えびボクサーの作品情報・感想・評価

「えびボクサー」に投稿された感想・評価

夢野猫

夢野猫の感想・評価

2.0
イギリスのB級?コメディ映画。
ストーリーは単純で、落ちぶれた元ボクサーが人間大の蝦蛄を手に入れ、一発当てようと仲間を巻き込み奮闘する話しを、エロ交じりでコミカルに描いた作品。

ハイそうです「海老」では無く「蝦蛄」です(笑)
オリジナルタイトルは「外皮」とか「殻」とかを意味する単語。
なので「海老」でも「蝦蛄」でも構わないし、シャコよりもわかり易いからエビにしたんでしょうね。

内容から思うに、オリジナルタイトルは多分「これまでの殻を脱ぎ捨て、新しい生活を始める」と言う事をあらわしているんだろうな。

下ネタ寄りの会話がかなり多く有るのに、上品に感じるのはイギリス映画だからかな?
Nozy

Nozyの感想・評価

3.7
エビじゃなくてシャコですが、それは結構どうでもよく、クズになりきれないどこか憎めない親父とシャコの交流。
チープなシャコに抵抗感じるか否か、というところで評価が分かれる気がする。あとは人外に感情移入できるか否か。
普通に泣けます
とにかくシャコを信じてあげてください
ネギコ

ネギコの感想・評価

2.8
くだらなすぎて笑えます
お酒飲みながら、らくーな感じでみてほしい作品です
当時もかなり笑ってみましたが、今みたら更にチープな感じがして笑えるんだろうなぁ
maebom

maebomの感想・評価

3.4
タイトルに騙されてはいけない。えびじゃなくてシャコです!

スポ魂ものを想像してましたがどちらかと言うとロードムービー的な作品です。
ラストはちょっと感動してしまいました。
いい意味で予想外に楽しめます!
とぉむ

とぉむの感想・評価

3.0
えび じゃなくて、
正体は“モンハナシャコ"☆

これが公開された当時、

かなり
インパクト有ったよね!

異色のボクサー作品、
でも無かったはず。

トレーナーおじさんと、
巨大シャコとのロードムービー?

っぽい、
話だったと記憶している。

確か、旅の途中、
ホテル泊まったりしてたよ♪

徐々に
お互い心の距離が縮まり、

異種越えの
友情も芽生えたっけな?

ふざけてるんだけど、
割りと真面目なテーマも

有ったとか、
無かったとか。。。(笑)

ま、

とりあえず、

えび(シャコ)だけに、

話の“ネタ"に どうぞっ♪
亜硝

亜硝の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

大傑作 えびボクサー最高
エビじゃなくてシャコだけど作中でも頑なに「えびボクサー」呼びを曲げず、結果としてコミカルさが保たれててとても良いです 「えびボクサー」ってめちゃくちゃいい文字列じゃないですか?ナイス邦訳 これがなければえびボクサーという作品は終わっていました

内容も、ただのめちゃくちゃでかいエビが出てくるキワモノ映画かと思ったらまさかの人生に敗れた元ボクサーの中年、ビルの渋い成長譚でした……ええ……えびボクサーってそういう映画なんだ…… えびボクサーも普段は大人しくてかわいいし観客まで好きになっちゃう誘導も見事です。他のキャラもみんないい感じでした アイス女が意味不明すぎて最高。

こういう低予算映画って主題になってる設定を活かせずに周辺で関係ない人間のワチャワチャで埋め合わせして、しかもそれがつまらないという最悪のパターンに陥りがちなんですが、本作はコメディの質も主題のえびボクサーとのバランスも良く、その点も見事でした

特に、テレビをパンチして壁抜けて隣の部屋が見えるところの一連の演出がうますぎて唸りました すごい……クライマックスの大暴れシーンも大好きです 柵をガシャーン!と開けて場外にカサカサ走って阿鼻叫喚に包まれるところのなんともいえないこち亀感。あそこだけ両津勘吉がいても全然違和感ないと思う

表面的にはお下品だけどテーマ性とか描写とかがものすごくお上品だし登場人物がみんなあくまで真剣なので嫌なおふざけ感がしません。白石晃士作品の心霊ドキュメンタリーとかでもそうなんですけど、こういう異常現象を鼻で笑ったりするやつはなるべく出てきて欲しくないんですよね…ただただ不快なだけなので。だけどいくらなんでもみんなエビがでかいこと自体にはぜんぜん興味を示さなすぎでしょ

