ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTの作品情報・感想・評価・動画配信

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT2006年製作の映画)

The Fast and the Furious: Tokyo Drift

上映日:2006年09月16日

製作国:

上映時間:104分

3.3

あらすじ

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」に投稿された感想・評価

ドラミ

ドラミの感想・評価

3.6
大人気シリーズの第3作目。

東京を舞台にド派手なドリフトバトルが繰り広げられる。

今作は色々な意味で異色の作品で、後の作品にも結構重要な要素があります。

舞台が東京なので、日本人の俳優も多数出演しているのが見所。
a

aの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ワイスピシリーズ復習の中で、一応必要かなと思って気が進まなかったけど鑑賞…海外で描かれる日本の描写が昔からあまり好きではない。。
日本語喋らせる俳優さんにはちゃんと日本人を起用してほしいよな。。

サムネイルにも使われてた妻夫木くん、まさかの1シーンだけの出演で笑ってしまった。
むしろ北川景子の方が結構映ってて、どこにいるかなってずっと探してた。笑

全体を通して東京の街に目が行ってしまって、ストーリーやカーアクションより「ここは渋谷だ!」とか「これどうやって撮影したんだろ」ってことが気になって話にあんまり集中できなかった。

キャストを始めB級感が否めなかったけど、最後にドミニク出てきた時に本場感が出てきて思わず声を上げてしまった😍

ワイスピシリーズを知るためには観るべきだけど、リピートはしないかなって感じの映画でした。
千種

千種の感想・評価

2.9

ハン…!!!

派手な塗装の車は好みじゃないけど
ハンの乗ってるRX-7 FD3Sと
フェアレディZ Z33はかっこいい。

脚本、演出に関しては
どうしてこうなったとしか思えない。

ショーンは壊滅的に
制服が似合わなさすぎるね…。

片言の日本語で違和感。
せめて日本人の役は日本人にさせて…。

このレビューはネタバレを含みます

ジェットブレイクの前に復習で視聴。

1作目と3作目を見ておいた方が良いような記事をどこかで見たので。

前回は字幕版だったが今回は吹替版で。
これは正解だった。
勘違い日本、拙い日本語、日本語と英語が入り乱れてコミュニケーションどうやってるの、ガードレール無いところのドリフトってそこどこな感じだった記憶があったけど、吹替なんで不満箇所が減ったし、むしろ面白かった。

ショーンとハンが語り合うしんみりしたシーンは、ハンが日本に来た経緯を考えるとグッとくるところがある。

それに渋谷のあの事故。
遺体は出てなかったね。
それならOK。

はージェットブレイク楽しみ。
moe

moeの感想・評価

3.5
ユーロミッションの後に見た方いい🧐
最後だけでも出てくると嬉しくなる笑
M

Mの感想・評価

-
第3弾/6番目
天才ドライバー高校生のショーン・ボズウェル(ルーカス・ブラック)が主人公。
ハンは死んだのか!?
Charlotte

Charlotteの感想・評価

3.3
ほとんど高校生だったの驚いた

車ボコボコだなと思ったらハルクの足とか手だった

このレビューはネタバレを含みます

冒頭、HSMに車が盛り込まれた感じでどうやって東京に行くのか全く想像つかなかった笑笑

日本の高校設定なのに外国人多いし昼食がカフェテリア形式なの笑う
いかにも外国人から見た日本を描いてる感が凄すぎてあんまりリアリティなかったかな〜

てかあのハルクみたいな車派手すぎてよく大宮ナンバー付けられたなって思う

前2作同様ストリート・レース要素が満載だった
タイトルにあるようにドリフトで成り立ってる作品。
車も相変わらずかっこいい。ハンのマツダRX-7ベースのVeilSideカスタムカーがダントツ。

ハンが亡くなるのは分かってたけどやっぱロスでかい…おいショウ、、、

妻夫木聡をただのスターター役で使うというなんとも贅沢なキャスティング。
北川景子も出てたけど主人公の取り巻きにしてはあんまりフォーカスされてなかったと思う
MK

MKの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーの面白さは1作目、2作目と比べると微妙かなという感じ。
馴染みのある場所でのド派手なレースは少し違和感があった。(良くも悪くも)
DKの日本語がどうしても気になってしまった。
最後ドミニクが出てきた辺りはシリーズ通しての面白さがあるんだなあと思った。(なんで東京にいるかとか、ハンとの過去の関わりとかが今後分かるのかな?)
餃子man

餃子manの感想・評価

3.4
高校生でドライバーのショーンは、ストリートレースをする問題児であった。
彼をかばいきれなくなった周りの大人の勧めでショーンは父親のいる日本へ向かう事に、ところが日本でもストリートレースは
流行っており、ショーンはその世界にのめり込んでいく。 という物語。


ワイルドスピードの人気キャラハンが
登場すること以外あまり重要性がないとされている今作だが、個人的には面白かった。日本人俳優がイースターエッグみたいな扱いを受けていることはなんとも言えないし、ショーンの学ランの違和感が半端ないが、それ以外は結構おもろい。

日本は道路が狭いために、前作までのゼロヨンやNOSといった要素が全く出てこないのは寂しいが、代わりに「ドリフト」を活かして後半は頭文字Dライクなレースをする。


ワイルドスピードは元々2で終わらせる予定だったらしく、そのために今回がスピンオフ的な作品になっている。後に続くワイスピシリーズの中でも時系列的にユーロミッションの後というよく分からないところに位置している。

私は公開順に見ることにしているので
次はMAXかな?
>|