざけようがないですもんね。しかし劇場公開はされていません。ビデオで売るってことは何回も観れる厚みとか深みがないと意味がないんですけど厚みも深みもありませんでした。30点。

このレビューはネタバレを含みます

エピソード0と言った感じでしょうか。
原点回帰でホラーよりな作品になっています。
今までの作品をチェックしているチャッキー好きな方にはオススメ。
皮剥〜(*´ω`*)♡
ある日 古びた屋敷で両脚に障害を抱える娘ニカと暮らすサラの元へ、差出人不明の荷物が届く
その中身はかつて世間を騒がせた“グッドガイ人形”だった
不気味に思ったサラは人形をゴミ捨て場に捨ててしまうが、その夜 彼女は死体となって発見される
サラはもともと精神疾患を患っていたこともあり、自殺として処理される
しばらくして悲しみに暮れるニカの元へ、姉のバーブと夫イアン、その娘アリスとシッターのジル、フランク神父がやって来る
車椅子生活の妹を気遣う様子を見せるバーブだったが、話を聞くとこの家を売りに出して金を折半し、自分を支援施設に送り込もうと考えていることがわかり、ニカは怒って反対
しかしバーブらは何日か泊まっていくという
その一方 付近を散策していたアリスは、ゴミ捨て場であのグッドガイ人形を見つけると一目で気に入り、持ち帰ってしまう
やがて日も暮れ、ニカはアリスに手伝ってもらいながら夕食作りをしていた
2人がめを離したその時、グッドガイ人形はひとりでに動き出し、料理の1つに殺鼠剤を混入する
そうとは知らず夕食が始まると、やがてフランク神父が体調を崩し、一足先に帰宅することに
しかし徐々に体調は悪化し、運転を誤ったフランク神父は事故を起こしてしまい、その弾みで首を切断されるという無惨な最期を遂げてしまう
その頃 母が残したホームビデオを鑑賞していたニカは、両親と共に不気味な男性が映っていることに気が付くのだった



『チャイルド・プレイ』シリーズ6作目
しばらく続いていたコメディ調の作風から一転、ホラー映画としての原点に立ち返った作品

いかにもな怪しい屋敷を舞台に、またまたまたまたまたまたチャッキーの恐怖が描かれる
まあ犯人はチャッキーと何故か直感できるわけだけど、久々の被害者目線とサスペンスな感じもあって純粋なホラーとして楽しめる

改めて予算も組めたおかげか、チャッキーやゴアシーンにも力が入ってて大変よろしい
人間キャスト陣も一新はされてるんだけど、リメイクではなく続編なので注意
中でも注目してほしいのはニカを演じた主演のフィオナ・ドゥーリフ
まさかのチャッキーの中の人ブラッド・ドゥーリフの娘さんというわけで、父娘対決が拝める

チャッキーの正体がわかるシーンや、迫りくるチャッキーのシーンなど、割とグッと来るような場面も数多くあって、単なる続編でなくパワーアップだと感じられる
全体としても80年代のスラッシャー・ホラーを現代に蘇らせたという雰囲気は、ホラーファンとしては堪らない
そして忘れられないのが、ラストシーンとエンドロール後のおまけシーン
シリーズファンとしては、ただただ拍手を送りたくなる素晴らしさなので、あの数分だけでも観る価値があるぞ
FREDDY

FREDDYの感想・評価

1.4

このレビューはネタバレを含みます

前作、前々作とコメディ要素が強くてシリーズファンからは不評でしたが、本作は原点回帰でホラーに特化していて、ファンが喜ぶようなネタもラストにあり、最後まで楽しめる作品という印象を受けましたね。チャッキーの声を担当しているブラッド・ドゥーリフの娘、フィオナ・ドゥーリフもニカ役として出演しているのも楽しめる要素のひとつとなっていますし。

ただ、映し出されるものは、1作目の前日譚と25年前の復讐劇が描かれていて、予備知識があれば楽しめるのだが、シリーズ作品を観ていないと十分には楽しめないかと。それと全体的にはホラーだが、最後の最後でやはりコメディ寄りになるのが……。

あと、演出がくどいです。チャッキーが襲い掛かってくる恐怖、言わば"前振り"がやや薄めで、恐怖心が持てないままあっさりと殺害されていく。それなのに無駄にグロさをアピールするのでリアクションが取れない。拍子抜けの連続です。ちょっと残念な仕上がりに。
ぞら

ぞらの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

原点回帰
1の始まりと繋げていたりと、全作を万遍なく掻い摘んである

ホラー作品としては1、2、3より面白い
過去作の俳優さんも出てくれるのは素直に嬉しい
アンディの母親が存命で、1での警部とも交流があるのは良かった

チャッキーの子供達はどうなったのかわからないが、花嫁はしっかりカムバック
結局悪女に戻っている…と( ̄∇ ̄)

アリスをどうしたかったのかがわからなかった
次作に期待

主人公の母親が生前のチャッキーに監禁まがいのことをされ、しばらく一緒に生活していたのはわかった
が、時期が被っているはずの姉に忌まわしき記憶がないのが違和感

広げた風呂敷を畳むつもりが、大き過ぎて上手く畳めずシワがついたような作品
柄はきれいだったよ👍
いと

いとの感想・評価

2.6
生まれながらにして足の不自由なニカの家にあの呪いの人形が届き…。
シリーズ6作目。原点回帰を名目にコメディ要素を廃しホラーの要素を全面に出した作品でチャッキーの喋りが好きだった自分にはやや物足りなかったが、ある人物の再登場シーンは大好きでした。
mgc

mgcの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

凡作ゥ〜!ホラー路線に戻ってはいるけど前半の状況設定に時間かけすぎて中だるみしてるし、チャッキーは中々チャッキーしないなぁ。

原点回帰しようとしたのかもしれないけどオリジナルは「少年とチャッキーの駆け引きと対決」が面白いのであって「館の中でチャッキーが大人たちを襲う」なんてベタベタな設定でやってもうま味がない。

チャッキー誕生の裏話も出てくるけどチャールズ。あんたそんなジョーカーみたいな超根暗陰キャラでしたっけ?

そしてティファニーと大人になったアンディ登場。
>|