ルビー・スパークスの作品情報・感想・評価・動画配信

ルビー・スパークス2012年製作の映画)

Ruby Sparks

上映日:2012年12月15日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.8

『ルビー・スパークス』に投稿された感想・評価

odyss

odyssの感想・評価

2.5
【ヒロインの設定に問題あり】

夢に見た女の子が現実に現れたら・・・・という筋書き自体はさほど目新しくないと思います。だからそれをどう料理するかがこの映画の最大の眼目になるはず。

そういう見地からすると、イマイチ筋書きが練れていないのかな、という気がしました。

ひとつには、本来夢の中から生まれてきた、つまり主人公=若い作家の理想である女の子が、なぜ途中から彼の意に添わぬ行動をとるのか、というところです。本来であれば、理想的な恋人なのだから彼の気に入らないような性格ではないはずなんですよね。

むろん、そこには男が女に対して持つ意識の矛盾が表現されているのかも知れません。男は一方で従順な女を求めますが、他方で従順なだけの女では面白くないという気持ちもある。男を翻弄するような女に憧れることもある。そして一人の女にその両方を求めたりする。身勝手と言えば身勝手なんですが、まあ、それだけ男の欲望は深いということでしょう。

ただこの場合、ルビーの行動は日本人の私から見て、いかにもアメリカ映画に出てきそうなふつうの女の子なんですよ。ふつうの女の子で何が悪いという異議も出そうですが、夢の中から生まれた女の子である以上、ふつうじゃいけないと思うな。

だから、脚本の順序として逆にすべきだと私は考えます。あまりに理想的な女の子なので、それに飽きるか困るかして、その結果書き換えによりふつうの女の子になっていく、という具合いに。

それから、好みの問題ですけどヒロインを演じるゾーイ・カザンが私の目にはイマイチ可愛く見えません。むしろ主人公の母親で出てくるアネッテ・ベニングのほうが魅力的に見えました。

ちなみに、アネッテ・ベニングとその連れが住んでいる家を見て、これがどの程度現実のアメリカ人を反映しているか知りませんけど、孫もいる年齢になって自然志向に血道を上げているアメリカ人って疲れる奴らだな、と思いましたね。
ストーリーは全くリアルじゃないけど、ふとした恋愛的なリアルなシーンで自己嫌悪に。。。
主人公とヒロインが実際に夫婦で、監督達も夫婦で、愛じゃん!!!
kimu

kimuの感想・評価

3.8
ルビーとにっかく可愛い🥹🌷
カラフルでお洒落だし🌈

最後まとまってていい話なのに、見終わった後なにかモヤッと感残るの私だけかな、、?

カルヴィン受け入れ難いけど
全体的の雰囲気とか好きな映画だった🎬🌿🍂🍁
か

かの感想・評価

3.5
全体的にお洒落で可愛い。ルビーもめちゃくちゃキュート。終盤はホラー映画かと思うくらい怖かったけどね……

私はあんまり終わり方好きじゃなかった。人間いつでもやり直せるとはいえ、やめときな!!!って言いたくなっちゃった🥹

このレビューはネタバレを含みます

序盤★2 中盤★2 終盤★2


見どころ
◯ポール・ダノ出演で同監督作『リトル・ミス・サンシャイン』(★3.5)を観てると“ヘッドホンと下ネタ”のシーンでニヤッと出来る。



気になる点
●カルヴィンの母(アネット・ベニング)は自由奔放そうなんでやはり兄は異父兄弟…?



☆総評
ルビーを演じたゾーイ・カザンによる脚本。
大体このパターンは“中2男子の妄想”なんで女性の感性で書いたのは興味深い。

少しミシェル・ゴンドリー監督作っぽさのあるファンタジックな恋愛だが、
結局は分かりやすいハッピーエンドに落ち着いたのは普通すぎた。




2022年338本目(+短編18本)

このレビューはネタバレを含みます

今度はちゃんと向き合えよって、願ってしまった。

自分の理想の女の子が目の前に出てきて、自分の彼女だと言う。
そんな幸せな日々を過ごして。
彼女が自分の世界を持って少し離れたら、自分の思いどおりに戻して。
自分の理想を、傀儡して。

そんなの、楽しくない。

意外な反応をするから、楽しくて。
思いどおりにならないから、振り向かせるために努力して。
だから、愛おしい。

そんなことを改めて考えさせられた作品でした。
絶対に幸せになれよって、願いました。自分のことのように。
うーん、これ好きだぁ。
書いたら現実に、って陰キャの夢だな…。
そして、それを打ち棄てて解放できるのが陰キャの矜持なんだよな…。
全部を捨てて全部を懸けた唯一無二の存在から自ら離れるのって無理だよね。無理なんだけど、その無理を通すために、なけなしの勇気を振り絞って決意を固めて身を奮い立たせる。全部を捨てて全部を懸けた唯一無二の存在だからこそ。空っぽどころじゃない完全な空虚になるってわかってても。
ポール・ダノってやばいやつやってるイメージしかなかったけど、よく見ると意外にイケメンなんだな。ひょろいけど偏屈な役によくマッチしてたし、懊悩も幸福もよく見て取れた。いい演技だった。
ゾーイ・カザン。初めて見たしそんなに好みじゃない顔って第一印象だったのに…すぐにめちゃくそ可愛く感じるようになっちゃった。めっちゃ可愛かった。陰キャの夢をきちんと体現した演技ができてて、キャラ的に不自由なはずなのに奔放で自由な印象を受けるのが不思議で魅力的。笑顔がキュート過ぎた。めっちゃ可愛かった。
ラストがな…こうするべきじゃないのは知ってるんだけど…私はこれが好き。
なんとなく(500)日のサマーを思い出す。割と真逆の設定なんだけどな。
りょう

りょうの感想・評価

3.7
恋愛深いなぁ
やっぱ相手の気持ち考えるとこからはじめんとあかんな。
んでブラッシュアップ
ゆでぃ

ゆでぃの感想・評価

3.5
恋愛の在り方を考えさせられる映画だった。
愛しているつもりが自分しか愛していない事は誰しもあるのではないのだろうかと考えた。
主人公が描いた小説の女の子が現実に現れるお話。最初の方はフライヤーのようなほんわかラブストーリーが繰り広げられるけど、途中から彼女とうまくいかなくなると操作しようとするところがとってもホラーみたいで怖かった😭

終わり方が気になるから最後まで見たんだけど、すごく良い終わり方だった🥰結構好きな映画かも!!!
>|

あなたにおすすめの記事