チェブラーシカ 動物園へ行くの作品情報・感想・評価

チェブラーシカ 動物園へ行く2015年製作の映画)

上映日:2016年07月30日

製作国:

上映時間:18分

3.8

あらすじ

「チェブラーシカ 動物園へ行く」に投稿された感想・評価

61 2019/2/24 イオンシネマ調布シアタス
チェブラーシカ可愛すぎた
ワニさんとの最期のチェスで笑い死にそうになった
いやぁぁん❤めっちゃ可愛い❤❤
女子力上がる❗『ちえり』の前の上映。中村監督の世界観❗炸裂ですね❗
富美子ちゃんの声と、恐ろしくマッチングしてて、たまらない❤❤❤
入場特典もらえます🎵
『ちえりとチェリー』の同時上映作品として鑑賞。
かわいいよ、かわいいよ。
ロシアの元のやつって、こんなに可愛くなかった印象なのに。
あ、『ちえり~』と同じ日本の監督が撮ったのか。
首の傾げ方ひとつ、こちらの感性のツボをつく。
おそろしい逸品。
チェブラーシカが病的に可愛い。
嬉しくなって短い脚で走り出すところとか幼児性のある動きは特にコマ撮りアニメとの相性がいいと思う。
登場人物の成長が無くただただ日常の一コマを切り取っているだけなのもこの手の短編特有の魅力。
ヴレア

ヴレアの感想・評価

3.0
久しぶりのチェブラーシカ新作。わずか18分の短編なのに、体感時間は結構長く感じられた。

ワニのゲーナが風邪をひいた為、チェブラーシカが代わりに動物園でワニを演じるという展開が面白い。
そこへシャバクリャクによるお馴染みのイタズラか炸裂して動物園はパニック状態にー。

「ばんざーい」を連発するチェブがとにかく可愛いかった。
記録 2019 02月 13本目 累計 35本目
ちえりとチェリーの同時上映でしたが独立であったのでこちらに記録
キャラは知ってたけど独特の世界観に圧倒されました。
シュールというかナンセンスというか とにかくみんな可愛いかった。吹替のおかげもあるのでしょうが。
キャラは女子受けしそうですね。
人間と同じ生活をする動物のキャラクターたちの勤め先が動物園(柵の中の動物)なのがおもしろい。
動物園に勤務しているワニに向かって「どうか野生のワニを演じて下さい」とツーショ頼み込む発端から、もうどこから突っ込んでいいのか分からなくて笑うしか。家も職場も鍵がかかってない。なんて平和。
新文芸坐のアニメスタイル ・ストップモーションアニメ・オールナイトにて鑑賞。
Kuma

Kumaの感想・評価

3.4
風邪になったゲーナの代わりに、動物園で働くことになったチェブラーシカ。実際の看板と違う生き物がいることで、混乱が起こる。

可愛くてほんわかした。オリジナルのチェブラーシカっぽい温かみがあった。
チェブラーシカに多くは求めないが、求められるものは全部揃ってると思う。

知らない人に帽子持っていかれるが、「返ってこないんだ…」と少し不完全燃焼。
>|