アベンジャーズのネタバレレビュー・内容・結末

アベンジャーズ2012年製作の映画)

THE AVENGERS

製作国:

上映時間:144分

3.8

「アベンジャーズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ワ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜イ!!!!!!!!!!!!ロキだあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!(5歳の少年のように目を輝かせながら)
雷鳴った瞬間もソーだあ!!!!(5歳児)ってなった雷様ァ〜〜〜好き〜〜〜〜着地がかっこいい
雷が怖いのか?って言われて雷の後に来るやつだよってロキが可愛い
ソー丸くなったと思ったらそうでもなかったけど、相変わらずロキを放っておけない憎めない説得したい信じたい。ほんと兄弟無理尊い〜〜〜〜
ソーはあれだけロキにやられても悪戯の過ぎた手のかかる弟だ俺が面倒みてやらないととか思ってそうでめっちゃかわいい。何されても可愛い弟としか思ってなさそうでもはやちょっと可哀想だけどかわいいお兄ちゃん

得体のしれないやついっぱい出てくる(意外とアベンジャーズ系ヴィランエイリアンみある)し、今までの4種類5作品を一気に集結させたから追いつくの1時間半くらいかかったけど、ブルースが来て皆集まって円になるとこ、ほんとワシは背中合わせに弱いから泣かせないでくれMCU
集団ヒーローものは戦闘シーンの中のちょっとした台詞が激エモオブザイヤー


ナターシャ!ロマノフ!ほんとかっこいい!!かっこいい美女大好き!!特別な能力はないけど充分すぎるくらい強いよ!!好き!!顔が!!
やっぱり守りたいのは市民なキャップスティーブ、咄嗟にナターシャをかばったのほんとスタンディングオベーション👏👏👏👏(ネイティヴの発音で) ただ人よりムキムキで良い盾を持ってるだけでほぼ普通の人間だけど、中身がとにかくどヒーローだしどキャプテン!!
トニーのキャラクター全然好きになれなかったけどこれでかなり変わったかも 憎めないおじさんかもね いや普通に人の為に無茶出来るんじゃんよ
ハルクはインクレディブルハルク観てるか観てないかで見る目全く変わる気がするから存在感薄いからってスルーしないで観てあげてほしい 俳優ちゃうけど。ロキに下等のバケモンみたいなこと言われて余裕で振り回してPuny God./ チョロい神だなはシュールすぎて笑ったしどさくさに紛れてソーをふっ飛ばすのも笑った

めちゃくちゃすぎて意味わかんなかったけどみんなかっこよかったし良い女拝めるしエモさもあるし楽しかった!
飛び降りつつ放つ矢なり、落下しつつ変身だったり、鬱陶しくない程度のスローモーションだったり。あとそれぞれが戦ってるところ全部1カットに納めてるところ何回も観たくなる!長丁場な戦闘シーンの中でもメリハリがあって飽きなかった!

あと全部は理解しきれなかったけど細かい台詞にも意味がありそうな感じ フェイズ2への準備みたいなのは映画のシリーズとしての意味もあるのかね??
お決まりのエンドロール後は…??って期待してたらこれは良い意味で裏切られて電車でフッって笑ってしまった

とりあえずやっとフェイズ1完走!
目指せ激強ブランシェット!!
これぞヒーロー映画という感じ。
今まで温めてきた物を存分に使ってとんでもない映画を作ったなという印象です。
数あるMCU作品の中でもトップクラスに好きです。





「僕の秘密を教えようか?
いつも怒ってる」
↑MCUで一番好きなセリフです
テレビで見て8割シナリオ知ってたけど、登場するヒーローの映画を経て改めて観ると感動が段違い。初見時と違って全部のシーンが面白い。
さっさとヒーロー集めてこいよと思ってたシーンは、ヒーローがそれぞれ出てくる度にアガる。
うっとおしいと思ってた喧嘩シーンは、それぞれのキャラの個性よく出てて笑っちゃう。
誰このおっさんと思ってたコールソン死亡シーンは、危うく泣きかけるほどの衝撃受けた。
それぞれの単体作品観てこその作品だった。

