花の白虎隊の作品情報・感想・評価

「花の白虎隊」に投稿された感想・評価

タイトル通り白虎隊の物語を描いた作品で、後年何かと比較される市川雷蔵と勝新太郎の銀幕デビュー作でもあるらしい
正直内容としては退屈で、時代劇っぽくもなく、娯楽映画でもなく、かといって白虎隊をしっかり描いた作品というわけでもない

後半、城の無事を知らせる鐘の音が途切れて、雷蔵の彼女が撞き始めるが、風向きが逆だわ!お願い伝わって!みたいなシーンに結構尺とってるけどなんなんだろう
飯盛山では既に包囲されていて進むも退くも出来ずみたいな状況で、鐘が聞こえようとそうでなかろうと関係ないじゃんと

勝新太郎がほとんど脇にまわっているのに対して、市川雷蔵は最初から優遇されています
白虎隊のリーダー格で彼女持ちで、家族もきちんと描かれ、死に際もあっさりとしていない、くどく画面に映り続けるというザ主役

まあ期待の新人の顔見せ、売り出しのための作品って以上のものは感じられなかったですね

あなたにおすすめの記事