フォレスト・ガンプ/一期一会の作品情報・感想・評価

フォレスト・ガンプ/一期一会1994年製作の映画)

FORREST GUMP

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

「フォレスト・ガンプ/一期一会」に投稿された感想・評価

ピエロ

ピエロの感想・評価

4.6
先日、英語のスクーリングで鑑賞。

名作すぎる名作…
はじまりから終わりまで映像にBGM全部良い。どの台詞も心に響く深ーい言葉ばかり

人生の大事な選択を自分の意思で選びそれを信じたことが周りの人の心を動かした。

何もかも結局最後に選ぶのは自分自身。夢を追いかけるのも、そのために行動するのも、好きな人に話しかけるのも、諦めるのも全部。
″今″は大事だけど″これから″がもっと大事なんだなと思った。

人間みんなガンプみたいな考え方なら上手くいくのかな~

ジェニーは身勝手なワガママ娘だけど。
いつだって男と女は、身勝手な相手に振り回されながらここまで来たんだろうなと考えると仕方なく思えてきた。

やっぱり自分の足で走りたいよね。だって人生はチョコレートボックスなんだから!笑
スオミ

スオミの感想・評価

4.1
各時代のファッションと音楽がよかったな〜〜
あれくらいトントン拍子で生きてみたいけどベトナムで詰む気しかない
らいち

らいちの感想・評価

3.8
二度目の今回はジェニーに感情移入してしまった。ガンプの一途な真っ直ぐさに眩しさを感じてしまったんだろうなと思った。人や時代に流されながらも自分の信念を貫くって本当に難しい。もっと素直に生きてみようかなと思える作品でした。
Ariel

Arielの感想・評価

5.0
私の独断と偏見で一番好きな映画と俳優。
友達にこの映画を薦められてのめり込んだ最初の映画。
Azusa

Azusaの感想・評価

3.7
やっと観れた!
あ〜なんか好き、繰り返しみたい

時代をいろんなとこから感じる
事件?は割と有名どころ使ってくれてるからわかるし、音楽の変化素敵ね〜

ババガンプって響きが好き
よってお店行きたい
ガンプは人より知能指数は劣っているが誰よりもまっすぐで、その一つひとつの行動が周囲の人に良い影響を与えていく

俗にいう普通の知能指数の人は『これはこうあるべきだ』といった固定観念もと行動に移すことが多いなか、ガンプのような自分の信念のもとで行動する彼だからこそ周囲や世の中にも良い影響を与えたのかもしれない…
この作品を観ると、決して知能が高い人が優位なのではなくて、自分の信念を持ってそれを行動に移せる人が周囲にも世の中にも良い影響を与えるのではないかと考えさせられる…
ガンプの半生をアメリカの歴史に交えて展開していくストーリーもまたこの作品の面白味の一つだと感じる
Lily

Lilyの感想・評価

4.3
一期一会、一つの出会いから人生がどんどん好転していくのが素晴らしいと思った!
良い方に行き過ぎだけど、人生何があるかわからない!もっと思うままに生きようと思った。
トムハンクスが若くて素敵。
仕事も落ち着いてきてかなり久しぶりに映画を見た。
純粋にいい映画で、心が温かくなるシーンもあれば、クスッとしてしまうシーンもあり、名作と呼ばれる理由がわかった。

久しぶりすぎて感想が上手く書けない!!!
1年前に鑑賞したのであまり覚えていないが、壮大で非現実的な話でも、テンポの良さから楽しく観れた。
ロバートゼメキス監督の作品にハマったきっかけの一作。
マーム

マームの感想・評価

4.5
ほんとに最高です!大好き!!
トム・ハンクスの演じるフォレスト・ガンプが面白くて、いとしくて...!!トム・ハンクスをさらに大好きになった!( ¨̮ )

観るのは二回目。一回目もすっごく面白くて感動したが、フォレスト・ガンプに実はアメリカ国内では批判もあると聞いて...、(゚ロ゚)!?と思っていたのでもう1度見直してみた。

アメリカの歴史を知らない日本人なのでなぜ批判されてるのかは正直よく分かりませんが、わたしは、やっぱりこの作品が大好き!!あったかい気持ちになれた。

アカデミー賞総ナメも納得しちゃうくらい、ほんとに名作。




ほんとに、出会いって一期一会だなあと思う。
もし、あの母さんから産まれていなかったら、お父さんがいたら、ジェニーやババやダン隊長と出会っていなかったら、まったく違う人生を送ってたかもしれない。

偶然隣の席に座って、偶然同じ部隊に配属されて。ただの偶然に過ぎない出会いだけどその出会いこそが、フォレスト・ガンプののちのちの人生を左右している。


そしてストーリー。
時代の流れで色んな出来事や事件や風潮がある。
そして、フォレスト・ガンプ本人の意思など関係なしに、彼は時代に翻弄される。
でも、彼の本質自体はどんなに時代が流れようと決してブレない。
彼は彼のまま。
そういうところが、人間が時代や風潮に対してこの上なく無力であること、でも心だけはいつでも流されずに、自分は自分のままでいれるということを表してるのかなと思った。
最初と最後の羽根が風で飛ばされているシーン(←1番お金かかったらしい)がそれを表現しているのかも。
>|