ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTの作品情報・感想・評価

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT2006年製作の映画)

THE FAST AND THE FURIOUS: TOKYO DRIFT

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.2

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

3.0
DKの名前が出るたびに、ドンキーコングが連想されてしまった。
【字幕/VOD視聴】
シリーズの中では筋肉少な目で毛色の異なる作品。

これまでの作品に出た馴染みのキャラクターがいないのでどんなもんかと思ったけど思いの外よかった。映画でよくある似非日本的な雰囲気も悪くないし、「ドリフト」を前に出したレース寄りのストーリーだったのも面白かった。

それと釣り人ドリキンで笑っちゃった。
yamp

yampの感想・評価

3.4
もう完全に別映画www

もはやレースしかしとらん

タイトル似てるけどシリーズと無関係かよー!って言いたくなるぐらい別物笑
もう、なんちゃってスピードだよー
てか、あの駐車場のドリフトヤバすぎ
さすがDKやな!俺も最初はドンキーコングと読んでたさ!そこは万国共通だな!

でもまあ、一応繋がりはあるんだよね、ちゃんと伏線もあったし後付けではないんだね、でもなーwww


とか、考えながら見てたら唐突の柴田理恵に吹いたw

あとは北川景子と小錦と真木よう子としょこたんと千葉真一!千葉真一以外は1人1人は一瞬だったけど豪華

ちなみにラストにヴィン・ディーゼル出てたけどギャラの代わりにリディックの使用権頂き主演した!らしい(ありがとうーGoogle先生)

多分ここでレースしすぎたせいかな?
そろそろレースが出オチみたいになってビックリカーアクション映画になるよね笑

早く戦車飛ぶとこみたーい
たみ子

たみ子の感想・評価

3.0
正直こちらはスルーしてもいいかな?と迷っていたら、心の中でロック様に「お前は本当にそれでいいのか?」と問われた気がしたので観ました。もっとひどいのかと思いきや意外と楽しめました!

シリーズ3作目であり、時系列では6番目の少々ややこしい今作、舞台は東京。日本の役者さんも出てきて、北川景子さんは主人公の仲間としてずっと出てましたね。しょこたん分かりづらい〜。波岡一喜さんは見つけられませんでした。
今作でハンとお別れで悲しい。そしてラストに登場してくれたあの人に、ニヤリでした。

このレビューはネタバレを含みます

海外から見た日本のイメージってこんな感じなんだなあ
最後ドミニク出てきて嬉しい
MariaAmano

MariaAmanoの感想・評価

2.2
今まで時系列に見てきた人のみ楽しい。プラスαで言えば、ふと日本人俳優出てくるとおおおとなるし、最後はずるい。
行く先々で問題行動を起こす不良高校生・ショーンが日本にやって来て、そこで″ドリフト走行″の技術を身につけ、ストリートレーサーになるって話☆

慣れない日本の暮らしに戸惑うショーンくん、ご安心ください、そこは日本によく似た別世界ですから!
(よく描かれているなぁってトコもありますが、それは無いわぁな場面も多々…)

そんな異世界に放り込まれたショーンくん、流れのままに立体駐車場内で行われるカーレース勝負をすることに。
カーレースには腕に覚えありなショーンですから、「イエローモンキーがやってる遊びなんて楽勝っしょっ♪」な軽い感じでやってみるも、無惨に敗北。
そうです、日本のカーレースには″ドリフト走行″が必須なのです!
(ホントか!?)

そんなわけでハンという胡散臭い男に弟子入りして、ドリフト走行技術から日本車のチューンアップの手解(てほど)きを受けます。
トライアンドエラーを繰り返し、車をチマチマとセッティングしている過程はとても男の子的にアガるシーン。なんかワクワクしますね。

メキメキとドライビングテクニックが上達し、いざ、実戦!
シフトチェンジする様、そしてコーナーをドリフトで攻めるカーアクションは、車弱者のわたくしでも大興奮!

「マリオカート」すら小学生に勝てる気がしないわたくしでも、過去に一本だけドハマりしたレースゲームがありまして。
それは「リッジレーサー4」というゲームで、このゲームによってドリフト走行の楽しさを知り、ギャギャギャっとコーナーを攻めていたあの頃を思い出しました♪
(最近、思い出に浸ることが多いです)

なんか久しぶりにレースゲームでもヤろうかな、なんて気持ちになった一本(* ̄ー ̄)☆



○キャスト○
ショーン・ボズウェル/ルーカス・ブラック
トゥインキー/バウ・ワウ
ニーラ/ナタリー・ケリー
タカシ(D.K.)/ブライアン・ティー
ハン/サン・カン
モリモト/レオナルド・ナム
ボズウェル大尉/ブライアン・グッドマン
カマタ組長/千葉真一
レイコ/北川景子
アール/ジェイソン・トビン
クレイドミニク・トレット/ヴィン・ディーゼル
nakai

nakaiの感想・評価

3.6
タカシが日本人じゃないし、カタコトの日本語とか、外国人が思い描いてる日本と実際のズレ(時代もあるかも)が逆に面白かった笑 この後どう繋がるのか気になる
まよ

まよの感想・評価

2.9
ワイスピ3作目
突然の妻夫木くんとホテルビュッフェ並の学食がハイライト
最後にドミニク出すのずるいなぁ
東京といえばギャルなんだなって再認識(笑)ギャルは強いな⤴️
ジメジメしてて映像が暗い、日本の印象ってこんな感じなのかも。

もっと日本をキラキラさせてほしかった(笑)
>|