アメリカン・スリープオーバーの作品情報・感想・評価

アメリカン・スリープオーバー2010年製作の映画)

THE MYTH OF THE AMERICAN SLEEPOVER

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

新学期を目前に控えた夏の終わり、マギーはプールサイドで自分の夏の“物足りなさ”をなげき、「もっと“楽しいなにか”をするべきじゃないか」とぼやいていた。翌日に街で開かれるパレードで、仲間たちとダンスを踊ることになっているマギーは、ダンス仲間からその日夜開かれるスリープオーバー(お泊まり会)に招待される。しかしお泊まり会を子供っぽく思った彼女は、友達の家へ顔を出す前に、知り合いから教わった年上のパー…

新学期を目前に控えた夏の終わり、マギーはプールサイドで自分の夏の“物足りなさ”をなげき、「もっと“楽しいなにか”をするべきじゃないか」とぼやいていた。翌日に街で開かれるパレードで、仲間たちとダンスを踊ることになっているマギーは、ダンス仲間からその日夜開かれるスリープオーバー(お泊まり会)に招待される。しかしお泊まり会を子供っぽく思った彼女は、友達の家へ顔を出す前に、知り合いから教わった年上のパーティに乗り込むことに。そこでマギーは、昼間プールで見かけた年上の男と再会する。一方その夜、街では他にもいくつかのスリープオーバーが同時に開かれていた。そのなかで、少年は一目惚れした女性を探し、少女は友達の家で彼氏の浮気を知り、青年は恋した双子の少女に会いに行こうとする。夜が更けるにつれ、それぞれのスリープオーバーが互いに影響しあい、やがて彼らは探していたものに手が届きそうになるのだが……。

「アメリカン・スリープオーバー」に投稿された感想・評価

り

りの感想・評価

-
ティーンの映画もなにも起こらない映画も好きなはずなのにこれはちょっと 二人の女の子のことを好きって言ってた男の顔かなり不気味じゃない?
eri

eriの感想・評価

2.2

大人になろうとする思春期の頃の青春映画

若い頃は早く大人になりたいと
大人びようと背伸びして、って感じが
なんとなく共感 。

でもちょっとみんな移り気すぎて
若い頃はそんなものかと思いながらも
評価はぼちぼち高いけど私は
少し映画には入り込みずらかったかな〜
流れ星。

新学期が目前に迫る夏の終わりに、少年少女たちによってあちこちで開かれる「お泊まり会」(スリープオーバー)。様々な想いを抱えながら、眠らない夜を過ごすティーンエイジャー達の一夜を描く。

スーパーマーケットで一目惚れをした女子を探す少年。プールで出会った年上の男を目当てにパーティーに参加する少女。双子に想いを伝えようとする青年。何人かの登場人物達の一夜が並行して描かれ、それぞれが非常に短いテンポで入れ替わる。
十代特有のどこか煮え切らない感情や、行き場のない気持ちなどが演技未経験の若者達から存分に溢れ出し、そこに演出や音楽が映画的な心地よさをつけ加える。昼間の少し淡いフィルターがかかったような映像や、夜の暗闇を活かした幻想的なショットも多く見られる。

大きな事件は特に起こらない。他愛もない彼らの会話に耳を傾け、時に笑い、時に少し切なくもなるが、そのどれもが誰しもが経験したことのある思春期の複雑な感情を思い起こさせ、不思議な気持ちになる。夜が明けて日常に戻ってしまった町の様子を見て、若い日常のかけがえのなさを痛感し、あの一瞬で過ぎ去ったように思える青春時代に想いを馳せずにはいられない。
azuchan

azuchanの感想・評価

3.8
巻き戻せるならこれくらいの青春時代に戻ってもっと甘酸っぱい青春、したかった、
れい

れいの感想・評価

3.5
BGM好きだった。
日本じゃこんな話映画にしないだろうなーおもしろい
NAO

NAOの感想・評価

3.2
なんていうんだろ、このノスタルジーな感じ。途中ちょっと退屈に感じたりするけど、何も起きないこの流れ、ついつい見ちゃう。
水の音がとても印象的で、夏の終わり、どこか悲しさや懐かしさの感情欲しいな〜って時に観たい。

10代って世界共通で特別な時期なんだな…
よかった。さすがデヴィッドロバートミッチェル。bgmがかなり少なくて場面の転換として印象的に音楽が使われるとことか、時系列が常に同時になるような構成であるところとか映画の構成としてよく考えられているなと思った。10代のunstableな感じがとてもよくでていた。abby姉妹に会いに行ってどっちかがあなたのことをすきだったのよって言ってその二択を外すとことか東京03のコントかって感じで笑った。
たぶん気づいてないところにいろんな仕掛けがある感じで監督の才能をめちゃくちゃ感じるなあ
kaede

kaedeの感想・評価

3.5
ずっと観たかったのに美容院で施術されながら観てしまったから真剣に観られなかった。それでもすごく美しい映画だと思った、若者の色恋沙汰、、、。
r

rの感想・評価

3.5
中学生の頃 親には内緒で
クラスのみんなでお泊まり会をした
今 思えばバレバレなんだろうけど
深夜 街が寝静まったころを見計らい
大人の目を掻い潜りながら花火をしたり
初めて呑んだお酒に ふらふらになりながら
誰もいない大通りを自転車で ゆっくりと駆けぬけた
部屋でゲームしたり 暴露話したり されたり
異性と買い出しに抜け出したりする中
私はずっと 好きな人を目で追う事しか出来なかった
_
隠しきれてないエロ本に 書き存じの手紙
誰が誰を好きだなんて 分かっていても
高鳴る気持ちは制御出来ず 抑えきれなかった
嘘をついてまでも 少し背伸びする事
SEXに対する憧れ 大人への興味 と 不安
強気で開放的になり 恐れを知らない事
今も 夏の匂いがする度に ふと 思い出す
擦り切れる程神に祈っても 戻れない 刺激的な夏を
_
あの頃は無垢だった 何事も初めてで
もう二度と経験する事 出来ないんだろうな
切なくも儚い 甘酸っぱさの残る夜明け前
深い闇から逃げるよう 大人へと駆け上がった今
ふと 見上げた夜空の星は 当時、見た星と
きっと 一緒なんじゃないかと そう思った
何かが起こりそうな気がしてるけど、特別なことは起こらないし、何も出来ない。そんな日々を、それでも誰もが神話と呼ぶのは不思議でいて、納得出来る。

少年時代に置き忘れた恋を、取り戻そうとする青年が、淡々と過ごす少年少女達と並行して描かれているので、余計に切ない。
>|