ルビー・スパークスの作品情報・感想・評価・動画配信

ルビー・スパークス2012年製作の映画)

Ruby Sparks

上映日:2012年12月15日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.8

「ルビー・スパークス」に投稿された感想・評価

Moet

Moetの感想・評価

3.0
恋愛って、自分じゃコントロールできない存在に愛されるからこそ幸せを感じるんだろうな
他人は自分の思い通りになんてならないんだよ!
面白かった〜!

Blu-rayの裏側に『リトル・ミス・サンシャイン』のスタッフ再集結的な宣伝文句が書いてある映画は詰まらない説が僕の中にあったんだけど、そのジンクスを打ち破る作品にやっと出会えた。

お洒落な映像と音楽。笑える場面も多くて楽しい映画だった。

自分と似ているから好きになるのか。自分と違っているから好きになるのか。みたいな部分が主題だと思うんだけど。まあ答えは普遍的。

だから、割とありきたりな主題をオリジナリティのある題材で描いているのがこの映画のアイデンティティなんだと思う。

軽くてコメディ寄りなんだけど、確かに響くモノがあった。良い映画だった。
fleur

fleurの感想・評価

4.7
自分が書いた通りに理想の女の子が現れるお話。ルビーがとにかくキュートだった。人を思い通りに動かせる、なんてありえないからこそ他人は自分と切り離された他の個体で、そのなかで関係を築くことが大切なんだな、なんて思った。つい人に理不尽な期待をしがちだけど、そこを忘れずにいたい。
はぐみ

はぐみの感想・評価

4.0
恋人を自分の思惑通りに動かせるならそれは願ったり叶ったりだけど、恋人も幸せなんだってことが相手から自発的に表されないと(しかもやらされてる感無く)自分も幸せにはなれないんだなあって思った。

自分がこう言ったから私を喜ばしてくれる為に相手がこうした!と、自分の行動で相手が自然と喜こんでくれた!の違いはとっても大きいし、人間ってそれを自然と感じ取れちゃう生き物だからこわい。どれだけ後者が増えていくかで愛し続けられるか決まるんだろうし、思いがけない相手の感情表現っていうのは疎ましいようで必要なのかもしれない。

全体的に色が可愛くてヒロインもキュートだけど、底抜けに明るい感じが逆にこわい感じの、癖になる作品です。見返したい。
huri

huriの感想・評価

4.3
自分もこのフシがあるから気をつけようと思った。
ついつい期待しちゃうけど、自分の理想通りの人なんていない、って突きつけられた。
ルビーは書いて記憶がなくなったけど、普通の人間が理想でカチコチに固められたらおかしくなっちゃう。
自分と違うから良いんだよな。自分と相手の間にある埋まらない余白を愛したい。
「理想の恋人はいない、なぜなら人間は完璧な存在ではないから」という真理を学生時代に教えてくれてありがとう
ぼんた

ぼんたの感想・評価

4.0
恋愛を神聖視する人、
いつか理想の女の子が現れると思ってる人に観てほしい。

恋愛に抱く幻想がどれだけ脆いモノなのか見せつけられる。

ルビー役のゾーイ・カザンさんがキレイだし可愛くて理想の女の子に説得力がある。
Emma

Emmaの感想・評価

-
途中ちょっと怖かった。

他人に依存して良いことは何もないし、自分の理想を押し付けたら本当にお互いダメになる。
距離感が大事!!
っていろいろ学んだ

ルビー役の女優さんの演技すごい!!

主演2人が実際に付き合ってて子どももいるって後から知ってほっこりした〜
サーフ

サーフの感想・評価

3.8
「夢で出てきた女性が現実の世界にも現れる」という男からしたらまさしく夢の様なお話。

主演のルビー・スパークスを演じるゾーイ・カザンがとにかくキュートで最高に可愛い。カルヴィンに依存度MAXになった状態の可愛さが破壊力半端なかった。

「自分の書いた文章の通りの性格になる」という夢の様な設定に思えるが「自分の思い通りになりすぎる」という事の虚しさが表れた作品。分かり合えない部分もあって初めて本当の幸せであり愛情を感じれるし、自分は幸せでも意のままに動く彼女は幸せなのか?と思う。

そして「自分の書いた文章の通りの性格になる」という事は「生殺与奪の権を握っている」に繋がっているように感じてきてホラーとまでは行かないけれど怖さも秘めている様な作品。束縛の極みみたいな。

ほろ苦い展開。でもラストシーンで彼女の放つ一言がとても良い。2人の間に希望の光が差し込んでいるようで。
今までになかったような設定ゾーイカザンすごい!
”創造は産物“
最初これは夢の中なのか?ファンタジーなのか?って戸惑ったけど面白かった
終盤の狂気のやりとりは息を呑んだ
赤毛のルビー可愛かった👠
>|

あなたにおすすめの記事