美しすぎる母の作品情報・感想・評価・動画配信

『美しすぎる母』に投稿された感想・評価

ST

STの感想・評価

3.1
母親の愛情は子を生かす事も、壊す事も容易い

偏っていく愛の結末が恐ろしかった
SEI

SEIの感想・評価

3.5
途中、いやまさかそんな事にはならんよな…と思っていた事が起きてしまうという…
バーバラがいわゆる毒親かというと、そうとも言いきれない所がなんとも歯がゆい
息子のこと愛してて、理解もしてるんだけど…まぁこれ実話のようなので、きっと実際にはもっとハードな関係性だったんでしょうね
美しすぎる母というタイトルですが、エディ・レッドメインもすごく美しいのでファンは絶対見た方が良いです
haramouth

haramouthの感想・評価

3.3
ある家族の地獄の実話、けれど物語の筆致はどこまでも美しくて…。

他人の家の話だし、物語を覆う陰鬱さと哀しい結末にはやるせなさしかないんだけど
ヨーロッパの明るい光と、なにより美しいキャストがいつまでも目の奥に残る。

この世のものとは思われないくらい美しいMénage à trois を見ることができる。
美しすぎる母(ジュリアンムーア)とその半身のような息子(エディレッドメイン)、母のゲイ友(ヒューダンシー)の同衾シーン、白目剥いちゃうくらい神々しいんだから…。


どうでもいい話ー
最近わたくしの語彙に仲間入りしたMénage à trois、直訳すると三人婚、すなわちthreesome…
かねてから3Pってなんか品のない言葉だよなーと思っていたので、この舌触りの良い言葉に出会えて嬉しい。これから積極的に使っていこう(いつ)。
ちなみにマッツミケルセンのインタビュー動画で知ったこのワード。ヒューダンシー選手、ドラマハンニバルでもMénage à troisの渦中にいらっしたもんで。
mia

miaの感想・評価

3.2

エディがこの作品の話をしてたので気になって鑑賞😌
確かに悪役のイメージは全く無いから新鮮かも。グッド・ナースはガチガチに悪役ぽいから楽しみ。

本作は、母親の歪んだ愛情と強欲そして身勝手さが相まった結果がもたらした悲劇の話。

そもそも母親がああなった理由も遡れば祖母にあるかもしれないし、旦那のしてることも最低でこの中でマシなのトニーくらいでは…。

面上だけだと内容があまりに薄いので、ずっと同じシーン繰り返し観てる気分だった。あと突発的な描写が多いのがフランス映画ぽいかも。

そして白馬に乗ってるエディがこの作品て知らなかった🥺 この頃もほんと演技が素晴らしくて、はにかんだ表情とかちょっとグレてる仕草、甘えたい様な顔とかどこを取っても良すぎた。そうえば同悪役の話でロッテントマトに5%の作品が存在することに驚いた…
Kaedra

Kaedraの感想・評価

2.0
エディ•レッドメインが出ていたので鑑賞。容姿がとにかく美しい。途中、飽き飽きして、あーフランス映画っぽい。。と嫌気がさしたが衝撃的な展開に。我慢して最後まで見た甲斐があった!!

このレビューはネタバレを含みます

エディ・レッドメインがひたすら美しい映画。あまりのビジュの良さに何回か声出た。
ストーリー自体はわかりにくいというか置いてけぼり食らってる感じだった。心の声聞いてても流れがわかりにくい…。
最後の最後に実話だと知って心がやられた。そして、だからストーリーが掴みどころない感じになっちゃってるんだなーと腑に落ちた。
首輪探すシーンくらいからラストにかけてがすごく良かった。トニーの首輪を握りしめて泣きながら親指を吸う退行した姿と、死んだ母を大事に膝に乗せてる姿、警官に見つかった時の安堵したような顔がそれぞれ印象的。
タバコの煙を共有するシーンがセクシーで好きだったな。
あお

