フィールド・オブ・ドリームスの作品情報・感想・評価

フィールド・オブ・ドリームス1989年製作の映画)

FIELD OF DREAMS

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.7

「フィールド・オブ・ドリームス」に投稿された感想・評価

close

closeの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

自分の家のトウモロコシ畑を拓いて野球場作るなんて実際じゃ考えられないけど、
いざ作ってそこにシューレスジョーが現れた時のドキドキ感やボストンやミネソタで謎を解きながら仲間を集めてくいわゆるロードムービーのワクワク感がたまらない。
妻も夫のためには無茶苦茶なことでもついて行くという男にとって理想の女性の一つに映った
それゆえに女性の観客にとっては女性キャラクターは共感できず、退屈な映画になってしまうのではないかと思った。

男性と女性で割と大きく意見が割れる映画な気がする

私にとっては、自分のグラウンドでドリームチームの野球が見られることにワクワクした。
レイ・キンセラは自身の営むトウモロコシ畑を歩いていると不思議な声が聞こえる。

最初は「ホラー映画かな?」と思うくらい謎に包まれていましたが、全容が明らかになってきて流れるようにラストへと繋がる展開はお見事。

大人のファンタジーだったんですね。
熱いものがこみ上げました⚾️
rio

rioの感想・評価

3.6
子供の頃全く面白さがわからなかったのですが、今観たら違うストーリーのように感じました。面白かったです。
ボストンに関係ある映画大特集、その2。

え?この映画の舞台はアイオワでしょ!いや、そうなんですけどね、ボストンも出てくるんですよ~!

「それを作れば、彼がやってくる」。
アイオワの田舎でトウモロコシ農場を営むレイは、ある日不思議な声を聞く。なんとトウモロコシ畑をつぶして野球場を作れば、八百長試合の疑いをかけられ球界を追われた伝説の選手シューレスジョーこと、ジョー・ジャクソンがやってくるというのだ。
わけもわからず、しかしどうにもできない衝動にかられ、野球場を作ってしまうレイ。その先に待っているものとは…。
野球場を作ったレイは、また別のメッセージを受け取り、ある作家を訪ね、二人で野球観戦をします。その球場がボストンにある全米最古の野球場フェンウェイパークなのです。

この映画は私の人生で大切にしたい映画の一つで、高校生の頃に映画館に観に行って、その後何度もビデオやDVDで観ました。
現実に上手く溶け込んだファンタジーで、誰の心にもある、過去に置いてきた後悔や果たせなかった夢というものがじんわりと胸にくるお話です。
何がどうって上手く言えないんですけど、アイオワの農場にポツンとある野球場の景色や、そこでプレイする往年の選手たちののどかな野球試合にただただ心癒されます。そして、レイにとってこの野球場を作った意味はなんだったのかがわかるラスト。初めて観た時の感動は今も忘れられないです。
映画の中でたった1イニングでメジャーを去ってしまったアーチーグラハムという人物が出てくるんですが、この俳優さんに一目ぼれして、ファンレターを書いて送ったのも今となってはいい思い出です。
お父さんの部屋から掘り起こしてきた一本。

天の声に従って、畑つぶして野球場作るなんてまじかよってストーリーだけど、それはまあフィールドオブドリームスなので…
ルリー

ルリーの感想・評価

4.0
1回見た映画を もう一度見ることは あまりないけれど 今回 野球熱にうなされて見てみました
ファンタジーと記憶していましたが 奥深かったなー
もう見られない かつての選手の試合が 20ドルで見られたら行きたいです
ジェームス・ホーナーのサントラは最高です♪
ストーリーも最高で音楽が更に盛り上げてくれますね!
ザ アメリカンのコスナーはやはり野球ものなのだろうか 原作が原作だけに 難しいが映像は好き
それを作れば彼はやってくる。

昔、通ってたテニススクールに、草が生い茂るなかにあるテニスコートの絵が飾ってあったなあ。

大人のおとぎ話。
久しぶりの映画鑑賞です!
とても不思議で夢が詰まってる作品でした。最後にお父さんとキャッチボールするシーンは涙腺ゆるみました。そして何より奥さんの夫への理解力と懐の深さが凄まじい。映画ですからそうしないと話が進まないことは分かっていますが。(笑)将来はああいう妻になろうと思います。。
>|