シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの作品情報・感想・評価

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ2016年製作の映画)

Captain America: Civil War

上映日:2016年04月29日

製作国:

上映時間:148分

4.0

あらすじ

日本でも大ヒットした『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後、キャプテン・アメリカが“アベンジャーズ”のリーダーになる所から始まる。人類の平和を守るための“アベンジャーズ”による戦いは、アメリカ国内のみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカと全世界に広がり、その戦いによる人的・物的被害は膨大なものになっていた。世界はそんな状況を危惧し、国際的な政府組織の管理下に “アベンジャーズ”を置き、…

日本でも大ヒットした『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後、キャプテン・アメリカが“アベンジャーズ”のリーダーになる所から始まる。人類の平和を守るための“アベンジャーズ”による戦いは、アメリカ国内のみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカと全世界に広がり、その戦いによる人的・物的被害は膨大なものになっていた。世界はそんな状況を危惧し、国際的な政府組織の管理下に “アベンジャーズ”を置き、許可なしでの活動を禁止する。《一般市民を危険に晒してしまった》という自責の念を持つアイアンマンは真っ先に賛成するが、《自らの行動は自らが責任を持つべきだ》という信念を持つキャプテン・アメリカは強く反発。お互いが《平和を守りたい、仲間を守りたい、友情を守りたい》という同じ想いを持ちながら、彼らのすれ違いはエスカレートしていく。そんな一触即発の緊張感の中、壮絶なテロ事件が発生。そのとき、アイアンマンとキャプテン・アメリカはどのような決断をするのか?

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に投稿された感想・評価

出来たら映画館の大スクリーンで観たかった映画。 特撮はやっぱり特筆もの。 次回続編の展開が楽しみ。
ゆう

ゆうの感想・評価

4.1
再鑑賞
ヒーロー大集合の場面はやっぱりテンション上がる、スターク家とキャプテンとは切っても切れない縁がありますね。
どちらの主張もわかるんやけど、
ケンカをやめて~二人を止めて~バッキーのために争わないでもうこれ以上~
Yuji

Yujiの感想・評価

4.2
映画のスピード感 0.9
感動 おもしろさ 0.9
意外性 ストーリー性 0.9
映像や音楽の美しさ 0.7
初めてみた衝撃とその後心に残るかどうか 0.8
1k

1kの感想・評価

4.1
トニーの自責の念もスティーブの組織への不信感もわかるが、個人的にはトニーが可哀想だった。バッキー謝れ。

MCUを追って来たからこその感慨深さがある。
MOVIEMAN

MOVIEMANの感想・評価

4.0
ギスギス…
いくつもの因縁が重なり合って大事に
とりあえずこの映画を観てみることには始まりません。
テキトー…
Erika

Erikaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

マーベル13作目。
キャプテン・アメリカ3部作の完結編。

アベンジャーズ2から1年後の世界を描いて、
キャプテン派とアイアンマン派に分かれてメンバーが衝突。実質アベンジャーズ。笑

ブラックパンサーとスパイダーマンとアントマンが合流。

結果、良かったのは良かったけど、
"これ主役はキャプテンですよね?"
って思うくらい、キャラクター達の関係柄がわかりやすく詰め込まれているだけに、肝心のキャプテンは、バッキーの一件から、周りを巻き込んでワガママし放題にしか見えなかった気もする。

実際、スティーブとバッキーより、
トニーとローディなんですよ。って気持ち。

トニーの父親の件も、フルボッコにされるのも、最後は手紙1通で上から目線で解決するののも、何かキャプテン嫌いになっていい映画ですか。苦笑

同時にトニーが今回は理性的だったし、見てて可哀想になった。笑うところもあったけど、サスペンスに近くて、スティーブ・ロジャースはどこへ行った!?ってモヤモヤが残る作品。

このレビューはネタバレを含みます

ヒーロー同士の考えが対立して完全に二つに分かれてしまうところが面白い。
日本の作品は仲間内でちょっと意見が食い違っても、最後は主人公キャラに皆が従うことが多いから新鮮だった。

目先のことだけなら協定はうまい話に見えても、将来は協定が足枷になってしまって
お偉いさんにごちゃごちゃ言われヒーローとしての活動がな〜んもできなくなるのが目に見えているからキャップ派。

国連の言いなりになるなら、もし国連が間違った時はどうするの?
大きな国のうさんくささに振り回されていたキャップは、大きな組織の言いなりにさせられて自分で判断や行動ができなくなることの恐ろしさを理解しているんだろうね。
バッキーは親友なんだから助けたり大事にするのは当たり前だし。

トニーが協定に賛成する理由はわかるけど、上記の通り協定は不安要素だらけ。
両親が殺された!という場面もトニーの立場なら許せない、耐えられないことなのはわかるが
観てる自分は当然ながらトニー本人じゃないし、ハワード夫妻は兵器作ってウハウハしていた技術者とその嫁だから同情ができなかった。
ハワードが軍事に関わらない職業で全くの無関係なのに巻き添えで殺されたとかだったら同情できたかもしれないけど。

観てる人もリアルに個人の価値観で感想が分かれるという風に作られているところが面白いと思う。
しん

しんの感想・評価

3.5
キャプテンアメリカのシリーズだが、実質的にはアベンジャーズ。
内容やシーンは暗く、重いものだった。
loveR

loveRの感想・評価

3.2
大好きなメンバーがちょっと仲間割れ。。ちょっと切なかったです😭
naohide

naohideの感想・評価

4.4
2度目の視聴。
多くのヒーローが同時に出てくるのでマーベル好きにはたまらないけど、トニーの父親の事実に対してとても悲しくなった。
個人的にはスパイダーマンが大好きなので、いつも通りの戦闘シーンに加え若さゆえの問題点や人間味があって良かった。
>|