何か特定の目標に固執するあまり他人に無関心になっていた主人公が、作品全体の出来事を通じて徐々に新たな目標を向いていく…という映画が好きすぎるのでこれも最高でした。ピクサーアニメによくある感じのアレです。

変に動物愛護がどうこうとかで揉める展開とかにしないあたりも好感もてますね(本国ではバッシングを受けたようですが……本質を観ていただきたい)

そしてラストの、POVでサメを殴る締めかた!これもオシャレ、上品。シビれました
こういう映画が観まくれたら幸せすぎるな、というそういう映画でした

えびボクサー
最高〜〜〜〜!!
My

Myの感想・評価

3.5
ふざけたタイトル、まさかの感動作。これからはポストE.T作品を聞かれたらまずこれを挙げたい。
本当に面白かった。部室に集まって見るには、あまりに適していた。笑って泣ける、そんな映画。あなたもエビ泣き。
何だこれ、名作か?
タイトルからは想像できない感動作。
パッケージには「ある日、一匹のエビがチャンピオンに挑戦状を叩きつけた!もう海には帰れない」と言っているが、これは信じてはならない。

金になるはずとでっけええびに投資したものの、中々うまくいかないままロードムービーが続く。
えびというかシャコなのだが、そんなことは些細な事で、ボクシングするしないというのもまた瑣末事なのだ。シャコとホテルの中でいっしょにテレビを見たり、徐々に距離は近づいていく。シャコ目線も体験できて、『肉喰怪獣キラーツリー』を思い出す。

トレーナーとシャコのひと時は蜜月のようで、一方のカップルと対比されていて映画としても巧みな逸品。果たしてシャコのTVショーはうまくいくのか?

結果としてショーはしっちゃかめっちゃかになってしまうのだが、その後の展開が素晴らしい。孤独をシャコで埋めていた男はついにシャコと抱き合う。あのシーンに涙した人も多いだろう。シャコの本当の目的はE.T.や、ロボシャークvsネイビーシールズと同様に生まれた場所に帰ることだったのだ……!

サメ型のペンが出てくる。シャークという名前の男も。そして最後、本当にサメがシャコパンチを喰らって終わる。
onoh

onohの感想・評価

3.0
ドコで見たのか思い出せない。エビではなくシャコ。
映画を楽しんで作ってるんだろうなー
ヴレア

ヴレアの感想・評価

2.0
正月と言えばエビ。
エビと言えばボクサー。

正月そうそうこんなくだらない映画を観ているのは全国でも私くらいのもんでしょうね。

とにかくB級というかC級というか、よくこんな映画を作ろうと思ったなという感想がまず浮かんだ。

ビッグになる夢を持つボクシングのトレーナーがある日テレビでエビがカニをパンチで撃退している映像を見て衝撃を受ける。
これだ!エビを人間と闘わせようと。
で調べた所、偶然にも2mを超えるエビが見つかったという知らせを受けるんですね。なんでそうなる(笑)

すぐさまそのトレーナーは全財産をはたいてエビを購入するんですね。で、敗戦続きでドン底の親友のボクサーを誘ってエビを連れてスポンサー探しの旅に出るというロードムービー的な物語が展開して行くんだけど、どこでも断られて仕方なくホテルでエビと一緒に過ごしたりするんだけど、エサ代やらなんやらでどんどん金も無くなって追い詰められて行くんですね。中には、調理用としてエビを買い取りたいという人も現れるんだけど、毎日世話をして行く内にエビに対して情が移っちゃって断るんですね。で、最終的にはなんとかエビボクサーとして闘わせるショーの開催にこぎ着けるんですが、果たして無事に成功するのか?という話なんだね。

とにかくエビが気持ち悪くて最初は引くんだけど、トレーナーとの交流を通して徐々に観てる方もエビに感情移入させるような巧い演出だった。

つまらないんだけど、意外に丁寧に人間ドラマを描いているような気がするので憎めない作品。

それから、エビじゃなくて正確にはシャコだったぜぃ。
>|