美しすぎる母の作品情報・感想・評価・動画配信

「美しすぎる母」に投稿された感想・評価

Miko

Mikoの感想・評価

2.5
家族、という一生逃れられない関係。
その呪縛から解放される為にはどうしたらいいのか悩む作品。

実話というにはあまりにもショッキングな内容の今作。
殺人、裏切り、見栄、近親相姦など人間の負の感情を凝縮した作品なので観る前には注意したほうがいいかもしれない。

エディ・レッドメインさん、垢抜けたなぁ。
というのが今作一番の感想。
2007年の作品らしく初々しいエディ・レッドメインさんが見れる。
美しいのは確かなんだけど、磨かれて今現在の美貌というのを考えると凄いなと思うばかり。
そして、やはり怪演をしてくださるジュリアン・ムーアさん。
歳を取って昔の格好が似合わなくなっている様、痛々しさまでも演じてしまえるの素敵。

ストーリーはなんだか単調でメリハリがない。
とても詩的に表現されているのが浮いている感じがする。
精神がオカシイ様だったり、狂気に至る様子だったりが描かれていないので魅せられない。
もう少し脚色してもいいと思うから面白くしてもらいたかった。

アントニー(エディ・レッドメインさん)が母(ジュリアン・ムーアさん)に向ける相反した想い。
憎らしいが愛おしい、愛おしいが憎らしい。
その想いは感じられた。

家族、というものは恐ろしい。
恋愛して結婚、セックスして子供が出来る。
子供が出来てママになりパパになる。
ありふれた、平凡な流れだけれど、どこかのピースがイカレていれば破滅する。
一度、家族という社会の在り方を考える必要があると思う。

ストーリー : ★★☆☆☆
映像 : ★★★☆☆
設定 : ★★★☆☆
キャスト: ★★★☆☆
メッセージ性 : ★☆☆☆☆
感情移入・共感 : ☆☆☆☆☆
annie

annieの感想・評価

3.4
エディレッドメインみたさに。
え、実話?
なにこれどういう展開となるんだけど、
実話でさらにビックリ。

美し過ぎる母と美し過ぎる息子。
寿都

寿都の感想・評価

-
センセーショナルな事件をベースにしているにもかかわらず、気取りすぎていておしゃれエロティック映画になってしまい面白みがなかった。ネット記事(世界の猟奇殺人者wだいすきw)を読んだ方が断然面白い。でも他の人はショックを受けているので、私が悪趣味耐性をつけすぎているのか?

美しいだけでサヴェージでもなんでもないジュリアンムーア。ジュリアンムーアってこういう変な女の役が多いけど、私にはそれが無理をしてるように見えて仕方ないのだけどわかる人いる?たぶんおっとり可愛らしい人なんや…
18

18の感想・評価

3.0
狂いすぎてて逆に感心するレベル。実際のエピソード調べたらさらに狂ってた…
ジュリアンムーア様とヒューダンシーとエディ見れたからまぁええか…🤔
rikkorason

rikkorasonの感想・評価

3.0
これ実話なのね。
凄いなあの一言。
さすがに親子はなあ。あれは屈折するよ、子供おかしくなるよ。
それでも映画だからかすごい嫌悪感とかはなかったし客観的に見られたかな。
YUKI

YUKIの感想・評価

3.7
旦那は金ちゃうし子どもはアクセサリーちゃうぞって言いたい
これ実話は辛いな
anguish

anguishの感想・評価

1.4
実話に基づく

☆トニー(アントニー)視点の母バーバラ・ベークランドとの25年間。エピソードの集合体で場面が変わるといつの間にか状態で説明的なものはなく見せられたもので理解していかなければならない。好き嫌いがハッキリしそう、特にラストの秘め事は嫌悪感を示す人もいそうなので注意、私は楽しめなかった。

20171025
世の中には男も女も無数にいるのに、なんて狭すぎる世界なんだろう…
映画だから、道徳云々を言うつもりはないけど、いくら美しく作ろうとも、これはあかんヤツ。 
夫婦の流れは理解出来る。だけど親子に至っては、どうして、そうなったかの必要性がなさすぎる。どうしても、の部分が見えなくて、全く伝わらなかった。
でも、これ、実話ベースなんだと… 
こんな家族もいるよねって、笑い飛ばす余裕はない。母親なので。
サ

サの感想・評価

3.0
難しい
バーバラの愛情とトニーの大人びた幼稚さが交じっているようで決して交わらない感じが苦い
…つまり難しい

このレビューはネタバレを含みます

ひたすら美しい映画でした…
評価は低いみたいですが、私はこういう美しくて陰鬱で救いがない映画は大好きです。そのうえ実話とくれば、大好物です。
とにかく最初から最後まで美しい。あんな美しく人を殺せますか…?死体の横でビーフン食べてるなんてどう考えてもギャグみたいなのに、めちゃくちゃ美しい。チャーハン大盛り頼んでも美しい。
死体を膝に乗せるなんてグロか狂気かしかあり得ないシーンでも美しい。
とにかく終始美しい、本当に美しすぎる母。
母と息子があまりにも美しすぎて、父親はついていけなかったのかな…
端的に言ってしまえばマザコン息子が自己愛の強い母親について語り、最後は殺してしまう話なんですが。とにかく美しくて美しくて、音楽もとても心地良くて、やってることめちゃくちゃなのにヒーリング効果というか、癒されるというか…この映画を見た後は自分の世界に没入できる不思議な感覚でした。
余談ですが、父親の曾祖父がプラスチックの元を発見した人だそうで。まさかひ孫がビニール袋かぶって自殺するなんて思わなかっただろうなあと。
美しくはないんですが、実話なのにあまりに悲劇的で惹きつけられてしまいました。
>|