すてきな片想いの作品情報・感想・評価・動画配信

「すてきな片想い」に投稿された感想・評価

Mina

Minaの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

雰囲気とファッションと音楽が80年代でとってもかわいい!
Tedが最初から何?て感じで勘違い頑張ってるgeek virginでイタかったけど、すごいいいヤツになってかわいかった
Jakeもう初登場から気になってるやんってなった
お父さんお母さん以外家族が無理だった笑笑
かわいそうSam笑笑
意外と昔のって今より隠したりせずそのまま言っちゃうし映しちゃう印象
たむ

たむの感想・評価

3.7
『ブレックファスト・クラブ』などのジョン・ヒューズ監督の映画は今に続く青春映画の黄金パターンを確立しました。
16歳の誕生日を姉の結婚式の前日という理由で忘れられた少女の2日間を中心に描きます。
周りの少年と少女の葛藤も描かれる群像劇であり、主人公の初恋を巡る物語でもあります。
家族も楽しくも煩わしい。
キャラクター重視の映画とはまさに本作のことで、後の『ホームアローン』の脚本を書くことになるヒューズ監督の見事な人物描写と人間観察力。
特に主人公を励ます父親のセリフや存在感は『君の名前で僕を呼んで』や『エイス・グレード』の愛すべき父親像と近いものを感じましたね。
seckey

seckeyの感想・評価

-
気まずそうな笑顔とぶーたれた無愛想さと繊細が可愛いモリーリングウォルド。THE 80’s感たまりません!私はこの時代のファッションが大好きだ!!!

このレビューはネタバレを含みます

サム役の子がITのソフィアリリスぽい。赤毛でショートでボーイッシュ、まだあどけなさが残る感じ。

ガキ扱いされてる1年のテッド。そのさえなさがすごく良いし、ギーク仲間ももれなくいけてなくて最高です笑
スケベな展開爆笑


中国人の描き方がひどい笑
いちいちドラ?みたいなの鳴る

年配者に対する無礼さはホームアローンでも観たような笑笑

最後ケーキがあって好きな人にお祝いしてもらって良かった
80'sな青春映画。80年代の雰囲気好きだな。服もカラフルで可愛い。被り物のようなブロンドヘアが古めかしい。
しかし家族全員娘の誕生日忘れてるってどうなの…。長女の結婚式でバタバタしてるから仕方ないかもしれないけど。
うえお

うえおの感想・評価

3.8
嫌な奴が1人もおらん。
テッド初登場の時はただのキモい奴やったけどええ奴そう。
金持ちでマッチョでカースト頂点のジェイクは無敵。
龍馬

龍馬の感想・評価

3.8
人生最悪で最高の誕生日。
80年代青春映画の名作

劇場で観た映画ですが、36年経った今見ても色あせない。
よく、映画の主人公の女性に恋をした頃、モリー・リングウォルドもその一人で『プリティ・イン・ピンク』で完全の恋に落ちました。

16歳の誕生日を迎え、大人になろうと背伸びをするキュートな女の子。

2つ年上の先輩に片想いをする。
その先輩はお金持ち。そのうえ美人でスタイルもいい誰からも愛される恋人がいるが、叶わぬ恋の想いは募るばかりで、胸が痛くなり眠れない夜も。

そんな、誰もが一度は経験するであろう、思春期の繊細で多感な心の揺れ動き普通の女の子を、見事に演じています。

童貞でありながら、SEXへの好奇心だけは人一倍強い、アンソニー・マイケル・ホールが憎めない、いい味を出しているし、個人的には娘の恋心を理解しようとする父親もすごくいい。

ラストのモリーのセリフに、本当に彼女の素直な気持ちが詰まっていて、グッときました。

監督は、のちに『ホーム・アローン』で大ヒットを飛ばし一躍有名になるジョン・ヒューズ監督です。映画の色使いが好みで、家の雰囲気、ファッションも暖色系が多く、見ていてホッとする温かさがあります。

それに加え、80年代の音楽を折込み、気分はもう80年代。
同監督の、『フェリスはある朝突然に』は大好きな映画なので、またレビューをあげたいと思います。

今や定番の学園青春モノですが、この映画はその中の名作に入る作品ではないでしょうか。
マミ

マミの感想・評価

-
冒頭の後ろぽっけに手を入れ合うシーン見れただけで満足です(なんかの映画で引用されてた)
も

もの感想・評価

3.0
普通に面白い!
よくあるティーン映画かなぁ!
衣装が特別可愛いわけではない
tomo

tomoの感想・評価

3.3
あれ…この子見た事ある!!と思ったらブレックファストクラブ出てた子だ。映画の髪型も服もこれぞ80年代って感じ✨くだらなくって大袈裟なところもあるんだけど見ちゃう。

中国人が登場するたびに中国っぽいドラムの音流れるの笑える😂
>|