霧の中のハリネズミ/霧につつまれたハリネズミの作品情報・感想・評価

霧の中のハリネズミ/霧につつまれたハリネズミ1975年製作の映画)

YOZHIK V TUMANE

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:10分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「霧の中のハリネズミ/霧につつまれたハリネズミ」に投稿された感想・評価

coro

coroの感想・評価

4.5
随分昔に、その頃すでにブームとなっていたチェコアニメや、ノルシュテインも含め東欧アニメを見漁っていた頃に出会った大好きな作品。

絵本のほうは何度も読んでいて、このアニメに出会ったときには心がときめいた。
この頃の東側諸国の絵本は寡黙で幻想的な色使いをした心に沁み入る作品が多い。

水に映る星を探すハリネズミの可愛いこと。野いちごのハチミツ煮を懸命に運ぶハリネズミの可愛いこと。霧に溺れてしまわないかと白馬を心配しながら自分が溺れてしまうハリネズミの可愛いこと。

君がいなかったら、誰と星を数えるの

会えてよかったね
knkne

knkneの感想・評価

4.2
日本の水墨画に似た濃淡のみで表現した切り絵アニメ。
霧の中を進むハリネズミ。
そこで出会う美しい白馬。動物たちの影。
幻想的な世界へと引き込んでくる。


「愛のむきだし」や「攻殻機動隊」でも引用されたコリントの信徒への手紙13章にある
童の時は語ることも童のごとく
思うことも童のごとく
論ずることも童のごとくなりしが
人となりては童のことを捨てたり

これが観終わった後にふと頭に浮かんだ。
なつこ

なつこの感想・評価

3.3
木苺をもってコグマの所へ向かうのは初めてじゃないだろうに、霧が行く先を阻む。
霧の魅せ方がとても幻想的で、世界を深く濃くする。
しかしハリネズミに表情が無さすぎて、心の言葉が響いてこない…。
これ、代表作なんですよね?
私合わないのかな…(´・ω・`)
うーん、ハリネズミくん可愛いな。何となく小学生のときに読む絵本みたいな感じだけど、たった10分間が魔法のように感じられる作品。陳腐な言い方だが非常に芸術的なアニメーションである。ディズニーとはぜんぜん違うタイプなので好き嫌い分かれそうだけど。ラストの熊さんは一体…?
ロシアのアニメ作家ユーリー・ノルシュテインの作品。霧の中へ消えたり浮かび上がったりする影の濃淡の奥行きを感じる緻密な表現。幻想的。水の実写のレイヤーを重ねシーンを立体的に。ハリネズミくんと小熊くんの会話なごむ。ランプに照らされた蝶々の影。ハリネズミくんの目が好き。
kai

kaiの感想・評価

4.0
未知の世界に恐怖し魅せられ、星空を眺めながら余韻に浸るハリネズミの姿は、まるで子供の頃に感じていた、自分のまだ知らない世界への好奇心を思い出させてくれるようだ。
白い馬のように神聖な思い出はいつまでも心に残り続ける。
Cisaraghi

Cisaraghiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

霧の中に入りこむハリネズミ(ロシア語でヨージックというらしい)と不思議な生き物たちのお話。

夕闇の中で、濃い霧の中で、夜の闇の中で、星明かり、霧の向こうのボンヤリした明かり、小さな炎の灯り、月明かり、ランプの灯りなど、いろんな明かりの表現が素晴らしい。ロシア人にとって暖かさの源になる明かりがいかに大切なものかがわかる気がした。
 ヨージックがラッコになって川に浮かぶ場面は、水と光と闇が織りなすリアルな表現とアニメらしい絵とが組み合わさって、何か見たことのない世界になっている。
 星の明かりが点った、発光しているような空の青が何とも言えず美しい。

言葉は少ないが、セリフや語りもまた詩的で美しかった。スパシーバ。
ユーリー・ノルシュテインという映像作家の短編アニメーション。ロシア映画祭で選集が催されるとは有名な方なのですね。

ハリネズミくんが子グマくんに木苺のジャムを持って会いに行く物語。怖い思いをしたり不思議な体験をしたり。あの神々しい白馬は何を表してるのか…

柔らかく儚い映像。水面は実写なのかと思うほどとても印象深く美しい。想像を掻き立てられる物語。幼い頃に出会えてたら豊かな感性を得られてたかも。
deadcalm

deadcalmの感想・評価

4.8
好きすぎてその後一時期家でハリネズミ飼ってた。実際のハリネズミも用心深くて本当にちょっとしたことで針玉になってぷるぷる震えるんだなと学んだ。リアル。

霧の中で怖い思いをするヨージックも川に落ちて流れていくヨージックもいとおしい。最後のこぐまくんのウザさもいとおしい。
あす

あすの感想・評価

4.5
🐴や🐘のリアルさ!デフォルメされた🦔、🐶、🐻の可愛さ!🦉のおっかなさ!
>|