コールド・クリーク 過去を持つ家の作品情報・感想・評価

「コールド・クリーク 過去を持つ家」に投稿された感想・評価

ザン

ザンの感想・評価

2.0
どうでもいいという感じが拭えないな。つまり展開に引き込まれないというか。馬をプールに浮かべるとか趣味が悪い
琉太

琉太の感想・評価

3.0
アザーズみたいなホラー作品と思っていたら勘違い
執拗に粘着するストーカー的な嫌がらせ作品でした
詰めが甘くて後半から失速しますがデニスクエイドが頑張って何とか観れました
ホラー作品ではないんですが、めっちゃ面白いです!!☆自分好みのサスペンスでした。♪

まず、キャストが豪華ですね。
デニス・クエイド
シャロン・スト-ン
スティ-ヴン・ド-フ

都会から田舎町の家に引っ越して来たデニス・クエイドとシャロン・スト-ンの夫婦の一家。田舎町の住人たちの冷やかな視線のなか、訳あってこの家を手放した前住人のスティ-ヴン・ド-フが現れて夫婦一家に執拗な嫌がらせを行うようになる。

冒頭のシ-ン~キャリアウ-マン風のシャロン・スト-ンが上司と朝の飛行機内での会話で「部長に昇進させてやるよ。今日はその事についてゆっくり話がしたいから一泊して行こう」と誘われます。💕少し困惑顔のシャロン。
ここでシ-ンが変わり、旦那が朝早く子供たちを学校に送るシ-ン。シャロンから電話がかかり会話してる時に子供が交通事故に遭います。慌てて家に帰ってくるシャロン。子供は全く無傷でしたが、夫婦は「もう都会は嫌だ!田舎で暮らそう!」となり引っ越して来るんです。☆ここまでで、まず言いたいのは、僕はてっきりシャロンが上司に誘われたりして嫌気がさして田舎に逃げたのかな?とか思ってましたが…じつは、あの上司の誘いをOKしてたんですね。たまたま子供が事故に遭ったので流れただけ。

ここで、またまた女性の心理を分析すると~出世のためにOKしたと言うよりも、シャロンもエッチしても良いとゆう気持ちがあったに違いない。以前にも書いたが~女性には大義名分を与えてあげましょう。男が女に対して『しませんか?』と言って『はい、しましょう。』なんて女が言うわけはないし、言わせても駄目だし、そんな事言う女も引きますよ。でも今回みたいな出世をエサにするのは邪道やけどね(笑)★皆さんは他の大義名分を使いましょう♪

で今作品、シャロン・スト-ンは役にハマってて良かったです。サスペンス好きな方は絶対に観て下さいね~☆
Santa

Santaの感想・評価

4.0
なかなか濃厚で楽しめました。シャロン・ストーンは伊達に美し過ぎて、役柄に少々というかかなり違和感がありました。デニス・クエイドはこのキャラに最高にマッチ🎉🎉🎉アメリカでの持ち家の意味がよく現れていました。
foxtrot

foxtrotの感想・評価

2.6
 最初に聞こえてくるニュースにおける遺族の市を相手取った5億ドルの損害賠償請求は家族という繋がりにおける1つの価値観の示唆なのかな?

 妻は早朝独りで目覚め夫はその背中を見送ることをせずまた夢の中。夫(父親)クーパーが目を覚まし子どもたちと慌ただしく朝の仕度を始めたときには妻(母親)は上司と空の上。そんなどこかバラバラでチグハグが常態化してしまっただろう家族を想わせそれ故の余裕の無さから…として忙しない都会を想わせ、一家でゆったりとした田舎へと越してくるという動機の描き方はうまい。彼ら(主に父親)が繋ぎとめようとしている繋ぎとめるべき家族という絆が際立つ。さらに都会人(移住者)と地元民との確執でそれが浮かび上がりやすくなっている。

 自身に暴力を振るったデイルから身を挺して守ってくれた姉を前にしても、その身を案じてくれた姉がデイルに襲われても、そして家族殺しであると判明して尚デイルを慕う女性(妹)が描かれる。この場所が閉鎖的なムラであることは街の人間と、コールド・クリーク邸に住む者たちとの歴史で劇中ひたすらに描かれており、それが彼らを繋ぎとめているものなのだと、因果なのだとする示唆が散りばめられている。

 劇中他の男に流れそうになった妻に激昂する夫クーパー。ひたすらに家族のために尽くしてきたと自負しているが故の怒りか。ここで彼ら家族(夫婦)という繋がりにも暗雲が立ち込めていた。コールド・クリーク邸に住んだ男たちはどうやら代々妻の不貞に悩まされたようだ。閉鎖的なムラにおける彼らと主人公夫婦及び家族と何が違うのだろうか。何が彼らを結び付けているのか。

 クーパーが繋ぎとめようとしている守りたいとする家族の絆とは一体何なのだろうか・・・
まだ、クリステンかわいい女の子。
ツインテールとかポニーテールとか…
でも、睨み顔はこの頃から怖いんだ。
Ryuji

Ryujiの感想・評価

3.0
なんか嫌がらせがせこくね?蛇とか馬とか。つーか、デイルが何に対してそんなに怒ってんのかよく分かんない。で、保安官どうなった?
屋敷物ホラーかと思いきや、普通のミステリィでした。
サブタイトルが『悪魔の棲む家』とか『ホーンテッド』ぽいんだものw

でもまあ、なかなか面白かった。
デニス・クエイドってだけで私は満足なのです♪
ちなみに彼の作品では『オーロラの彼方に』が1番好き!



