悪魔の棲む家の作品情報・感想・評価・動画配信

「悪魔の棲む家」に投稿された感想・評価

sawa

sawaの感想・評価

3.5
とても怖いけど、思ってたのとは違う怖さ。怪奇現象とは言い切れない(ものすごく不運なだけかもしれない)ギリギリのラインを攻めてくる、厭なホラーでした。自分なら何日目で引越の決断をできるか考えてしまいます。ネコちゃんはかわいい。
 一年前に殺人事件があったが部屋数も多く家具も付いているので、お得に家を買い、ジョージとキャシーと子供3人の5人が引っ越してくるが、その家は悪魔が棲んでいて不可解な出来事が次々起こるという話。悪魔自体が出てくるわけではなく、事件のあった午前3時15分に何かが起こる。家を訪れる客に悪魔は嫌がらせをして客は気分が悪くなって帰っていく。最後の10分くらいになってようやく今までの展開とは変わっていく。ジョージがドアを鍬みたいなので壊していくシーンはシャイニングを彷彿させる。ジョージがどんどん顔つきが変わっていったり、行動に異変が起こっていく様は見ていて面白かったが、全体を通して全く怖くなかったのでいまいち。でも家中に血が流れていくシーンと大量の虫が湧いてるシーンは良かった。
リンク

リンクの感想・評価

3.4
雨と雷が作り物丸出しで残念。1979年の映画だから仕方ないかー。
悪魔的なものが出てきて怖がらせるのではなく、見えない何かに恐怖する感じ。殺人事件が起きた家には住みたくないわ。しかもまだ1年しか経ってないとか。外国では前の住人の家具をそのまま使うみたいだけど、ソファーとかベッドとか気持ち悪くないのかしら?私は絶対に嫌。
家の壁や階段から血が流れるのは良き。
死霊館シリーズやインシディアスシリーズと比べると、やはり劣る。
お化け屋敷感がチープ。
リメイクたくさんされてるみたいだけど、B級臭がプンプンするので観ないと思う。
天然3号

天然3号の感想・評価

4.1
これ大好きで
ワタシが子供の頃にテレビの金曜ロードショー的な番組で見ました。
すっごい怖いんだけどクセになる。

今アマプラでエクソシストを見ていて、
この映画のことを思い出したのでちょこっとメモがわりに。

すっかりおばちゃんですが
幼い頃を思い出してまた観たいです。
いい時代になったよね思い付いたらすぐ観られる。

昔の映画の方が怖い気がします。画像が綺麗ではないというのがまたいい。
めっさ怖かった〜コンディションのせいだったのかなんなのかはわからないけど今まで観たどんなホラーよりなぜだか一番怖く感じた。悪魔がうんぬんてなるまでは……

あの家がフクロウみたいなのも不気味。

旦那さん役が『サラマンダー』の時のクリスチャン・ベールにめっちゃ似てた。マーゴット・キダーは美人だと思うし嫌いじゃないんだけど、ツインテールしたりリボンつけたりチアリーダーみたいな格好してたりと50代なのに娘と同じようなフリフリ着てたり若づくりを勘違いしてる痛いママみたいなロリロリな格好させられてるのがちょっとアレでした…。
ちょっと長いかな…
私は死霊館とかエクソシストとかがとても好きで、悪魔すんでる家ならそのくらいバシッと取り憑かれるのかな〜?と思ったら案外あっさりしてたなという印象。
どちらかというとパラノーマルアクティビティ感があったかな。
実話ベースだからまぁ被害が少ない方が絶対いいんだけどね。
シャイニングぽいシーンがあって感動したけどこっちの方が先らしい。すごいや。
方眼

方眼の感想・評価

4.0
1979年”The Amityville Horror”。実際にあった事件を元にしたオカルト映画。家が殺人を犯す、という話。壁から血が出るのだ。
海水

海水の感想・評価

-
シャイニングより1年前に公開されてるけど、見まごうような部分がいくつかあった。

神父さんの手つきがたびたび麗しい。
キャロリン、最初「なんか怖い入りたくない」とか言ってたのに、バーで本見たとき、嬉々として悪魔の話をし、「やっぱり行ってみたい」「わたし霊感ある」などとと言い出し、地下室見つけたら変な声まで出してノリノリだったの、マジで不謹慎だな、と思った。
階段の丸取れるところが好きです。
yuukite

yuukiteの感想・評価

3.4
公開時映画館で。ジェームズブローリン主演のホラー。実話ベースの脚本。住んではいけない家に引越してきた家族。「スーパーマン」で一躍有名になったマーゴットギターも。ロッドスタイガーが神父役。後にリメイクシリーズもあったような。
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

2.5
テンポわりーな。でも、現代ホラーみたいに音でビビらせるのではなくて心理的に追い込んでいくのは昔ならではだな。
>|

あなたにおすすめの記事