シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの作品情報・感想・評価

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ2016年製作の映画)

Captain America: Civil War

上映日:2016年04月29日

製作国:

上映時間:148分

4.0

あらすじ

日本でも大ヒットした『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後、キャプテン・アメリカが“アベンジャーズ”のリーダーになる所から始まる。人類の平和を守るための“アベンジャーズ”による戦いは、アメリカ国内のみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカと全世界に広がり、その戦いによる人的・物的被害は膨大なものになっていた。世界はそんな状況を危惧し、国際的な政府組織の管理下に “アベンジャーズ”を置き、…

日本でも大ヒットした『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後、キャプテン・アメリカが“アベンジャーズ”のリーダーになる所から始まる。人類の平和を守るための“アベンジャーズ”による戦いは、アメリカ国内のみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカと全世界に広がり、その戦いによる人的・物的被害は膨大なものになっていた。世界はそんな状況を危惧し、国際的な政府組織の管理下に “アベンジャーズ”を置き、許可なしでの活動を禁止する。《一般市民を危険に晒してしまった》という自責の念を持つアイアンマンは真っ先に賛成するが、《自らの行動は自らが責任を持つべきだ》という信念を持つキャプテン・アメリカは強く反発。お互いが《平和を守りたい、仲間を守りたい、友情を守りたい》という同じ想いを持ちながら、彼らのすれ違いはエスカレートしていく。そんな一触即発の緊張感の中、壮絶なテロ事件が発生。そのとき、アイアンマンとキャプテン・アメリカはどのような決断をするのか?

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に投稿された感想・評価

KalEl

KalElの感想・評価

3.4
前作がかなり面白かったので、期待して観たが個人的にはまずアクションが見辛い、ちょっと香港アクションテイスト?ストーリーはしっかりしてシリアスで面白いのだが、アイアンマン派としては何とも微妙〜
初期の明るいノリが好きだったのにここ近年の作品では、鬱キャラになってしまっているのが残念。
C

Cの感想・評価

5.0
間違いなく現時点でMCU最高傑作。
アベンジャーズの映画かと思うほどヒーローが集結するけど、でもシビルウォーはあくまでもキャプテン・アメリカの映画。だからこそアイアンマンファンには辛くて切ない作品でした。

やっぱりヒーローが集結して戦う飛行場のシーンはワクワクドキドキ!で、ソニーの壁を乗り越えてきてくれたスパイディの登場には本当に胸熱でした!!!!

あとは友情が友情を引き裂く展開、各々が自分の信念を信じた結果の悲劇が本当に本当に辛かった。誰かが悪いとかは無くて。走り出して止まれなくなっちゃった状態がもどかしかった。私はどちらかというとキャップよりはトニー派だったけど、でも二人とも大好きだから見てて辛かったなあ。。

久々にDVDも購入した作品。
インフィニティウォーが待ちきれない!!!!
yuki

yukiの感想・評価

4.5
鑑賞記録☆

超人だらけで最高におもしろかった!!
スパイダーマンかわい(=´∀`)
アベンジャーズ関係の情報がないまま見てもそれなりに楽しめた。CG感がないのがすごい。アベンジャーズシリーズ見た後、もう一回見る。
Nassy

Nassyの感想・評価

4.0
アベンジャーズ2.5と言われているだけあり、相当見応えがあった。実際スカーレットウィッチめっちゃ強い。スタークが少し気の毒だった。
星人

星人の感想・評価

5.0
私のスコアにインフレが起きまくっているのでもう気持ち的には5.5みたいな感じですがね。

とりあえず、どんどん面白くなってくのが本当すごい笑
で、これだけのキャラクター量と過去作の色々とこれからへの伏線というか、すんごい情報量なのにここまで整理されてて完成度高くて、もはや製作サイドのドヤ顔が見える。笑
最終的に、「ね、"Avengers"でしょ?」みたいな。笑
本当ドヤってください。笑

そしてわたくし、マーベルシネマティックユニバース観始めて初めて泣いた。
今回最高ながらになかなか辛かった…………
Eririn

Eririnの感想・評価

4.1
マーベルムービーシリーズの中で1番に好き!スーパーヒーローたちが戦うなんて面白い!戦う理由はシリアスだけど笑笑スパイダーマンが最高ー
somi

somiの感想・評価

4.5
シリーズで一番好き。CGにあまり頼らない分、格闘戦がメインなのも素晴らしい。
ある人はこう言う。

「キャップは世界一かっこいい童貞だ」

キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)は、アベンジャーズの中で“古き良き人間”であり、最もベテランの“精神の支柱”という存在だ。

彼が言うことは、概ね正しい。

ただし、それを心では分かっていながらも、頭があれこれ考えて素直に受け入れられず、キャップのように常に正しくあれないのが、人間の性というかエゴというか。

最強の友情を切り裂く大喧嘩で、トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は何ひとつ間違ったことはしていないと僕は思う。

それでも、キャップの“友を思う気持ち”に対する頑固さや実直さには、誰ひとりとして、太刀打ちできる者はいない。

だから、キャップは常に正しい。

いつまでも世界一かっこいい童貞でいてください。

p.s.

メイおばさん(マリサ・トメイ)とお茶したいなぁ...
か

かの感想・評価

4.0
キャプテン・アメリカシリーズはいずれも切ないですが、やはり3部作のラストを飾るこちらも切ない。
ただしアベンジャーズ2.5と言わんばかりにヒーローが集結する為どんどんMCUの世界に惹き込まれます。
>|