頭文字[イニシャル]D THE MOVIEの作品情報・感想・評価

「頭文字[イニシャル]D THE MOVIE」に投稿された感想・評価

武内樹=ウソップが解釈一致だったので吹替え版がおすすめ。日本の漫画原作をそのまま日本で撮ってるのに、出てくる奴らはほとんど香港映画の面々。それを踏まえてみないと、あなたの目はあなたの体を離れ、北関東の豆腐店のオヤジがアンソニー・ウォンという異世界に迷い混むこととなる。
『インファナル・アフェア』シリーズのスタッフを中心に実写映画化され、新潟県の弥彦山スカイラインや群馬県渋川市の春名山がその舞台。確かに、漫画に出てくるような山河の地形に依存した峠道は、日本特有のものかもしれない。ほとんど街灯もなくて、連続ヘアピンカーブに、傾斜のあるベタ踏み坂、山岳部にはこんなのがいっぱいある。こんなところでワイルドスピードがニトロをぶっぱなせば、ガードレールをぶち破って崖から落ちるしかない。シーユーアゲイン!
役者も背景も邦画っぽさがなくて、ロケーション撮影が新鮮でいい。メイクなのか照明なのか、何が違うのかはわからないが、鈴木杏も最高にかわいかった。
そして、アンソニー・ウォンの名解説!原作に比べるとやたらコミカルなキャラクターになっていて、最後の下りレースでは、どこで差がついたのか、なぜこちらが速かったのか、レースの展開を素人に講釈しながら評価。そういえば聞いたことがある…、知っているのか雷電、もしくは御託並べの海原雄山、日本漫画は知識自慢が大好き。この説得力によって、走り屋たちの駆け引きが真実味のあるものになっている。溝落としはさすがに嘘過ぎるが。
レースシーンは迫力もあり見応えがありました。
ただ原作とはちょっと別物かなと思ってしまいました。
漫画 > アニメ > 映画

このパターンのレビューは何回も上げてきた!

漫画は動かない物、頭の中で動かす!だからアニメがあったら、頭の中で動かす事はいらない!視覚から動く映像が入ってくる!もうこの時点で100%完璧なものになる!なのになぜ実写化にする必要がある!それをやって何になる!

他の方のレビューにも書いてある通り、CG を使ったレースシーンは見もの!

サイドミラーに写る後続車からの、後続車までカメラが追っかける!2台の車を後ろからカメラが捉え、そのまま車体を抜け運転席にカメラが移動!走る車のボンネットを写すカメラ→エンジン→エンジン内部→ピストンの ズームCG 映像!車3台のバトルシーンでは、一番前の車の車体を抜けて、2番目の車にカメラが移動、2番目の車の車体を抜けて、3番目の車にカメラが移動!

さすが香港お金かけてるなーっていう映像のオンパレード!

…だが!

ストーリーとレースとの噛み合いが悪すぎる!レースだけは盛り上がるが、ストーリーが盛り上がらない!全くエモくないのだ!

日本人の出演があまりに少ないため(香港・台湾多数出演)、撮影は日本で行われたのにも関わらず、日本に見えないため(香港・台湾に見える)気になってしょうがない!

そんないろんなことが噛み合って、バトルシーンも後続車を前に行かせない為、左右に車体を振って行かせないようにするシーン!ダウンヒルでスピードが乗ってるところに、それをやるとコントロールを失って谷底に落ちますよ!

数秒後には次のコーナーが来るのに、勝負の最中にそんなにバックミラーちらちら見ないよ!見れないよ!

180°のヘアピンカーブがいくつもあり、しかもダウンヒルスピードが乗ってる最中なのに、ステアリングそんなに名一杯切るのっておかしいでしょ!スピンして車体が反対向いちゃうよ!

そんなところまで気になってしまう!
※NA、NB、FD、所有してました!

ダメなところばかりを話してきたが、最後に良かった事を、吹き替えを日本語にした場合、エンディングテーマが、
「BLOOD on FIRE / AAA」になっている!これはエモかった!

※できれば、「m.o.v.e」に歌って欲しかった!残念!

ちなみに頭文字D 全巻読破してます!

①鑑賞年齢30代
②心に余裕鑑賞なし
③思い出補正なし
④記憶明確
しげの秀一の、バリバリ伝説を見ていたのでこの映画を見ようと思いました。マンガは読んでいないので素で見れました。本当に脱輪して早く曲がれるのかなと笑いながら見てました。あと鈴木杏が売春をやっているとは💧。
mylife

mylifeの感想・評価

3.4
何度か観ている作品で確かこれは劇場でも観た覚えもあり。「ワイルド・スピード」に触発されてこちらもレビューしてみたくなったの巻。

原作漫画は大好きなのだが…この映画のコメントにはちと困ってしまう。とまぁ、香港らしいと言えばそれまでだが。だが私は香港特有のノリも決して嫌いではない。いやむしろ好きなぐらいなので原作のキャラ設定を無視してしまうぐらいは余裕で許せてしまう。

だがしかし、そんな設定無視とは裏腹に本作でのドリフトはクオリティが高い。リアリティ感が凄くてまるで真に迫っているかのようだった。あぁ、そう言えばジェイ・チョウはちょっぴり藤原拓海っぽく思えたかな。「インファナル・アフェア」のキャストも多く個人的には楽しめた方でもある。

余談だが、がっつり純国産もので忠実に再現した本作も観てみたかった気もする。
さむ

さむの感想・評価

2.3
当時、映画館で観たな…
鈴木杏ちゃんが可愛かったという思い出のみ。
日本人役なのに、杏ちゃん時間日本語を話さないという不思議な設定だったような。
ss21

ss21の感想・評価

2.1
2回目。
当時は面白いと感じてたのは覚えてる、ただ今観たら全くだった。
たか

たかの感想・評価

3.7
勘違い日本やホントに原作読んだ?wって思う描写もあるけど、その辺も受け入れれば割と楽しめる映画
Mojito

Mojitoの感想・評価

3.5
ずっ〜と前に香港人の男友達が嬉しそうに貸してくれたDVD。え?お豆腐屋さん?これ日本なの?と最初から最後まで不思議な感覚で鑑賞したことありました。原作は日本の漫画だったのですね。レーシングカーにも少年漫画にも疎いペーパードライバー気味のワタクシ、15年後まさかその舞台に行くことになるとはね...

ステイホームにもいい加減飽きて、車で伊香保温泉まで行った帰り、近いし寄ってみようか?と榛名湖まで10kmちょいの山道を登り始めると、次々と目につく車高低め、排気音バリバリのやんちゃなお車の数々...

立ち寄ったお土産物屋さんで原作漫画のポスターを見かけ、あ!これ知ってる!点と点が繋がった気持ちに。ここは頭文字Dファンの皆様の聖地だったのですね。ちょっと嬉しくなってレビューしてみました〜♪😆
AK

AKの感想・評価

3.0
有名な作品!だが、初めて観ました。原作も舞台も日本なのに、まさかの中華系の俳優陣ばかりで脳みそが混乱した(笑)唯一良かったのは、やはりドラフトなどの運転シーン!あれは凄い!そしてお父さんのクズ加減がやばい!(笑)
>|