ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリスの作品情報・感想・評価

上映館(38館)

「ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス」に投稿された感想・評価

romao

romaoの感想・評価

3.5
こどものお付き合い映画だが、結構見れた。しかしこのビルドって作品は全ライダーでスピンオフ作るつもりなのだろうか。
ライダー映画を初めて劇場で観たけど、話もコンパクトで幸せな結末でちゃんと完結してスーパー良かった。メタルビルド?のデザインが渋くて良い。

グリス、ライダーで一番好きかもなぁが一番好きに変わった。変身前も変身後もいい。変身もいちいちかっこいい。

ビルドシリーズ、あんまり話題にならないけどかなり面白いと思うのでもっと広まってほしいけど、これで終わりっぽい。最後の祭りだし。
しんや

しんやの感想・評価

3.9

序盤はふざけすぎ。いかにもビルドって感じ。

メインキャスト勢揃いかつ、全員の変身も見られるので、ボリューム抜群。

グリスはどの形態もカッコよくていいね。
けめこ

けめこの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ビルドはね~本編がすぱっと畳みすぎたので、Vシネはまあお祭りとして楽しもう、と思っていたのですが、今作もそんな感じで楽しめました。
だってVシネなのにマッドローグ含めて全員変身するなんて…!ビルドの、というより、平成ライダーの裏総まとめ(表はもちろんジオウ)って感じがしました。ジオウ夏映画よりもあとに公開されてる、純然たる平成ライダーとしては本当のラストを飾る作品ですからね。次の冬映画はジオウゼロワンで令和が入るから。

まああとはやっぱり、武田航平さんのライダー総決算ですね…守るべき人のためになんちゃら、みたいなセリフって、今作だけとかじゃなくビルド全体を見ても、全然そぐわないし、空回りしてるんですよ。ビルドって、東都救済、地球救済の話だから、守るべき一般人の影が薄い作品だと自分は思ってて。まあそこが持ち味なんでしょうけど。主人公側の苦悩とかがメインなので。
だからこういうセリフは、自己流に解釈して、音也として戦ってきた航平さんの歴史も重ね合わせて味わいました…いやそうしないと、ビルドの文脈だけだとほんと空虚だから…
戦うことを運命として選んだんだ!みたいなのもね、航平さんの歴史を考えるとほんともう…
ていうかそもそもキングダムっていうネーミングもダークキバを思い出しちゃう…もちろん猿渡ファーム→猿渡王国みたいな意味がメインだってわかってるけど…でもそこで例えばワンダーランドとかwじゃなくて、王につなげるのはやっぱり意識してるよね!?って…

カシラと三羽ガラスの絆、コメディはもう大満足!役のみならず演者さんたちもほんとに仲がいいんだなってのが伝わってくるし、全員体張りすぎでありがとうございますだし、面白いところもかっこいいところも全部盛りPV!って感じ。
バトルシーンもスマッシュたちが好き~~~キャッスルの背中をグリスが駆け上がるのと、パーフェクトキングダムになってからのキャッスルの力での防御が好き。オウルの飛行アクションも見れたし。
スタッグがメタルビルド見て、黒いビルド嫌いって言ったの、すごい重かった…そりゃそうよね…
三バカが倒れたとき、ハザードスマッシュだったら死ぬんじゃないかと思ってドキドキしたけど、パンフによるとハードスマッシュだそうで…よかった…

興行収入がすごいらしいですが、ビルドファンはやっぱりVシネ観に行く層の大人が多いのかな?という印象ですね。

とりあえず、推しのマッドローグがスクリーンに映ったの初めてなので、それだけでも十分満足です。あのベルトはサイボーグじゃなくても使えるように戦兎がなんとかしてくれたと信じよう。
部下が難波チルドレンとか言い始めて、って言ってたけど、たぶんブロスの鷲尾兄弟とかのことだよね…!新世界でもつながりがあって嬉しい!
でも、新世界って難波チルドレンは存在しないんだよね…紗羽さんと内海が、実はそこでつながってた!っていう部分が大好きなので…
まあでも紗羽さんも幸せになってるっぽいしいいか…プライムローグもスクリーンデビューしたしね…!

葛城パパが戦兎のことをもう1人の息子って言ってくれて感動した…よかった…!そして巧とも和解して…!この部分はビルドラスト作品でやってくれてありがとうございます…。
ゲストが前作のクローズより控えめな分(というか前作が濃すぎたんじゃ)、北都組だけでないテレビのレギュラーメンバーを描いてくれた…!

しかし葛城パパ、仲間内で人体実験してたんかい…技術者周りで恨み買っちゃうのはまずいのでは…?我々はそれを鎧武で学んだはず…俺を実験台にしたやつに報復を、そして俺が支配者に…ってそれ鎧武Vシネシリーズの狗道供界じゃん…
メタルビルドに変身した趙珉和さんあんまり話題になってなくて悲しい…いい味出す方よね…

そして三羽ガラスは生きてるやつ!もうねーーー万丈が何も言わない時点で察した。余計なことしゃべんなよ、って戦兎にきつく言い聞かされてきたんだろうなってのが目に浮かぶようだ(笑)戦兎のそういうところ何気に好き。うじうじ悩んでるよりも堂々と(?)策をめぐらせてる方がかっこいいもの。

メインストーリー的には蛇足感は否めないけど、平成総決算としての絵面は見応えあるし、レギュラーキャラクターたちのビルドの着地点としては良かったと思います。
W

Wの感想・評価

3.6
スタートからやや不安があったものの、最終的にはしっかり楽しめる内容でした。
グリスの新フォームもかなりよかったです。
tetsu0615

tetsu0615の感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ついに映画館で見たぞーーー!
なんだかんだでビルド大好きだし、グリス大好きなので大満足!

