スパイダーマン ホームカミングの作品情報・感想・評価

スパイダーマン ホームカミング2017年製作の映画)

SPIDER-MAN: Homecoming

上映日:2017年08月11日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニューヨーク。15歳のピーター・パーカーはスパイダーマンだ。部活のノリで街を救う、ヒーロー気取りの高校生。そんなピーターの能力を見出し、真のヒーローとしての“道”へと導こうとするのがアイアンマンことトニー・スターク。スタークに新しいスーツまで作ってもらい興奮するピーターは、自分の力を認めてもらおうと街に飛び出す日々。そんなある日、巨大な翼で飛行する怪物が街に突如現れる。ピーターはここぞとばかり、…

ニューヨーク。15歳のピーター・パーカーはスパイダーマンだ。部活のノリで街を救う、ヒーロー気取りの高校生。そんなピーターの能力を見出し、真のヒーローとしての“道”へと導こうとするのがアイアンマンことトニー・スターク。スタークに新しいスーツまで作ってもらい興奮するピーターは、自分の力を認めてもらおうと街に飛び出す日々。そんなある日、巨大な翼で飛行する怪物が街に突如現れる。ピーターはここぞとばかり、ニューヨークの平和のために怪物退治に乗り出そうとするが、スタークに「アベンジャーズに任せておけ」と止められてしまう。「ガキ扱いは、ゴメンだ!」とピーターはその忠告を聞かずに戦いに挑むが―。

「スパイダーマン ホームカミング」に投稿された感想・評価

過去に2度製作されたスパイダーマンも(大人の事情で)marvel studioの傘下に入れるよう再びリメイク。 🕷
(東映が制作した スパイダーマンは敢えて含まない笑)

原作をあまりご存じない方は誰がスパイダーマンのヒロインなのか毎回混乱するかと思いますが、今回も変わります笑
今話題のZENDAYAちゃんもでてます。


3代目のスパイディーは自分がサムライミのスパイダーマンを子供の頃観てた世代なので、今回ちょっと若すぎじゃない?!と思いました。笑

全体的に幼い感じの作りかな。

でもマーベルさんだからスーツもダサくないし、(しかもアイアンマンの腰巾着なだけあってご予算かかってる系のスーツ)

ストーリーも他のキャラクターと絡めてるので相変わらず面白いです。

個人的にはビジュアルで一番スパイダーマンにイメージに近いのはアンドリュー版でしたが、
やっぱり子供向けに作りたいマーベルとしては前回のは少しダークな作りだったんでしょうか…


インフィニティ・ウォーにもまたスパイダーマンが出るので観ておくと楽しさアップだと思います✨
前作がクソだったので、期待以上でした!少しでもトニースタークが出てくるとめっちゃうれしい♪ドローンなどの小物もかわいかったです(*´˘`*)♡今後の活躍が楽しみ。
ash

ashの感想・評価

3.4
MCUの他ヒーローは、一作目では何故特殊能力を手に入れたかの下りがあるけれど、今作は「なんか一回クモにさされて」で省略。そこ説明要ります?って感じかな。ベンおじさんの下りも、今回トニーが父性ポジションだから略。過去シリーズと比べると、一番子供っぽくてかわいいピーター。それにつけてもMCUを観てる前提の一品だなあ
このスパイダーマンのキャラがどうしても好きになれない。軽くて人間に深みがない。
ベンおじさんのストーリーが無いのが最悪。「大いなる力には、大いなる責任が伴う」これがなきゃスパイダーマンとは呼べない。
スパイダーマンの動きがほぼCGでゴム人形見てるみたいで不自然。
スパイダーマンのスーツにアイアンマンのジャービスみたいな機能があるが、スパイダーマンのにこういうのはいらない。

これからもこのスパイダーマンを見ていくと考えると苦痛で仕方がない。

アクションはまあまあ。
キング

キングの感想・評価

5.0
この映画ではアベンジャーズに憧れる少年の話になっております。すごく学生らしく作られていて最高
Aris

Arisの感想・評価

3.6
ついに見た〜!
スパイダーマンが主人公で彼の映画だということはわかっているけれども、ピーターが高校生であること、そしてヒーローとしてもまだ未熟な部分があることが相まってアイアンマンことトニー・スタークが登場すると場面が締まる!なんか親心みたいにホッとする(笑)ちょいちょい登場して楽しませてくれる彼が愛おしい😍スタンリー様も発見したし、これからどうなっていくのか楽しみ!
kou

kouの感想・評価

-
新生スパイディー!
青春真っ只中の未熟のヒーロー
今までにないアベンジャーズ系映画
Diamante

Diamanteの感想・評価

2.8
過去のリブート作と違うのは、マーベルシリーズとスパイダーマン自体を観ている事が絶対条件と、原作のキャラ達が変わりすぎている点があり、主人公の稚拙な言動も含め、個人的には斬新に見えて良かった。
ただあまりの無能さに、中盤くらいまで突撃とミスの同じ様な行動が繰り返されていたのと、最後のオチは明白すぎて特段驚かず「あぁそうだよね」と思えてしまったのが残念だった。
今作で一番良かったのは映画シェフの時同様、何か楽しそうに見えるジョン・ファブローでした。
この作品は、新しいスパイダーマンの序章として観れる映画だと思う。

個人的には、バットマン:ビギンズを思い出すような終わり方になっている。

ストーリー自体は凄く好きだが、何故にインド人が多いかと( ̄▽︎ ̄;) マーケットがインドに傾いてるのはわかるが、やっぱりスパイダーマンはアメリカ人で作って欲しいというのが、自分の願いでもあるので、今回はこの評価。

次回作に期待したい。
アメージングのようにならない事を願いたいฅ(º ロ º ฅ)ウェーイ

MJの紹介が好き。
アイアンマンかっこいい笑
いい意味で内容盛りだくさんでした。小さな起承転結が4つくらいあった気がする。ハラハラなピーターパーカーでいちいち見てて体力を使うけど、後半の空気はすごくよかった。中盤までの軽い感じから一変、正体がわかった瞬間の空気感よかったなぁ。そしてアイアンマンがやっぱりかっこよかった!
>|