ヘルプ!4人はアイドルの作品情報・感想・評価

「ヘルプ!4人はアイドル」に投稿された感想・評価

・映画としては本当に本当に微妙というか、くだらない笑
・ビートルズファンとしては、動いてる4人が揃っててなおかつそこまで仲悪くない時期なので、見ていて楽しい。
65年のビートルズがカラーで見れる映画。「ラバーソウル」と「リボルバー」で音楽革命を起こした、いわゆる中期の直前くらいの時期。ファンの中ではこの映画のサントラは1番アメリカっぽいサウンドと言われていて、同時に「Yesterday」とか「I've Just Seen Your Face」みたいなアーティスティックな曲も共存してることから前期の中でも若干異質なアルバム。
ツアーで訪れた都市の警察に「数千人規模の会場は使わないでくれ、外で5万人の若者が騒いでいる」と言われ当時は異例の巨大スタジアムでコンサートをしていたという逸話があるほど人気絶頂だったのも時期で、個人的にもこの頃の雰囲気が1番好き。
前作の「A Hard Day's Night」と比べ制作費が増えた上に35mmカラーでの撮影なので映像の見応えは増してる。しかもドキュメンタリータッチだった前作とは違いストーリーがハチャメチャなおかげで色んなロケーションでの音楽シーンが見れて、MTV的な見方をするならこっちの方が出来がいいのは明らか。当時ライブでよく演奏されていて数ヵ月後にPVが作られた「Help!」や「Ticket To Ride」のシーンももちろんいいんだけど、本来あまり目立たないアルバム曲のシーンがありがたい。バハマの海をバックに担当楽器を取り替えて演奏する「Another Girl」が特に好き。
あと音質がめちゃくちゃいい。アルバム「Help!」の発売当時のレコードはなぜか映画で使われたA面7曲の音質が極端に悪いと言われているんだけど、あれは一体なんだったんだと言いたくなるような素晴らしいサラウンド音源。

まあでも映画としてはなかなか酷い。撮影中はみんなクスリでラリっててほとんどセリフ覚えてなかったっていうのがビートルズらしい笑
使われているクラシックの音楽といい不自然なほどカラフルなインテリアといい、「時計じかけのオレンジ」っぽさを感じてしまうのは偶然なのだろうか。
完全にネタすぎてわろた。
演奏のシーンはいちいち、かっこいい。
ネタと曲のギャップがありすぎて、最初からしんどいしんどい、って感じでした。
最近、リング買いたい欲がすごいので、これを機にわたしもRINGOになろうと思います。
中初期のビートルズをカラーで観れる貴重な映画。
ロケ地はメンバーが単に行きたいところらしく、脚本家を悩ませたとの事。
AKIRA

AKIRAの感想・評価

3.0
とある教団の生贄の儀式に必要な指輪が紛失した。
ビートルズのリンゴスターが付けている事に気づき取り返しに向かう。
----------
ジョンは地声もカッコよすぎる。
意味不明なネタが多く入っていて笑えた。
アルプスの有名なスキーシーンが観れてよかった。
シンガーソングライターとして名曲を数多く残したビートルズにもアイドル時代があったというイメージが今まであまり分からなかったが、この映画でその時期の雰囲気を味わえた。
arimonta

arimontaの感想・評価

4.7
初期〜中期の4人の「アイドル」が溢れる映画。
休む時間のない4人が行きたい場所を選んでいるらしく、みんなのびのびわちゃわちゃしていて最高。ストーリーは意味が分からないところも多いけどそれで良いのです。
Ticket to rideのスキーのシーンとかセンスが良いなぁ。
あとジョンが寝ているベッド(床をえぐっている収まりの良い感じのベッド)に憧れた。

当時のビートルマニア女子は映画に熱狂したことでしょう。うらやましい。ずるい。
最大の見所はとにかくリンゴがかわいいというところです。お姫様役です。みんながリンゴを守ります。汚れ役みたいな扱いだけどそれもまたかわいいんです。

わちゃわちゃしている男の子達がかわいいっていう感覚を生み出したのはビートルズだと本気で思っています。
RyoS

RyoSの感想・評価

3.7
仕掛けがすごくて面白い!!!オープニングの演出から、4人の家(めちゃおしゃれ)、後半ややバテた気もするが、いわゆるドタバタコメディとしての演出がキレてる。個人的には4人の会話シーンが見たかったからキャラすらほとんどないのは少し残念だったが。
masana

masanaの感想・評価

4.3
コメディ要素かなり高めの作品。
なんならお茶目過ぎて一番Beatlesっぽいとさえ思う。
リンゴ主役。
RIO

RIOの感想・評価

3.8
バハマのカイリ教国により、儀式に必要な指輪としてリンゴ・スターの指輪が狙われてしまい…。

過去鑑賞作品。
よりユーモアも盛り盛りに、カラフルな色彩やユニークなインテリアが眼にも楽しい映画でした。
「HELP!」の入りが、唐突ながらカッコいい。何度聴いてもいい始まりの楽曲ですね。

序盤の部屋のシーンなんかにも顕著で印象的ですが、メンバーそれぞれのキャラ立ちが非常にいいのも魅力的。特にキーマンを務めるリンゴの可愛くてお茶目な魅力が炸裂しています!
エスニックなイメージもふんだんですが、後々インド音楽に傾倒していったジョージの起源はやはり今作にもあったようですね。
ぶぶた

ぶぶたの感想・評価

4.1
ハードデイズナイトを見たのでヘルプも。

終始みんなキャラが個性的でかわいいし、笑えるシーンがハードデイズナイトより増えてた。私は断然こっちの方が好き。

お気に入りのシーンが多すぎて何度も巻き戻して見てしまった。特に雪山のticket to rideのシーン。楽しそうにしてる4人がかわいすぎたし演出のセンスが半端ない。スキーストックを回して人物や表情を切り替える演出なんて普通は考えつかないと思う。

アイドル時代のかわいさとかっこよさと仲の良さが凝縮されてるのでときめきが欲しくなる度に見てしまいそう。
>|