生きていた野良犬の作品情報・感想・評価

「生きていた野良犬」に投稿された感想・評価

クールなインテリからワイルドな「ダンプ・ガイ」へのイメージチェンジ。
兄貴の復讐に燃える男を二谷英明が熱演する。

とにかく殴る、殴る殴る。仇を探す中でヤクザの裏での争いに巻き込まれる形だが、意外にも主人公サイドのガンアクションは無かった。
最後の対決で、銃を取るより友を助ける方を選んだところが良い。ビターなエンディングだが、それもよし!