ルビー・スパークスの作品情報・感想・評価・動画配信

ルビー・スパークス2012年製作の映画)

Ruby Sparks

上映日:2012年12月15日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.8

「ルビー・スパークス」に投稿された感想・評価

ななほ

ななほの感想・評価

4.0
おもしろい!!ルビーはどうやって現れた??ってだけ謎やけど、すごい良い終わり方するから満足😇途中狂気みありすぎて怖かったけどそれも含めて面白かった!!
mayu

mayuの感想・評価

4.0
3回目の鑑賞 可愛くて好きな作品

「ヘタでもいい?」

「ヘタなのがいい」
tina

tinaの感想・評価

-
栗色の髪の毛、白いワンピースにカラータイツ、うーーーーんツボ!!!
Hoshiduru

Hoshiduruの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ルビーが最高にキュートなのに絶妙に”ぼくの理想”っていう個人的な枠を乗り越えない感じが良かった〜。

ルビーの内面で彼女の中での辻褄が合わせられてたんだろうか。ルビーしんどかったろうな。ルビーはカルヴィンを満たすための存在じゃなくて、ルビーだから。カルヴィンがルビーを消そうとしたらどうしよう、ってずっとどこかで思ってて、だからルビーをどうにか自分好みに変えようとする姿は、傲慢だけどまだただの所有欲が強すぎる男、で良かったと思う(良くない)

これはルビーの解放の物語であって欲しい、って前半観てて思い始めたから、倦怠期で煌めきが見えて、カルヴィンの努力で息が詰まって、ラストで安心して息をついた。

カルヴィンはただの幼いメンヘラの様で自分勝手で、気持ち悪いのに共感してしまう感じが全身掻き毟りたくなる。
主人公が書いた小説から出てきた女性とのラブストーリー。タイプライターで打ち込んだ内容通りにその彼女が振る舞うというファンタジーな設定。
記憶はしっかり残っている、ラストはこれしか無いね。
gomashio

gomashioの感想・評価

3.3
ルビーに色々カミングアウトしてからの展開が狂気にみちててよかった。
ラストは別人格のルビーなのかまったく別の人なのかよくわからない。
ラノベでありそうな感じ。
YUNA

YUNAの感想・評価

-
これぞまさに想像の産物。
思い通りにならないこと。
それが人間を人間たらしめるのですね。
人間関係はものすごく微妙なバランスで成り立っていることが大半。
理想だけではどうにもできないことにきちんと目を向けることが大切。

言うまでもなく
ポール・ダノ
ゾーイ・カザン
の演技がひかる作品でした。
誰だってカルヴィンでありルビーでもある ちょっとした嫌がらせこそが人間たらしめる?!
他者は自分の思い通りにならないから
悲しいし苦しい。
でもだからこそ
共感できたら嬉しくて楽しくて
予想できないくらい愛せたり愛されたり
するんだよね。

ルビーが可愛くってかわいくて
私も恋してしまいそうだった。
こんな可愛い子が脚本も書いてるなんて
感激!!

インテリアや景色もとっても素敵で
お洒落で
とっておきにしたくなる映画に出会えた気分♪
araara

araaraの感想・評価

4.1
なんだこの人知らなかった。
脚本製作総指揮主演全部やってんのか。
最高じゃない。
すごい上手だった。
ゾーイカザン
蒼井優だわ。
>|