ヴィオレッタの作品情報・感想・評価

ヴィオレッタ2011年製作の映画)

My Little Princess

上映日:2014年05月10日

製作国:

上映時間:106分

3.6

あらすじ

女流写真家の母アンナ(イザベル・ユペール)は仕事で滅多に家に帰ってこず、母の愛情を求める娘のヴィオレッタ(アナマリア・バルトロメイ)は優しい祖母に育てられながら母の帰りを待つ。ある日、突然帰ってきたアンナは、ヴィオレッタを写真のモデルへと誘う。母親に気に入られたいヴィオレッタはモデルになる事を決心。しかし、アンナの要求は徐々にエスカレートし、大胆なカットを要求される。最初はごく普通のあどけない少…

女流写真家の母アンナ(イザベル・ユペール)は仕事で滅多に家に帰ってこず、母の愛情を求める娘のヴィオレッタ(アナマリア・バルトロメイ)は優しい祖母に育てられながら母の帰りを待つ。ある日、突然帰ってきたアンナは、ヴィオレッタを写真のモデルへと誘う。母親に気に入られたいヴィオレッタはモデルになる事を決心。しかし、アンナの要求は徐々にエスカレートし、大胆なカットを要求される。最初はごく普通のあどけない少女だったが煌びやかな衣装とメイクで次第に大人の女の色香を漂わせ、退廃的な少女に変貌していく・・・

「ヴィオレッタ」に投稿された感想・評価

壺尊師

壺尊師の感想・評価

3.6
ヴィオレッタ役の少女が本当に美しい!
なんでも監督自身の実話だとか。
ちょいちょいシュールな表現があって面白い。ザ・フランス映画です。
芸術家の母親が表現という形でしか娘を愛せない。娘にはその愛が伝わらず、だんだん壊れていく様が悲しい。
エキセントリックで好きです。

このレビューはネタバレを含みます

「芸術のため」写真家である母の過激な要求に応じるヴィオレッタ。愛されたい、大人になりたい、そう思っていたが次第に社会の、求めるもの、大人の醜さを理解してゆく。
醜い大人(母)の「愛」という仮面をかぶった欲望を身に受け、理解し、離れる。支配の生まれやすい関係だからこそ起きた悲劇である。

写真は暴力だ。
ヴィオレッタが永遠に綺麗だった。生きてる芸術。
ただ所々理解しがたい展開が・・・
竹馬

竹馬の感想・評価

4.0
本気で美しい!!!!母親の狂気感が仕方ないかもってほど美しいからふつうにこわかった、全部やんわり理解した
yu

yuの感想・評価

4.8
美しすぎるが故に子どもの愛し方をわからなくなってしまった母親。
周りを巻き込み、惑い惑わされ墜ちて逝く作品。
衣装美術が本当に好き。神。
ヴィオレッタにはいつか幸せが来るのだろうか。
ブランドの髪の毛、奇抜な色の似合う顔立ち、白い肌、まっすぐな足。少女でも女性でもないヴィオレッタはなんて美しいんだろう。

ただ、私はフランス映画を見るたびに、登場人物の心情やわずかな揺らぎを感じ取ることができずに苦しめられます。特に、怒りの感情。それまで静かだったのに爆発したように突然怒り出す描写はいつも置いていかれてしまうし、日本人の心の機微とわずかに異なる部分なのかなと思いながら見てしまいます。
ちらみ

ちらみの感想・評価

3.5
写真を通してしか娘を愛せない母親
母親も愛が欲しかったんだろうなあ
愛され方を知らないから愛せない

観覧車のシーンの「近親相姦ってなに?」「ママとわたしだね」が印象的だった
maverick

maverickの感想・評価

3.7
フランス映画らしいアートで美しく、それでいて過激でショッキングな内容。少女役の子の美しさには男女年齢問わずに目を奪われるだろう。母親の愛情を求める少女は初めのうちは純粋で可愛らしい。写真の被写体にしてもらえて喜ぶが、次第に母親の要求はエスカレート。その行為が嫌なのと単に母親に利用されているだけと感じ、愛情への飢えが満たされない彼女は自暴自棄になり病んでいく。初めは純粋で可憐な少女が、母親の影響も受け、やけに大人びた官能的なフェロモンを撒き散らす女へと変貌する。その様はぞっとするような怖さ。でもどんなに大人びて見せて母親を嫌悪しても、内にあるのは母親の愛情を求める子供。母親も彼女なりに娘を愛しているが、母としてよりもアーティストとしての自分が前に出てしまう。アーティストとしての言動は間違ってはいないだろうが、子供が親に求める姿とはかけ離れすぎている。さすが当事者(主人公の少女は監督の幼少期の姿)から見た作品になっているなと感じた。母が娘の裸をというのがセンセーショナルな内容だが、描かれているのは親子の愛情問題。深いい話でした。
娘の美しさが母親を狂わせる…
だけじゃない、人間心理が織り込まれてます。
胡散臭い、悪意ある大人が多数登場するように見えて、大半が実は善人な気がします。
日本では何故か余り評価されてないのかな?
ヴィオレッタの儚げで危うい美しさとファッションは必見です。

とりあえず観終わったら思う筈
『バアバ…😭』
まさば

まさばの感想・評価

3.5
ヴィオレッタがあまりにも美しい。破滅の過程がゾワゾワするけどヴィオレッタが綺麗で目が離せない。
母親は狂ってるし、母に愛されたいヴィオレッタも狂っていく。
あの中で唯一の救いがきっとおばあちゃん。アンナもヴィオレッタを愛してただろうけど、愛し方がおばあちゃんと違うし、自分を大事に思う気持ちの上にヴィオレッタを愛する気持ちがあったんだろうな。
最後にヴィオレッタが、母のいない世界で生きていくシーン、一見自由を得て幸せそうだったけど、はてして本当に幸せなのか…?モヤモヤした。
>|