あおの感想・評価

3.2
U-NEXT登録後、最初に見る作品はこれ!と決めていました。体感8割セックス。
父に愛されず、母にも真の愛情をもらえず、性的指向を「矯正」され、宝物は隠される。そりゃ狂うよ、というかんじなんだが、これが実話を基にした話というのだから恐ろしい。涙を浮かべながら宝物を握りしめ親指を咥えるアントニーの姿が、年齢から乖離していて痛々しい。登場人物のほとんどが最悪だが、アントニーだけはとにかくかわいそうに思えてしまう。もちろん善人ではないが、どう考えても環境にも要因があるだろう。話が進むにつれどんどん悪い方向にいくんだろうな、という予感がそのまま的中した感覚。わかっていたけれどつらいし悲しい。画面上は役者の容姿だけが救いです。

それはそうと、やや高い声で線が細く儚げなエディの妖艶さたるや。エディの顔がめちゃくちゃ好みかというとそうでもないはずなのに、圧倒的な美に思えてならない。若さゆえの危うげな雰囲気と、すさまじい演技(やはりエディは芝居がうまい!)のコンボでさながら動く宗教画か?というような気持ちになってしまう。その容姿で白馬に乗るな!タバコをくゆらせるな!美の暴力!とおたく人格が騒ぎ立てている。もうむしろ美しすぎる息子とかでいいんじゃないですかね、題名……
okappa

okappaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

まず若いエディ・レッドメインの美しさに驚きます。エディとヒュー・ダンシーのキスシーンを観ることができ、全体的に幻想的な雰囲気があるので不思議と美しく見えます。「美しすぎる母」という邦題ですが、全体的には息子が中心です。実話ベースで、執拗に自分に執着する母親の元で段々と彼が狂っていく様を淡々と眺める作品です。序盤はまだ純粋さが見えるが、段々と歪み壊れ虚になっていき、殺人に至るまでをエディの演技で楽しめます。
ゆ

ゆの感想・評価

2.9
どんどん八方塞がりになっていくというか、救いようがない方へジリジリと落ちていく退廃的な雰囲気は感じられたけど、霞を掴むような感じでいまひとつ何も伝わってこなかった。
まぁそりゃトニー狂っちまうよな。
みんな自分のことばっかりで誰も相手のことを信用してないし愛してないよなぁと思った。
観賞後に事件について少し調べてみたらスッと納得できる点が多かった。
エディがあんまりにも美しくて息が止まるかと思いました。あんなに美しい人間がいるのか…。共感とか感動できるポイントはないし、理解できない世界観だけど、エディのビジュアルだけでも見る価値ありました。すんません薄情で…。
-------後半にネタバレ含む考察あり-------

ベークランド事件という実際に起きた
一流家庭の母が息子に殺されるという内容を
映画化した作品。

「美しすぎる母」とあるが、母を殺害した主人公トニーが、決して母だけの影響を受けて
このような事件を起こしたのではないと思う。

父の存在や出会った恋人、生まれた環境
全てにおいて彼を根の部分から解放するような状況に一度でもならなかったのかなと。

確かに言われている通り、映画としてはつまらない部分は多いです。
少し気取った撮り方をしすぎているせいか
字幕では追いつきづらい用語ばかりです。
母にフォーカスを当てすぎているかなとも思いました。(題名が題名なのが仕方ないし殺されたのは母なので致し方なし)

⚠️ここからはネタバレ考察⚠️

同性愛者であることを否定され続ける挙句に父は自分の恋した女性と不倫。
母には性的対象として弄ばれ、自分もそれを受け入れる始末。

なすがまま、なされるまま生きてきた彼にとって母を殺すという行為は家族の呪縛からの解放であり長く続いた緊張の途切れだったのであろう。

死んだ愛犬の首輪を母に隠された(もしくは捨てられた)と勘違いし、口論の末殺害。
この末路だって、母を信用する心を持てなかった結果であり"愛犬"という唯一心安らいだ子供の頃の思い出にしがみ付いている証拠だと思う。

最終的にトニーは祖母であるニニに引き取られたが、娘を殺した犯人とよくも同じ屋根の下暮らせるなと...
ニニ自身も自分の娘の異常性には気がついていたのか?
>|

あなたにおすすめの記事