her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカー…

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会う。出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど“彼女”は、驚くほど個性的で、繊細で、セクシーで、クレバー。セオドアは次第に“彼女”と仲良くなっていき、イヤホンで“彼女”と会話をする時間を誰と一緒にいるより自然に、幸せに感じるようになる。仕事中相談をしたり、夜寝る前にささいな会話をして笑いあったり、携帯のなかに“彼女”を持ち出して外出したり旅行をしたり・・・。サマンサにとってもセオドアを通じて見る世界は新鮮で刺激的で、やがて二人は恋に落ちるが――。

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

すごく気になってた映画で、大事に見るタイミングを温めて鑑賞。

それだけに期待値が高すぎたと言うか…

話の内容は理解できた気がする。

写真の代わりに音楽を2人で作ったのはすごくよかったな。

すごく最後は哲学的な話になっちゃったね。

私がもし、AIだったら。

私がもし、AIを愛してしまったら。
ゆく

ゆくの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

全部が、あとちょっとで身近な現実になりそうなことばかりで、共感しまくりだった。だからこそ終盤は切なかった。
人間も機械も、愛は共通してるけどその定義とか自由さは全然違ってて、これから分かり合える未来は来るのか、それともずっと分かり合えないのか、みたいなことが頭の中を巡った🤔
人とは別れても、同じ空の下や魂やそういうもので繋がってる、だからメッセージを送る。って解釈や考え方はすでに存在するけど、AIと別れた時の切なさや愛はどう伝えたら本人が消化できるんだろう。その解釈もこれから生まれるのかな。
Kotone

Kotoneの感想・評価

3.5
現代とどこか繋がった、狂った世界の話

サマンサの少し掠れたような声が、人間味を出しててよかった




サマーウォーズを思い出した
機械に 知りたい という気持ちを与えただけだっていうセリフ
Kensuke

Kensukeの感想・評価

3.9
割と評価は分かれているみたいだけど、個人的には良かった。

丁度良い未来感。
バックトゥザフューチャーやブレードランナーの様なかなり先の未来も面白いけど、10年くらい?と思われる未来が楽しかった。

自我や感情を持ったAIがまだ体を持っていない事もリアルな気がしたし、作曲をしてくれたり、自分を完全に肯定してくれる存在なら生身の人間よりもそっちへ行ってしまうのも分かるし、でも絶対に触れ合えない事で満たされない矛盾もリアルだった。

ケチをつけるならいくらでもつけられる設定に挑んだスパイクジョーンズに感謝。
もぎ

もぎの感想・評価

3.3
つら…と思ってたら意外とあっさり…
スカヨハのハスキーな声が心地いいな〜
おもしろかった。トントンと話が進むのが良かった。
シン

シンの感想・評価

3.5
途中までは面白く、サマンサの吹き替えの林原めぐみさんがとても魅力的だった。
最後が少し無理やりというかしっくりいかなかったのが残念。雰囲気は良い。
ukan

ukanの感想・評価

4.5
淡々とストーリーが進んでいく
機械との関わり方を考えるためにも多くの示唆を与えてくれる
大都会で高層マンションに住み、不自由無い生活を送っているが、何か満たされない主人公セオドアと、人工知能彼女サマンサの恋の行く末について、独特な世界観が描かれている。

もどかしく、歯痒い恋の結末はどうなるの?!という思いで、応援しながら観ました。

スカーレット・ヨハンソンをセクシーと思うのは、外見やスタイルによるものだけでなく、声も大きな要因の一つなんだなと感じた。

スパイク・ジョーンズ監督作品を久々に鑑賞。「マルコビッチの穴」などの作品にも現れているが、独特の雰囲気が終始流れている。
人工知能との恋。あるわ〜って思った。
姿かたちを見ずとも恋に落ちる。自分ならあると思う。
一緒に笑ったり同じ景色見たり、時には喧嘩もする。そんな相手がいたらいいなぁと思った。
とまと

とまとの感想・評価

4.5
家のなかにAIが増えてきたので鑑賞。

サウンドトラックは受験生時代に勉強するときいつも聞いてて、the moon songは弾き語るぐらい好き(映画早く見ろよ)Arcade Fire好きだからね

ディベートで「人間とまったく変わらないロボットとの恋愛はどうか」、みたいなこと論じたりするときに思うけど、直感的に反論しようとしたりするけど、なかなか強い反対できないんだよね 恋愛に求めるものって喜びだから、子供ができない、作らないカップルもいるわけだから、そういうのは基準にならないじゃん? ってなるとやっぱ否定するのむずい。
ロボットはあれだけどAIはデータのみってとこが大きいかな。

そして、この映画の美術担当だれ。美術やべえ。なんでこんな社会主義みたいに見えるんだろうって見てたけど服が柄物着てる人とかいなくてそれだわ。半透明のガラス板とかそこらへんの色使いに2013年の流行りの美的感覚も感じるしなんかめっちゃいい。
てかあのゲームほしい、「可哀想なくそ野郎」と宇宙船探すやつ。

ジョークも面白いし
センスが映画の節々から洗練されてるのが感じられて心地いい
ていうか、やっぱArcade Fire最高だな(エンドロール二曲目Super Symmetry聞きながら書いてる)
>|