頭文字[イニシャル]D THE MOVIEの作品情報・感想・評価

「頭文字[イニシャル]D THE MOVIE」に投稿された感想・評価

そらじ

そらじの感想・評価

3.8
一応原作は全巻所持しております。
登場車両やカーアクションシーンの再現度は非常に抜群で、見応えが大いにあります。ただ、個人的には原作の内容を詰め込みすぎてるように感じました。特になつきの裏の問題や、啓介と慎吾の謎の不在、いきなりのエンペラー登場など。そのせいで中途半端でまとまりの無い映画のように思えてしまいました。特に、啓介が今作に登場していないのは本当に謎。髪型等の問題もあるかもしれないが、原作では重要なキャラクターの1人なので登場して欲しかったなぁ、と。そしてアニメ版で印象的なユーロビートを使用していないという点も不満点の1つです。しかし、出演陣の演技はほぼ原作通りの良い演技だったと思いました。顔こそは似てないものの、演技で原作の登場人物と似せてくるのは素晴らしいです。
多少詰め込みすぎな部分や、登場人物が不在だったり謎に嘔吐シーンが多かったりなど不満点は多いものの、カーアクションシーンや登場人物の再現度など特筆すべき好印象な部分が多かったのも事実です。まぁ、でもやっぱり啓介には出て欲しかったけど…。凡作。
”走り屋ってそんなに楽しいモン?”
Uttie

Uttieの感想・評価

3.0
珍作、群馬県で日本人という設定で、だれもが広東語を話している。でも、ドリフトシーンには、走ることへの愛を感じる。
fcとの戦いで頬杖たてて拓海が運転してたシーンは、爆笑しました。
Tー799

Tー799の感想・評価

3.8
公開当時劇場にて鑑賞。原作も読んでました。

みなさん、厳しい意見多いですね☺️まあ変わった映画であることは確かですもんね…。

ただ個人的には結構好きなんですよ、この映画。

漫画は「バリバリ伝説」のころから読んでるから結構思い入れもあります。ただ普通に邦画にしたら目も当てられないものにあるだろうなと思ってたから最初嬉しかったし、見てみてもこれくらい変わったことしてくれないと逆に受け付けないだろうなと思ってました。

最近も「オーバードライブ」とかありましたけど本当に邦画の車の映画は外れが多いの再認識。
かつて“秋名最速の男”と言われた父を持つ藤原拓海は

家業の藤原とうふ店の配達で
ハチロク(AE86)を運転するうちに
常人離れしたドライビング・テクニックを身につけた高校生


「豆腐の水が
 こぼれないように走れ」
って、オモロイ。

この映画イチ押しのキャラは
なんといってもこの“豆腐屋”イカれ親父でしょう。
いい味出してます。

ほんとにかつては“秋名最速の男”だったのか?
ってな登場の仕方で(笑)


ほとんど主役食われてないかオイ…
息子だからしょうがないか…


「CGなし」のバトルシーン
よかった♪
音楽も上手く絡んでるな~メインテーマはともかく、サントラは上手いこと創られてるように感じた

メインキャストが日本人じゃないのもある意味正解じゃないかな。
声アテてるのは、気になる人も多かろうが…
私は逆にそれが、原作ファンの“鼻につく”ポイントを外してるように感じたけど、原作お読みの皆さんはどう感じるのかしら?


物足りないのは
バトル以外のシーンで
彼女は何のために出て来たのかよくわからない…
監督、バトルシーンで燃え尽きた?


ラストも、続きそうな続かないような終わり方で。
続編やるなら観たいけど「CGなし」で続けるのは大変そうよね。

あ~でも
あの親父もう一回観たいの(笑)
ちなつ

ちなつの感想・評価

3.5
これ、日本香港共同で作ってるのが面白い!場所や設定が日本なんだが、俳優が完全に香港。これが、以外と、マッチしてて、このパターンの映画、もっとあってもいいのでは?という。

香港俳優のオーバーリアクションな感じとか、コミカルな感じが、すごく作風にあってる。

現実世界を舞台にしていても、フィクションにしかなりえないような特殊の設定の原作なので、笑いを交えてる、こんなかんじがちょうどいいように思えた。

車好きでなくても、楽しく見れました。

一方で、女の子の下りは、ちょっと、可愛そうな部分も感じてしまった。なんか、すごい、ビッチというか、生活のため感もあるし。。。まあ、日本原作、アジア映画だと、やっぱり、そういう終わりにしかならないよねぇ。。。

アジア版、Fast & Furiousということで。なんか、なつかしい日本の感じとか、豆腐屋っていうのも、なんかいいよね。

あと、だめなお父さん、ちょっと、かっこいい。。。
借りてあったようで便乗観賞。

原作未読。あらすじも知らないまま観ましたが
三流映画感がすごい笑

ワイスピ最新作を映画館で観たあとに観たのも失敗w
そもそもドリフトをかっこいいと思わないので
判断が難しいのですが、すごいな、というかんじ(  ̄▽ ̄)

鈴木杏ちゃんが積極的すぎる件について。
カメラワークが妙にわざとらしかったりざんねん笑
ストーリー自体は悪くないんだろうけど‥

たくみがもう少しかっこよければ
もう少しスコアあげれたかも←
原作は大好きだし、映画オリジナルの謎の改変もまあ百歩譲って良いとしてもなんでこんなにつまらなくなるんだ??イニDってレース中の言葉のやり取りだったり駆け引きが面白いはずなのに、そこを全く無視した作りになっててただのカーレース映画になってる。まあレース自体のクオリティは低くないんだけども…。なんか編集もクソいけてないPVみたいでキモいとこあったし全体的に残念。
【情緒不安定】


本作の主人公、
『大人しく見えて非常に短気』
ですけど、
『不義理な人間にキレている』
ところが好きです。


ヒロインの援交現場を目撃し、
怒りのあまり、
『持っていた空缶を壁に叩きつける』
シーンが好きです。


あとプロジェクトDに加入した途端、
『車への知識が飛躍的に向上』
していたシーンも好きです。


主人公にとって、
『車の運転は日常の習慣』
に過ぎず、
『朝の歯磨き』と一緒でした。


しかしライバル達との出会いが、
『日常を特別に変える』
つまり原作は面白いのです。
RayWest

RayWestの感想・評価

2.7
なんか外国語やら日本語やら混ざってて統一感がなかったのは覚えてるけど、あの名シーン第1話をリアルで再現してくれたのは嬉しかったね。
>|