アイアンマン3の作品情報・感想・評価

アイアンマン32013年製作の映画)

Iron Man 3

上映日:2013年04月26日

製作国:

上映時間:131分

3.8

「アイアンマン3」に投稿された感想・評価

みう

みうの感想・評価

4.7
・吹替
・最高の締め方。シビれる。満足!
・精神的に弱ったり苦悩したりするヒーローが好きなのでめっちゃ面白かった
・こういうのをキャップでもゴニョゴニョ
・子供かわいいよ子供
・ペッパー大活躍のシーンでは一瞬目が点になったけど、まあいいっか
・この後のシリーズにも出ているわけだが、トニーが好きになった身としてはもう戦いに関わらず平和に暮らしていてほしい。でも元気なトニーの姿は見たい。複雑
・お金持ちパネエっす
翼

翼の感想・評価

4.1
「やっちまえ」の一言で敵を殲滅する42体の悪魔たちよ。
四肢再生を叶えたい敵との闘いの中で、プロトタイプアイアンマンズのパーツをカートリッジ式でバンバン使い捨てるのはなかなか皮肉な演出。

しかしトニー・スタークという存在感。
アベンジャーズの中心で、武器商人で、アメリカの象徴たる存在で、資本主義の体現のような金持ちで。日本では叩く要素しかないようなスーパーヒーロー。えげつないパワーだよね

あとパルトロワのアクションと腹筋最高すぎてヤバイ。
なま

なまの感想・評価

4.0
1から通して見ると人間的に成長したトニー・スタークが素晴らしかった。恐怖に怯えながらも愛する者の為に戦う姿が格好良かったです。
Tai

Taiの感想・評価

3.7
アベンジャーズを振り返る第7弾!

MCUとして本作でフェイズ1からフェイズ2へと切り替わりますね。
次々と登場したヒーロー達の物語に深みが増していきます!

前作「アベンジャーズ」によって遥か彼方の世界にいる強大な敵の存在を知ったアイアンマンことトニー・スターク。
一度は勝利を収めたものの、来るべき再戦のために昼夜を問わず更なる戦力アップを図ろうとします。
不眠不休の疲労、不安や恐怖による心身の負担が重なりトニーの身体に異変が…

向かう所敵なしに見えるアイアンマンですが、それを最強の機会人形で終わらせないトニーの弱さこそが人間らしさであり、それを乗り越える事が彼の魅力だと思います。
本作では先を見据えて試行錯誤してきた彼だからこそ、自らの力のみでは完勝することができない敵が現れたというショックから起きた苦難と新たな敵を前に、正義のヒーローとして、1人の男として何を成すのか。
それまでの軌跡を確認することができる、まさに一つの集大成ですね。
最終回のような内容なのにフェイズ2の頭に持ってくるというのがMCUの更なる盛り上がりへの本気度が伺えました!

トニーとペッパーには是非幸せに暮らしていただきたいですね(*´∀`*)
終わり方めっちゃいい👍
エンディングの曲も最高!
ハーレー少年との絡みがすき
ホームカミングでスーツがなくても戦えるようになれ的なことを言ってた意味が分かった。やっぱトニーは子供に夢与える…ポッツはやっぱり最高の女性!
シリーズ最高傑作!これが僕らの見たかったアイアンマン。今までの1、2はこの傑作の為の練習作品だったのかと言えるくらいの出来栄え。
まさにアイアンマンの無駄遣いで、アイアンマンが大量発生、アイアンマンの大量消費!こんなふうに戦って欲しかったとアイアンマンファンも大大大満足の作品ではないでしょうか。
もし過去作つまらなくて3まで観てない人がいたら、それはそれは勿体ないですよ!
EDがかわいい!最後までしっかり見てほしい!
ハッピーLOVE
Catman

Catmanの感想・評価

5.0

はぁ〜面白ぇ… これも改めて観直してみると以前よりも刺さる。何より圧倒的で緻密な画作りとデザインに感動します。不満は色々あるんです、ガイピアースのゴジラ化だったりベンキングズレー(マンダリン)の正体のショボさだったりガキンチョの鬱陶しさだったり。けれど作品全体にそれらを軽く吹っ飛ばすパワーと熱量がある。飛行機から落下する乗務員を救出するシーンは胸熱。私がヒーローモノに求める要素はコレなんですよ。王道は大事。
ややもすれば現実味の薄い空々しいキャラクターになりそうなトニー・スタークという人物像に、深みと多面性&存在感を与えている脚本やRDJの演技はシリーズを通してマジで見事。マジで半端無い。こんな映画できひんやん普通。マーヴェルの強みはチーム全体の総合力なんだと思います。私的MVPはジョン・ファヴロー、この人も天才ですね
MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
3作目だけど、これ1番面白いんじゃないかなぁ。

アクションの部分では、アイアンマンスーツ量産により完全にインフレが発生しちゃってるんですけど、スーツが壊されては装着の繰り返し。スタークが生身で戦ったかと思えば、スーツで戦ったりとせわしない。その部分のゲーム性の高さがとことん面白いのですね。ガイ・ピアース演ずる敵役も滅法強いうえにカッコよく、ヴィランとして申し分なし。

絶望から復讐に立ち上がるというストーリー性の部分も3作中でいちばんよい出来。笑いの要素も多く、映画としてのバランスもよし。皮肉屋のトニー・スタークのキャラがよく生きているし、そして名優ベン・キングズレーもまさかの笑いをとってくれます。最高だなぁ。
>|