ときめきサイエンスの作品情報・感想・評価・動画配信

「ときめきサイエンス」に投稿された感想・評価

方眼

方眼の感想・評価

4.0
1985年”Weird Science”。アンソニー・マイケル・ホールは16から17歳、「すてきな片想い」の次、若者はちょっとの間に成長が早いね。クローゼットのおばあさんが面白すぎて、皆が笑いをこらえている。現場が楽しそうなのが伝わり、別れの涙も実にいい。なんとロバート・ダウニー・jrが脇役で。ビル・パクストンも、この作品だけ見てたら、後年のベテラン俳優っぷりは想像できない。
RyuOkuda

RyuOkudaの感想・評価

4.0
高校時代好きだった映画。主題歌とともによく覚えています。シンプルに楽しい。
おちび

おちびの感想・評価

2.8
冴えない男子高校生が理想の女性を創るSFコメディー。理想の女性像のデータをPCに入力したらそこに雷が落ちてPCから美女が飛び出してくるというかなりトンデモなストーリーですが、イケてない男の子たちが微笑ましくてかわいい。そして何よりもロバートダウニーJr.がかわいい❤️
ぺ

ぺの感想・評価

3.8
女に相手にされない。
どうしよう。
そうだ理想の女性を作ればいいんだ。
天才。

ベースはいつものジョンヒューズ。
完全におバカに振り切るとこうなるのか。
ツッコミが追いつかないぐらいくだらなくてハチャメチャ。
当時流行ったもののオマージュ多め。
マッドマックス的な暴走族にマイケルベリーマンがいて笑ってしまった。

作り出された理想の女性役はセガールの元奥さんなんだな。
綺麗でした。
色々詰め込まれていてドタバタでハチャメチャな80's青春SFラヴコメディ。タイトル曲はオインゴ・ボインゴ。
miiya

miiyaの感想・評価

3.5
モテない男子2人組が、パソコンで理想の女性像を作りあげたら実物になってパソコンから出てきちゃった--

家を舞台に、はちゃめちゃな事件が起きるくだりは ホームアローン同様なかんじでこうゆうの大好き。


てか こいつら普通に天才すぎ!笑

インベーダー的な まさにコンピューターなかんじの時代が古くさ可愛い。。
おおらかな80sムービー感が懐かしい。若かりしRDJもチョイ役で出演。
死ぬ程くだらなくて最高。全くモテないあーイェイおーイェイ童貞の高校生がPCでドラえもんみたいな万能パワーを持った理想の女を作るって発想がむちゃくちゃくだらないし、アホ過ぎる。2001年宇宙の旅のツァラトゥストラから始まり、その後はフランケンシュタインの怪物、サイコ、エクソシスト、サランドラ、マッドマックス、ロッキーなどなど色んな映画からの引用がてんこ盛りでそれだけで観ていて楽しい。若かりし頃のビル・パクストンやロバート・ダウニー・jrも出てる。日本じゃ知名度低いけど、最近cobra kai season2でも言及されてたからアメリカだとマスターピースなのかも。
コンピューターで理想の女性を作ってその女性が漢として育ててくれるという男の夢がつまった、笑いあり涙ありの良作です。
Kinta

Kintaの感想・評価

3.5
サイエンスという名目のファンタジー
アメリカのパーティーはもはやファンタジー
>|