妻と2人の子供とニューヨークで暮らすクーパー(デニス・クエイド)。
バタバタした日常や、息子が事故に遭いそうになった事から、郊外に引っ越す。

見つけたコールド・クリーク邸は、かつてマッシー一家が住んでいたが、家賃滞納で売りに出されていた。
早速住み始めたクーパー達の元に、出所したての前住人デイルがやって来る。

職もなく路頭に迷っているデイルに、家の修理をさせるが、ある日ヘビが大量発生。
クーパーは、デイルが家を取り戻そうとしていると知り、追い出してしまう。

その後、デイルの過去を暴こうと家を調べ始めると、なんと彼の家族の死体を見つける。
そこへデイルが戻って来て…



と、ほとんどネタバレしてますが、一応あらすじはこんな感じ。

妻役はシャロン・ストーン☆
って全く気付かなかった!!
何故か美しさのカケラも感じられず、ただ叫んでる使えない女性だったし…
女優って凄いな。

全体的にはいわゆる普通のミステリィ作品に落ち着いてしまってます。

途中ヘビが大量発生と書きましたが、実は5,6匹程度だし。
そして、旦那がおかしくなって家族を襲うとか、デイルに殺された子供達が助けを求めてくる、ってワケでもない。

どんでん返しやオカルトっぽさは期待出来ないけど、デニス・クエイドがお父さんってだけでいいや~って内容でした♪
彼は本当に父親役が似合う!

お昼に12chで放送するなら調度良い、そんな作品。
transfilm

transfilmの感想・評価

2.9
またまた映画&ドラマ感想2本立て

<コールド・クリーク>
ゲームオブスローンズの深みにはまってる最中にこの映画を観てみました。
「リービングラスベガス」のマイク・フィギス監督作品。
クリステン・スチュワートやデニス・クエード、シャロン・ストーン、処刑人のお兄さん等が出演してます。

全体的に普通な作品で、すごく面白いわけじゃないけど、そこまでひどくもない感じでした。
しいて言うなら、シャロンストーンの演技はちょっとだけ気になった。
あと、"ひつじをハンマーでいっぱい殺したぜ!"をはじめとする、コールド・クリーク一家の怪しいホラー的歴史が全然ストーリーと関係なかったところが残念だった。
結局、事件は〇●がきっかけだという。でも、この監督らしいと思った。やっぱり男を狂わせるのは〇●だというところ。

ちなみに映像は、21世紀の映画とは思えないくらい
やる気がなさそうな感じだった。
でも、マイク・フィギス監督の映画って、どれもカメラワークは微妙かもしれないと思う。
でもまあ、元々ミステリーが好きということもあってか、退屈な映画ではなかった。まあまあo面白かったかな?

クリステン・スチュワート、ゲームオブスローンズにでてくれないかな。

<ゲームオブスローンズ シーズン3まで鑑賞>

最近観始めたら止まらなくなるドラマ。
登場するファミリーは大体覚えたし、標語まで覚えてしまったよ。ウィンター・イズ・カミング!
それにしても、シーズン3の最後であんなことになるとは・・
ここ数年で一番ショッキングで気絶しそうでした。

〇ゲームオブスローンズ これまでのお気に入りキャラクター
・インプ
お気に入りポイント:自由人なところ
・グレイショイ家のお姉さん
お気に入りポイント:「やあ、弟君」
・サーセイ
お気に入りポイント:逆三角形の口元
・マリア・スターク
お気に入りポイント:大人になったらエミリーブラントみたいになりそうなキャラ
・野人のお姉さん(ローズ・レスリー)
お気に入りポイント: スコティッシュな振る舞い。

お気に入りから普通に格下げ
・ジョンスノウ
理由:野人のお姉さんもてあそんだ。

嫌い
・エミリア・クラーク
嫌いポイント
・かりーし、かりーし周りに言わせすぎ。
・ドヤ顔で自分語話しすぎ。(古代ヴァリリア語、ドスラク語)
・ドラゴンと周りののぼせあがった男たらちがなんでも言うこと聞くから調子にのってる。
・偽善的な上にパワーオブアメリカン的
・ニューカマーなのに、前々からいそうで新人にみえない。


自分の家系もなんか面白い標語があればいいのに 笑。
おみ

おみの感想・評価

-
ふっと見つけて、スティーブンドーフさん出てたから観た!!

とてつもなく普通だったぜ!
そこが逆にすごい!

話がほんとに。
わかりやすいけど、予想を裏切らなくて、もうここまできたら予想を裏切らない方がいいや!と、思わされた。
>|