個人的に今作で一番よかったのは断然ハルク。
インクレディブルハルクは「ハルクになりたくないけどハルクを倒すには自分がハルクになるしかない」っていう諦念混じりの覚悟で戦ったけど、今回は仲間がいるからそういった諦念もなく率先してハルクになって戦えたから本当に気持ちいい。やっぱりインクレディブルハルクはアベンジャーズの前フリの作品としては完璧だった。
奇跡のドリームチーム結成。

トニー・スタークをはじめ、大好きなヒーローがチームを組む。
それだけで失神寸前です。

ロキが新たな力を手に入れキューブを奪うべく来襲。
まさかのホークアイまで敵の手。

そんな中、満を持して動き出すアベンジャーズ計画。

しかし、個性派ぞろいのメンバーがそう簡単にまとまるはずもなく…

そんなメンバーが結束するきっかけ、ロキの策略で払わされた大き過ぎる代償。
そのシーンがショッキング。

それすら利用し、ただでは転ばないニック・フューリー。

それぞれのヒーローが1つの目的の元、手を取り合った時、地球で最強にして最高のチームが結成。

もうメンバーが揃った瞬間はソーの雷に打たれたのかと思うほどの衝撃。

息も絶え絶え正気を取り戻したところにバナー博士の一言。

『僕の秘密を教えようか?、....いつも怒ってる!!』

綺麗に入ってダウン!

10カウント前になんとか立ち上がったがヒザがガクガク、

そこに的確な指示のラッシュを出すキャプテン・アメリカ。
個別に指示を出し、最後に

『ハルクは…』


『スマッシュ(暴れろ!)』


もうこんなん立ってられません!

後は白目でピクピクしながら鑑賞。

終始、テンション高めに鑑賞。
テンション高すぎて長文になってしまった。

実に面白い!何度見てもやっぱり好きです!(お気に入りはトニー・スターク!)


エンドロール後の無気力にファストフードを頬張るシーンまで最高‼︎
なめてたーーーおもしろかった!

MCUの最初にこれみたから「アイアンマン意外とおじさん」「キャプテンって
70年間も眠ってたの!?二次大戦中のヒーローなの!?えっこれ本当?」「ソーってなんか服装中世っぽいなって思ってたら惑星違うんだ...」てなったしクリントに至ってはクインジェットで出発するシーンで「えっこのひとヒーローの一員だったんか」ってびっくりした。

