ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTの作品情報・感想・評価・動画配信

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT2006年製作の映画)

The Fast and the Furious: Tokyo Drift

上映日:2006年09月16日

製作国:

上映時間:104分

3.3

あらすじ

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」に投稿された感想・評価

ストーリーは結構色々な所で
は?何でそうなるんって突っ込みたいシーン
が沢山あってうーんって感じだけど
カーアクションだけ見ればまあ面白かった😂
モモナ

モモナの感想・評価

3.0
ハンがあんな呆気なく事故って死ぬの勿体無さすぎ…そして日本スケール小さすぎてつまらん!!(笑)無理矢理詰め込んで話が進みすぎてついていけない(笑)
欧米人がイメージする日本の描かれ方で残念だった笑
北川景子の使われ方がもったいない笑
妻夫木、柴田理恵、真木よう子なんかも出ていたが、しょこたんも出てたのか👀
千葉真一はアメリカでキャリアがある分、目立つ役だった。
ハンや、D.Iを演じた俳優が、アジア人だからと言って日本人やない俳優やったのはかなり残念💦
今撮るなら鈴木亮平は英語話せるので、どちらかの役をやってほしい。
それにしても、ドリフト凄すぎました!
harutoda

harutodaの感想・評価

3.0
北川景子が喋らなすぎて途中から見取り図の大阪カップルの彼女にしか見えなくなっちゃってもう無理だったwww
Naka

Nakaの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

いつもほど格好良くなかった。

ハンがあんなしょうもないやつに殺されたの悔しい。
音楽は格好良かった。最後ドミニクやはり出てきた瞬間に格好良かった。
友情・努力・勝利な不良高校生青春ジュブナイル。前二作とはうって変わった空気感だけど、その小品感が逆にイイ。
たぶんワイスピでいちばん観てる作品です。

トンデモ日本描写は意外と地に足ついてます。
銭湯とかパチンコとかスクールガールとか謎日本料理とか、SHIBUYAとかSHINJUKUとか要素のノルマはクリアしてるし、狭くて汚くてゴチャゴチャした雰囲気から、千葉ちゃんや土屋圭市など的を射た配役まで、ちゃんと等身大に収まってる感じ。
トンデモ日本ってのは、「間違い」じゃなくて「色を付けてる」くらいな表現なんすよね。
それに“ガイジン”という言葉の抱える問題を取り上げる建設的な姿勢も好印象です。

ただこれ舞台は2013年設定なんすね。『ユーロミッション』&『スカイミッション』公開まで随分な間があるので、シリーズの体裁を保つためのこじつけがやっぱいろいろ苦しい……。
当時、この作品で世界観が全く変わってたので、え!?となったが最終的に上手く繋げたなと思う。
この映画だけ単発で見るとあんまり楽しめないのではないだろうか。
北川景子の空間だけ日本だったよ
ドリフトって簡単そうでむずいから見ててアツいよね
aaaaa

aaaaaの感想・評価

2.6
ストーリーうんぬんよりも、日本を舞台にした海外映画でよくある色々な違和感にばっかり気を取られてまともに観てられない
メインキャスト陣も全く高校生に見えないし

・タカシとモリモトの日本語が下手すぎる(日本人の役は韓国系外国人じゃなくて日本人にやってほしい、もしくは日本語の発音を完璧にしてほしい)
・アメリカから日本に来たばっかりなのに右ハンドルに慣れ過ぎ
・地理感がおかしい(三田一丁目に住んでるのに渋谷駅が最寄り)
・学校は全てが変(ロッカーとか靴箱が教室のすぐ外にあるとか、先生が転校生のこと把握してないとか)
・日本人が英語ペラペラ過ぎ
・ヤンキーが昭和過ぎ

まあ、海外から見た「東京のイメージ」で作られてるよね。。(そして、そのイメージはいつまで経っても改善されない。。。)
いつになったらちゃんと日本を描いてくれる映画はできるのか。。。
栗屋雅

栗屋雅の感想・評価

3.8
これ別格でおもしろい
これでワイスピ終わってても文句言わないレベル、、、、
>|

あなたにおすすめの記事