ロードハウス/孤独の街の作品情報・感想・評価

「ロードハウス/孤独の街」に投稿された感想・評価

むか~しこれ好きだったんですよぉ(*´∇`*)
ブックオフでソフトを見付け即買いです(笑)


『ゴースト/ニューヨークの幻』パトリック・スウェイジ主演のアクション作


雇われ用心棒…その名はダルトン♪
彼がゴロツキ共の溜まり場となってしまった酒場"ダブルデュース"のオーナーにスカウトされ時に優しく、時に荒々しく立て直していく
がその裏で…

といったシンプルなストーリー


町の有力者ブラッドが次から次へと嫌がらせをしてくるんだなこれがっ💢
手下を使って店を荒らしたり酒の供給を邪魔したりね~
ダルトンの車は毎回パンクさせられて道路標識まで突っ込まれたりw

それにも負けず朝から太極拳やってるダルトンは悪に立ち向かう!
みたいな( ̄▽ ̄)b

この頃『ベスト・キッド』とか流行ってたのかな
パトリック・スウェイジの空手技が見れちゃう♪
「先に相手の膝を砕いちまえば後は楽さ」
なんて喧嘩のコツも教えてくれるw

同業者で友人のサム・エリオットも渋格好よかった!
殴り合う前にロン毛を縛ったりしてね☆


最後はオジ様たちの勇気とオトボケでオチもすっきり♪


椅子に座ったまま膝の上でギターを演奏する珍しいバンドも登場!


懐かしの80年代シンプルアクションです!!(* ̄∇ ̄)ノ
Juliet

Julietの感想・評価

3.8
用心棒の、パトリックスウェッジが、
かっこよすぎて、
永遠に、心に残ってる❤️🥺
yukkafilm

yukkafilmの感想・評価

3.8
80年代のセックスシンボル、パトリックスウェイジ主演のザ・アメリカなアクション映画。
ロードハウスって、よくアメリカ映画に出てくるだだっ広くて、ハウスバンドがいて、横にハーレー留まってそうなあのホールみたいなバーですよね。アメリカの田舎に行けば、多分まだ似たような雰囲気のところ沢山あるんでしょーね。しかもまだマレ(80年代に流行した後ろの毛長くするやつ)の客とかかいるんだろうなー笑
登場人物の道徳観や、あれ警察は?!とかいろいろツッコミどころがあって笑えるし、全体的にはエンタメ性あってまぁまぁ楽しめたかなw
#netflix
Road House

ラジー賞複数ノミネートの駄作かと思いきや割と楽しめるアクション映画だった
パトリックスウェイジの何考えてるかわからない雰囲気が役にぴったり
ベンギャザラが悪役を憎々しく好演
琉太

琉太の感想・評価

3.1
パトリックスゥエイジ目当てで借りました
用心棒のカッコいい彼を観るだけの作品
音楽も良かった
いやはや劇場で見たのをすっかり忘れていた。
主演のパトリックスェイジより、盲目のボーカリストのほうが印象に残っている。
『アウト・サイダー』で『YAスター』
(1980年代半ば流行ったYAはヤングアダルトの意味、今でも活躍してるのはトム・クルーズ位か?)の仲間入りしたパトリック・スウェイジ主演の映画。
酒場の用心棒を描いた珍しい映画。
パトリック・スウェイジはダンサーだけあって、アクションが美しい。
因みに題名が『ロードハウス孤独の街』になっているが、当時は『ロードハウス誓いのカクテル』だった。
言わずと知れたトム・クルーズの『カクテル』がヒットしていた頃だから。
この映画意外と面白いと思うんだけどな〜
テリー・ファンクも出てるし。
tomoya

tomoyaの感想・評価

3.4
パトリックスウェイジがキレキレなのと、喉かっ切るシーンだけで充分。
tinkerbell

tinkerbellの感想・評価

3.4
パトリック・スウェイジはいいのよ、主人公だから。敵が弱すぎだろう。一番の掘り出し物は、酒場ダブルデュースで演奏しているジェフ・ヒーリー・バンド。ボーカル兼ブルースギタリストの彼は実際に目が見えない。独特のプレイスタイルと本格的なブルースロックは最高だ。今はもうこの世にいないのが悲しい。
まさに金がかかった壮大なコント。なんじゃそらの連発で、やめればいいのに最後まで鑑賞。
パトリックスウェイジのカンフーアクションは見るも無惨だったが、ケリーリンチとのラブシーンはマスタークラス。流石です。
>|