好きなのはトニーとクリントとブルースかなあ。ハルクの時より断然ブルースの時の方が好き。

なんか初っ端のトラックの荷台に乗ってるシーンの笑い方からしてロキが小悪党って感じで笑う。

つーかハルク、NYでとか、この後のエイジ・オブ・ウルトロンでは理性あるのに、なんでヘリキャリアではあんなに暴れちゃったの...?ずっと気になってる...。

ナターシャめっちゃかわいいんだけど吹替気になる...でも吹替の方が情報量多いしってジレンマ。

あっあとサントラとか聞くの大好きだから、アベンジャーズのメインテーマ?めっちゃすき。壮大で高まる。

スタークタワーのハイテクな感じとか歩きながらスーツ解除するとことかヘリキャリアでトニーとブルースがぴこぴこホログラムで研究してるとことか未来感かっこいい...。

キャプテンとトニーのスーツを着ろってやりとりすき。
MCUってこーいう小ネタがおもしろいんだなってこれで知ったよ!笑

シャワルマのシーンも好き。疲れ果ててるwてなった笑。
マーベル6作目

ついにアベンジャーズ
おもしろかったー
ロキがちゃんと悪役に成り下がってて笑う
洗脳強すぎなのに博士止められるようにしたのすごい
バートン殴られただけで洗脳からさめるんかい
ハルクの自我の調節できるタイミング謎
ロキ叩きつけるとこ笑った
キャプテンアメリカふつーに人なのに感
アイアンマンかっこいい
ソー早く雷使って欲しかった
コールソン、、、
委員会顔暗すぎ
ハルク制御できてるやないかい。
「それでも神か」はかっこいい。
この映画はマーヴェル・スタジオによるMCUファンのための謂わばお祭り。
それぞれに主題・命題を持った各個別タイトル作品と違い、本作を独立したひとつの映画として観るというのは無粋なもので、アトラクションとして大いに楽しめれば良い。
その期待に応えたという点において、本作は十分な出来栄えだと思う。
後半怒涛のアクションシーン、それぞれのキャラも持ち味を存分に活かした手際のよい展開。前半で描かれた何気ないセリフが、終盤キメゼリフとして活かされる場面、これは燃える!滾る!

ジョス・ウィードン監督は私たち観客が観たがっているものをよく分かっている。
ED後の気まずい食事会はファンならニヤニヤを抑えられないはず。


ロバート・ダウニー・JRは言うまでもなく最高だが、マーク・ラファロのハルクが驚くほどハマっていた。


※追記
廃墟でナターシャを椅子に縛り付けて尋問しようとしていたロシア人スパイ。そんな彼を演じていたのがなんとポーランドの映画監督イエジー・スコリモフスキだったそうで吃驚した!
アベンジャーズにあまり興味なく話半分で(当時携帯いじりながらみてた。)ちゃんと見ていなかったので今回 改めて。


さりげなくキャプアメがナターシャを盾でかばうところ、紳士。素敵。

ハルクがロキを玩具みたいに床に叩きつけて神なんてちょろい感なところ。その後の唖然とした?ロキの顔も含めて好きなシーン。

ロキはロキで駄々っ子なんだなと思うと可愛いくみえてくる。

エンドロール後
地球外生命体の襲撃に勝利したあと、みんなでボロボロのバーガー屋で、「あー疲れたー」って感じでバーガー食べてるのがお気に入り。ひと仕事終えた感 最高。
みんなかっこよすぎ。どうやったら彼らに会える?

最初は初対面やから探り探りやったけど、最後コールソンの死を期に一致団結して敵やっつけるのかっこいい。とくにバナーが「俺はいつも怒ってる」って言いながらハルクになるのはかっこよすぎて声出た。無敵かよ。

ハルクがマーク・ラファロになってた!エドワード・ノートンもいい味出しとったから残念やけど、マーク・ラファロもすごく好き。ハルクのときにちゃんとマークふうな顔になるのもよかった(笑)

すんごいCGやのに、CGに見えんとこがすごいアベンジャーズ……。

今回、またロキが出てきたわけやけど、やっぱり狡猾、やけどバカやなぁ…ってなった。王になりたいのは分かるけど、だからって地球を破壊するのは違う。やられて当然。自分的にはホークアイを洗脳したのがムカムカ!ホークアイとナターシャが戦うのは見たくなかった2人とも無事で良かった。

ワープホールみたいなのができて、そこから敵が次々と侵入してくる中、まだニューヨークに人がおるのに核爆弾投入する政府はほんっとにバカなんじゃないの?普通に国民も殺すつもりやん。その核爆弾をトニーがワープホールみたいなのに入って敵の星に投げるわけやけど、宇宙での人間の無力さが身に染みて分かった。しかもペッパーと電話が繋がらんかったんももどかしかった。

ロキはソーがアスガルドに連れ帰ったけど、アメリカの損害はデカい。またこんな宇宙からの敵がきたら、地球もたんのやないかと思う……。

戦い途中でトニーが「シャワルマ食べたい」って言い出して、戦い終わってみんなで食べに行くの可愛いけど、疲れ切っとるから全然楽しそうじゃないのほんっとに笑った(笑)あれは面白い。

これからどーなるでしょーーー!!
>|