ドルオタから始まって、ギャグ全開からのハードな本編。フラれた傷心旅行のおかげとか新しい敵の説明、すっかりネタキャラのうつみん、など笑える要素をばらまきつつも、グリスのカッコいい姿、グリスブリザードの活躍、そしてグリスパーフェクトキングダムの熱い戦いはテンションを上げてくれる!!お馴染みのメンバーも総出演で各ライダーも活躍してくれて大満足!!

ビルドが造り出した新世界。旧世界の記憶を持つものは人体実験を受けた者のみで平和な時間が続いていた…ある日テロリスト集団が襲撃、ライダーたちは変身能力を奪われてしまう。ただ一人変身能力を奪われなかったグリスは戦いを挑むが…

物語は「ドルオタ、推しと付き合うってよ」から始まる笑。カズミンのギャグモノローグ劇場にニヤニヤが止まらない笑
案の定というかフラれたカズミンは傷心旅行へ…(そしてこれがまさかの重要ポイントに)

敵は前作クローズでも描かれたロストボトルでの関連者。今回は葛城父と共に研究していて犠牲になった科学者という(少々後だしジャンケンな)敵になっている。
科学者?ということなので、戦兎や葛城巧が相手どりたい処だが…まあ良いだろう。
うつみんのネタキャラ(そして放置プレイ)も挟みつつも新たな敵が持つ力で変身能力を奪われるライダーたち…(そして敵の力の説明するときのザックリ感笑)
傷心旅行(という名の遭難)で入った温泉のおかげ(というギャグのような展開)で変身出来るグリスと三羽カラスは戦いを挑むが…フラれたとは言え、あそこで立ち上がらないグリスだと思うのだが…まあいいか。
グリスらしいアクションシーンやグリスブリザードの活躍も見れて嬉しい限り。
前作では出番の無かったジーニアスやマッドローグ、まさかのプライムローグの登場もファンとしては嬉しい。
そして登場したグリスパーフェクトキングダム!最初は「オッ!?」と思ってたけど、動くとやっぱりカッコいいしカズミンの声で暴れてくれると最高にイカす!

守るモノの為に、絆を胸に心火を燃やすグリスの活躍は熱いので最高!
やっぱり生きてると思ってた三羽カラスと合流して、ドルオタドリームを叶えたカズミンというハッピーエンドで何より!

だろうねぇ~という展開の連続でどんでん返しみたいなストーリーはないが、その分安心かつ楽しみながら見ることが出来るので大満足です。

各々ヒロインと結ばれたし良かった良かった!朝までホテルで…笑組とドルオタドリーム組、戦兎は万丈と…(クローズのヒロイン?なんのことかな?)、うつみんは難波重工と…でしょ?笑

大好きなビルドメンバーのお馴染みのやり取りとグリスの活躍を存分に楽しめて大満足の作品!
ばろん

ばろんの感想・評価

3.4
最近のVシネスピンオフって作らされてる感が強かった。純粋に面白かったといえるものはそうそうなかったけど、グリスはその間な印象。

ビルドらしいストーリーなのはある意味安心したが、出る度に磨きのかかるみーたんの可愛さは一海に嫉妬するほどだ。

また今回は「戦争・軍事」という大きなテーマで進めてくれたのが良かった。前作のクローズがSF路線で何でもありな感じがしてしまったのでより良く感じた。

メタルビルド、ファントムビルドのガワの良さはもちろん、ビルドライダー達が総出演したのも、最終幕らしくて燃えた。

ただ個人的にはグリスブリザードは使って欲しくなかったな。あれは命をかけて変身したことに意味があったと思うし、最初で最後のというのが醍醐味ではなかったのか。

新世界へ移ってどうしても都合良くなってしまった感じがしてしまう。見といて何だけれども。

戦万2人だけのエンドがやっぱそれだけ印象的だったのかな。
OASYS1985

OASYS1985の感想・評価

3.5
途中までハードだった(^^;)テレビシリーズのスピンオフはいい意味で各キャラクターをたて楽しませてくれる。前半ギャグ~アクション~やっとかのラブストーリーも悪くない
BTTM

BTTMの感想・評価

4.0
『仮面ライダービルド』スピンオフ第2弾にして真の最終回。
まさかの3号ライダー主役回が作られるとは。制作発表された時はビックリした。

本作の主役、仮面ライダーグリスは非常に人気の高いキャラクター(かく言う私も推し)なので作品ファン・特撮ファン・俳優含むキャラクターのファンということでかなり補正が入ってますがそれを差し引いても文句なく面白い。

シンプルで分かりやすく、燃える展開。
ヒーロードラマの生姜焼き定食ってくらいど真ん中王道の構成。作品を追いかけてきたファンへのサービスカット。これはあれですね。『アベンジャーズ/エンドゲーム 』と同じ種類のご褒美ですね。

今作だけ見てピンとこなかった人はTVシリーズから順に見ていけばこのレビューが伝わるかもしれません。たぶん。
Annu

Annuの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

コメディー盛り盛りでとても楽しかった!

何より万丈の彼女の存在が1ミリも出てこなかったので嬉しすぎた

グリスと三羽ガラス以外のメインキャストもいい感じ出してくれて作品のファンとして嬉しかった
全員の変身名乗りが最高にかっこよくて、これはもう一回スクリーンで見ないと終われません
>|