her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価・動画配信

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

お

おの感想・評価

3.8
だいぶ前に!
近未来な話なのに、映像が懐かしい感じで好きだった!
所々心苦しくなる
Kie

Kieの感想・評価

4.0
朝から何故だか無性にサマンサの声が聴きたい日があるくらい、魅了されてしまった映画🤍
Furuyama

Furuyamaの感想・評価

4.0
近未来のロサンゼルスを舞台に、AIに恋心を抱いていく男性を描く。こういうSF的でもある恋愛映画は新鮮さもあり面白かった。人の心の中など分からないし、分からないならいっそのこと個人に最適化されたOSと恋愛する方がいいという帰結は、人間を計算可能な存在として解き明かそうとする世の中の流れと通じるものがある。遠くない未来に起こりうるかも、と思った。
記録。
林原めぐみ(スカーレットヨハンソン)の声が素晴らしい。
色遣いがお洒落。
近い未来、AIとの恋愛を選ぶ人が出てきてもおかしくないなと思った。
すき。最高。
美術やカラーも素敵。少し先の未来感がたまんない。ウキウキする!

これは吹替えのがいいと思う。
メールとか情報を音声で認識していくわけだから、字幕にするとまた文字を読むから時代に逆行していて没入感薄まるかんじ。
定番の林原めぐみだしね。
haramouth

haramouthの感想・評価

3.5
手紙の代筆を生業にする孤独な主人公っていう設定、どんな天才が思いつくのやら…!
舞台は近未来。未来って往々にして無機質に描かれがちだけど、ピンク色を中心としたポップな色合いで溢れててテンションあがる。おしゃれ。おしゃれ。だけど勿論おしゃれだけじゃない。

愛ってなんだろ?AIに対する愛は愛じゃない?三次元の肉体と、愛とは切り離せないものなのだろうか?肉体無しの愛に挑んだ結末とは…?

観賞後は何やら感情ぐちゃぐちゃで、涙ながれっぱなし。
すべての独り身の感情をゆさぶってくる作品!…苦笑涙
AYA

AYAの感想・評価

3.0
記録

これPG12なのか、、
いろいろアウトな気がするんだけど。

もっとプラトニックな切ない物語を想像してたから、生々しくてびっくりした 笑
ま

まの感想・評価

4.3
個人的に部屋の窓から見える朝の景色とかいいなって思った、そういう部屋に住みたい
ストーリーは切ない、こういうAI身近にいたら好きになったりするんかも
Megoma

Megomaの感想・評価

3.5
スカーレットヨハンソンのハスキーボイスが魅力的すぎる。少しきついテーマやけど、おしゃれ映画
私もあのちっちゃいPCほしいー
>|