エターナル・サンシャインの作品情報・感想・評価・動画配信

エターナル・サンシャイン2004年製作の映画)

Eternal Sunshine of the Spotless Mind

上映日:2005年03月19日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「エターナル・サンシャイン」に投稿された感想・評価

ミシェルゴンドリーの絵本的世界のラブストーリー。

好きな人とはずっと恋人でいたいと思う。
Yui

Yuiの感想・評価

-
ずしん
5

5の感想・評価

4.4
彼氏と喧嘩後に見た
確かに嫌い!もう終わりってなるけど少し時間がたつといい思い出を思い出したりするから全部が全部悪くない、消したくない記憶もあるし物もある
映画みたくまた巡り会えることはないだろうけど
Kei

Keiの感想・評価

4.0
いつものジム・キャリーっぽい設定でいつものじゃないジム・キャリーが観れる。

ラブコメのようでいてシリアスだったりSFだったりする。
よくあるパートナーへの不満から記憶を抹消してくれる会社に依頼して記憶を消してしまうケイト・ウィンスレット。

記憶が消えてる事を知らず、他人の様な振る舞いと新しいボーイフレンドがいるショックから記憶を消す依頼をしてしまうジム・キャリー。
消しながら辿る記憶の中で、思い出の大切さに気が付き神様に、医者に懇願しながら記憶を消されない様に奮闘する。

ベタに泣かせに来ないけどじんわり、いい気持になれる恋愛映画。
アヤ

アヤの感想・評価

3.8
面白かった。映像のつなぎが絶妙であとから違う時間帯だったんだ!だからか!と最初の自分の中での謎が解決してめちゃくちゃ面白い。
その仕掛けもそうだけど、恋人の記憶を消されてしまう中でやっぱり忘れたくない!忘れない方法は?と夢の中の恋人と相談して実行していくのがすごく自由で楽しそうでここも面白かった。
忘れないためにと最後に選んだ方法もシチュエーションもすごいかっこ良かった。

記憶を段々と遡るさまが「To the moon」というゲームっぽかった。
KS

KSの感想・評価

3.5
記憶と後悔 or 忘却と許し

他者と関係を築く事とはどういう事かをテーマにした作品。

現実とは何か、記憶の中に生きているのかもしれないのかなとか、他者と関係を作っていくことは知らない記憶を語り合う事なのかもなとも思った。


Jon Brionは本作でも「phone call」とか聴いてるだけで、頭がフワッとしてくるというか重荷が無くなっていく感じがする。



観ている内にあっこれ観たと思ったが、本作のテーマ性もあって、人ってそんなもんだよなとも思った。
暗いジムキャリーが見れる映画。寂しい雰囲気だけどなんか心に残る
>|