ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールドの作品情報・感想・評価

「ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」に投稿された感想・評価

メモ
・ジョージとリンゴの最後の会話
・マイスウィートロードにはゴスペルの要素が入ってる
もこ

もこの感想・評価

3.9
ビートルズでは圧倒的にジョンの曲の「ラブアンドピース感」が好きだけれど、この映画を観てからはジョージの孤独を知って、各々の良さを再確認できた
Akari

Akariの感想・評価

4.0
長かった〜
ジョージのほとんどを、これを観れば知ることができる
ジョージといえばシタール
ジョージのオリジナルってあんまりきいたことなかったけどなかなかよかった。somethingは更に好きになった!
ジョージ・ハリソン、大好きですねえ。
リンゴ・スターも大好きになりましたねえ。

このレビューはネタバレを含みます

 正直、ジョージ・ハリスンって誰? 状態で見たので。知らない人を知らない人たちが語っているのを見てるのは少し退屈でした。ただ、モンティ・パイソンの映画の資金が足りないときに自らお金を出して映画作りを手伝ったこと。その後、何本も映画製作をしてプロデューサーとして凄腕だったことなどは面白く見れました。

 親友のエリック・クラプトンがジョージの奥さんを奪ってしまったという気まずいエピソードなんかも、クラプトンとその別れた奥さんがそのことについて語ったりと。なかなか重たい話なんかをしているのが凄いです。

 ポールやジョンの影に隠れてしまって、自分の曲を出したいけど出せないこと。けれど、交友関係が物凄く広くて。いろんなジャンルの職業の人たちに愛されているのだとインタビューを見ているとわかります。

 数多くの当時の映像も挿入されていて、記録としても貴重な映像だと思いました。

 ただ、210分もの長さで。そんなにファンではない人にとってはチト長かったです。逆に言えば、ファンだったら相当楽しめる深い映画だと思いました。
 そして、終始冗談ばかり言って思い出を語るリンゴ・スターが。ジョージとの最後の思い出を語る場面のラストで泣かせてくれました。最高です、リンゴ。
 今まで見たことのない映像が思ったよりも多かったことに驚いた。
 前半と後半に分かれており、前半では生まれてからビートルズ後期まで。後半はビートルズ解散からジョージの死までを描いている。
 前半部分はもちろん素晴らしい。ビートルズの曲をBGMにジョージとメンバーたちのビートルズとしての成功が語られていく。だがこの部分は見たことある映像が比較的多いのと、他のメンバーの生い立ちを語りすぎているきらいがあり(BGMもジョージ作のものではないビートルズの曲が多数使われている。)ありきたり感は否めない。ただしこの前半部分も進むに従い、ジョージのソロとしての成功を綴るようになるとグッと面白くなる。ジョージだけにスポットが当たるようになるからだ。皮肉なことに、彼のビートルズ時代の境遇とこの映画はその点で似ている。
 後半はさらに素晴らしい出来だ。何よりもジョージ本人の声を使いすぎることなく、関係者のインタビューと昔の映像を織り交ぜることによってジョージの人間像がよりはっきりと浮かび上がる。時には互いに矛盾している人々のジョージに対するイメージはジョージの多面的で複雑な性格をよく表している。物語が進むにつれ(つまりジョージが年を取るにつれ)、より精神的な極みへと達し成長していくのが手に取るように分かる。BGMもジョージの曲(ソロ活動前半のみなのが物足りないが)ばかりが流れて、この映画は観客をどんどん引き込んでいく。
 ショックだったのはジョージが自宅に侵入した暴漢に襲われるエピソードをオリヴィアが離す場面だ。彼女はいまでもそのときのショックが忘れられないらしく、鮮明にこの生々しい話を覚えていた。これを機に(もちろんガンのこともあったが)ジョージは自らの死を実感し始めて、それに対する「準備」をするようになったという。
 最後にリンゴ・スターが訥々と死の間際のジョージと会ったことを涙ながらに語る。このインタビューからジョージの優しさ、そして愛がはっきりと伝わるだろう。
 まさに最高の伝記映画と言える。2500円払ったって惜しくない。少しでも興味があったら絶対に見に行って欲しい。3時間半の大作だが、それでもジョージのすべてを描ききるにはまだ足りないぐらいなのだ。
(11年11月20日 映画館 4.5点)
ucandoit

ucandoitの感想・評価

5.0
210分の長尺だが全然飽きなかった。大好きなジョージを大好きなスコセッシが描く。最後の年のトラヴェリング・ウィルベリーズで極上のミュージシャンたちが最高にゴキゲンでセッションしているのが嬉しかった(大好きなCD)。リンゴのエピソードは泣けた。ビートルズ世代としては満点を上げたい。
ルイ

ルイの感想・評価

4.3
”家から外に出なくたって世界中のことがすべてわかる。窓から外を見なくても僕には天の摂理がわかる。旅をして遠くへ行くほど分からないことが多くなる。真実を知ることが本当に少なくなる”
”君の頭の中に居座るいろんな考えに君を悩ませ続け絶望感だけにとらわれる。真夜中の悲しみに気をつけろ。君に襲いかかり傷つけるかもしれない。そんなふうに生きてはならない”
nao0627

nao0627の感想・評価

3.5
映画館にも観に行ったけど、途中インターミッション挟むくらい長かった。
ジョージのソロ活動や本人のことはあまり知らなかったので、あぁ、こんなに自分の世界を持ってる人なんだなという新しい発見がありました。
大好きすぎて思い出すだけでキュンキュンする😍😍😍❤️❤️❤️
>|