悪魔の棲む家の作品情報・感想・評価・動画配信

「悪魔の棲む家」に投稿された感想・評価

風神

風神の感想・評価

2.8
子供の頃に、
ロードショーとかの映画雑誌で見て
やたらと気になり、
大きくなってから、観ました。

なので
しょぼさばかり気になりました。

子供の頃は
壁から血が流れるとか
かなり怖かったんですけど。
長男による家族惨殺事件。その1年後に引っ越してきたラッツ一家に次々と起こる怪奇現象!28日間の記録。何とこれは実話のようで実際に家は存在する!(今も普通に誰かが住んでるらしい)
怪奇現象映画という事で、直接的な暴力的な場面などは冒頭の惨殺シーンぐらいしかないが、一番最悪な事態を見せられる事でもしかしたらこうなってしまうかも?っていう緊張感と精神のギリギリのきわきわまで追い詰められていく様は恐ろしい!「この家…何か気持ち悪い」のオンパレード、助けたいのに助ける事ができない神父の失明シーンのおぞましさ、蝿の気味悪さ、窓の目!(音楽はサイコのオマージュ?)クライマックスの血の階段!と見所たくさん。恐ろしさのエッセンスぎゅんぎゅん。間や音楽の使い方がうまくてゾッとする。その中で精神的に追い詰められていくジョージのやつれていく様は怖い・・。キャシー役のマーゴ・キダーも最高!あの明るさは唯一無二で本当に素晴らしい役者やなあと実感。水ぶくれの顔面、しわしわになる顔面、急に挟まれるワンシーンワンシーンが恐ろしい。
tacorin

tacorinの感想・評価

2.5
 この時代、映画タイトルに「悪魔」多いですね。今から考えればアミティビル・ホラーにした方がインパクトあるような。
 広く知られた呪われた家ホラーで、敵の存在も意図もはっきりしないし、解決もしない不条理系。昔テレビで見てそれほど怖いとも思わなかったがなぜか印象に残った。改めて見ると、この家の姿自体、確かに無気味。実話を元にしているらしいが、家もこういう形だったのだろうか。
YOK

YOKの感想・評価

3.0
元祖!って感じ。

結局なんだったの?って感じだけど、虫とか蠅とかの描写がちょこちょこあったから、たぶんベルゼブブを崇拝しててってことなのかな?って自己完結。

もっと惨殺とかある感じかと思ってたら意外とそんなことなく、主人公の旦那さんがひたすら頑張ってた。彼は心身ともに強い男でした。

色んな人が出てくるから誰が助けてくれるんやろ…って思いながら見てたけどかみんな中途半端な活躍。旦那の共同経営者の妻がいきなり開花して話が展開しだしたの笑っちゃったい。

いわくつきの家に越してきて…って展開の映画はいくつか見てきてたけど、こちらが元祖なのかな?って思った。シャイニング的描写にシャイニング的な曲のせるのヘヘッ…って笑った。どっちのが古い作品なんだろ。

ラストは本当にあった話っぽい終わり方だったけどどっちなんだろ…フィクションでもノンフィクションでも有り得そうな展開だからどっちにもとれそう。

割と解決しないし盛り上がりにはかけるし謎も大して解けないんだけど見れちゃう不思議な映画。可もなく不可もなく。公開当時に見てればセンセーショナルだったのかなぁ…って古い映画見る度思っちゃう。

昔の映画に出てる女優さんみんな綺麗で憧れちゃうよね。
オープニングの過去の事件の画を観て
やっちまったと思ったら案の定
70年代のハリウッドらしい
流行をパクったら見事にスッ転んだ映画
映画自体は☆0だったんだけど
ジェームズ・ブローリンとロッド・スタイガーの頑張りに免じて
ママン

ママンの感想・評価

2.8
記録

ワシの幼少期のトラウマの1つ🌀

こんなのテレビで放送してたんだから、今は守られ過ぎるけど、それ以上の洗脳番組流してる方が悪意に満ちてる(大笑)
エクソシスト以降
悪魔ものの作品増えました。
スタッフも一流どころで
恐らく
営利目的でしょうね。
少年ながら
そら
恐ろしかったす!
mgc

mgcの感想・評価

3.2
殺人事件があったワケあり物件に住んだ(住むなよ)一家を怪奇現象が襲う!

ハエが沸いたり、子供が転びやすくなったり、部屋に閉じ込められたり、地下室に地獄への井戸があったり、デロデロ液体が階段からにじみ出す出したり。地味な呪いに苦しめられていく...

実際に被害にあった(殺人はあったが怪奇現象はデタラメ)一家が出版した本の実写化作品。
foxh08

foxh08の感想・評価

3.3
ツインテールの破壊力を味わい薪を組んで組んで組みまくって犬との友情を感じる映画です。
ANGELO

ANGELOの感想・評価

3.5
2週間振りの映画鑑賞でした。久し振りに刺激が欲しくてホラー映画を選択。

70年代の作品だったため、ある程度は寛大になって観ようと思っていました。しかし、蓋を開けてみるとそんな心配は無要で非常に楽しめました。

一見、安そうな演出や音楽もこの作品においては味になっていた。

夫婦のファッションがお洒落で、バブアー、ダナー、トレンチといった現在まで続く当時のお洒落アイテムも登場。

自動車も非常にカッコよく、シボレーのバンやヤマハのクルーザーが良い味を出していた。

ただ当時のアメリカの家ってさすがに古臭くて不便な造りになってるなと思った。外観は可愛くてもあそこには住めなさそう。

ビックリ系の怖さはないんだけど、作品全体を通して気味の悪さが漂っていて緊迫感がある。
>|