her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

YUSUKE

YUSUKEの感想・評価

-
世界観ちょー好き
レビュー思ったより低くて悲しい笑
最後は前向けたからよかったと思いたい
OSも人間も変化するのです
butasu

butasuの感想・評価

4.0
観る前に持っていたイメージは、モテない地味な男がPCに恋をした結果成長する…みたいなつまらなそうな恋愛ものだったので、正直敬遠していた。しかし実際には人と付き合うことの奥深さを丁寧に描いた良い映画だった。この映画から伝わる大きなメッセージは2つあると思っていて、一つは「何が幸せなのかはその人の主観で決まることである(ジュースの会話!)」、もう一つは「好きな人が自分の手を離れて成長していってしまうのを受け入れることはとても難しい、でもそれが相手を思いやる愛の形かも」といったことである。正直イチャイチャしてるだけとか退屈なシーンは多かったが、終盤の展開で一気に目が覚めた。こんなに深いテーマを内包した作品だったとは…食わず嫌いは良くないと思い知った。あとホアキン・フェニックスには最初全然気が付かなかった…。
nanacoo

nanacooの感想・評価

3.6
哲学難しい🥺

別居中の夫セオドアが、人工知能のサマンサと恋をするお話。

人工知能は進化し続ける。
人間は進化と停滞を繰り返す。

そして、人間もその場に居続けることはできない。気持ちは変化し続ける。

この上のメッセージをずっと考えてしまいます。過去の恋を引きずるのは良くないけど、実際私もセオドアの気持ちが理解できたし自分も相手に押し付けるばかりの人間なのではないか、、と思ってしまう。
人工知能との恋を通して、自分の気持ちに向き合うって、、、五年前の話にしては凄い進んでるなぁ
異種生物間での恋愛はやっぱええのぅ…。
感情でさえもプログラムなのかって悩む言葉出てきた時とか、すっごいギュって胸締め付けられた。
そうなんだよな。愛はどんな形でもいいとはいえ、どこかで壁は現れるのよね。でも、それ人間でも同じか。
AIとして成長のみし続ける彼女と、常に前に進むことはできない人間。そうやってただただ開いていく、どうしようもない差。好き。
最後、切なさの中にある前向きな気持ちがあるじゃないですか。そんでそこから入っていくエンドロールの曲がすっげぇ身に沁みますね〜。
あ〜、ダメだ。今日はいつもに増して散文的だ。でもほんまに良かった。そしてAIが相手ってなんか悪くないかもと思っている自分が今いる。
Rika

Rikaの感想・評価

2.5
スカーレットヨハンソン声セクシーやなあ
いろんな愛の形があるってことやろうけど、けど、なあ、、、て思った
もっかい見よかな
nana

nanaの感想・評価

4.2
愛はいろんな形があって、型にはめようとするからいびつになっていくんだなーと。いわずもがなですが、スカーレットヨハンソンの声がセクシー。
愛は超越することができるんだな
本当に形のない、言葉にもならない、素晴らしい感情が何もないところから生まれる奇跡を不思議に思うことしかできない

なにかを感じれることだけでとても幸せで生きた価値はあるな
GIZ

GIZの感想・評価

3.5
静かで淡々と進む中に、きちんとした心理描写と情景が描かれていて、自然と引き込まれて観てしまった。
AIというもはや完全な夢見事でもない近未来のシステムや出来事と、人間ならではの感情と愛情というテーマを上手く表現されていると感じた。
現実のように愛情には様々な形があり、それ自体が素晴らしいものなんだと思わされた。
ma

maの感想・評価

3.2
500日のサマー、エターナルサンシャインと同様、本当に個人的にだけど、期待以上ではなかった
もっと色彩とか、音とか、そこに注目しておけばよかった…
Coco

Cocoの感想・評価

3.7
AIと恋愛できちゃう時代が来てしまったのか…良いような悪いようなという気がしてしまいますが、この作品を観ると人の心を救って暖かい気持ちを保つことができるので悪いことばかりではないのかも✨とも思えました!賛否両論でしょうが映画を通して色々とお勉強になりますね🙆‍♀️笑
>|