パンダコパンダ&パンダコパンダ雨ふりサーカスの作品情報・感想・評価・動画配信

「パンダコパンダ&パンダコパンダ雨ふりサーカス」に投稿された感想・評価

mo

moの感想・評価

3.7
あんまり軽々しく言いたくないけど、イメージの原石みたいなものたくさん転がっていた
パンダコパンダ至上主義者です。パンダコパンダ過激派です。
Netflixにもっとジブリ入れて下さい。
またもやかわいい
家に浸水こわい…けど
世界観がかわいすぎる

みみ子のおばあちゃんはいつ帰って来るの?(笑)
とろ

とろの感想・評価

3.5
しっかり者みみこちゃん相変わらずかわいい🐯🎪困ったときのパパ頼り🐼

洪水した後の町にポニョを感じた🐟
悪杭

悪杭の感想・評価

3.6
2021年 鑑賞 21-114-4
監督(クレジットは演出)は高畑勲氏で、宮崎駿氏が原画、原案、脚本等を担当している、パンダ・コパンダシリーズの2作目のアニメ作品。のちの「となりのトトロ」の原型と言われていることが有名。

一つ屋根の下で暮らすミミ子(声: 杉山佳寿子さん)とパパンダ(声: 熊倉一雄さん)、パン(声: 丸山裕子さん)親子の家に、一匹のトラの子(声: 太田淑子さん)が迷い込む。その子トラは近所に巡業して来たサーカス団から逃げ出したトラだった。それが切っ掛けとなり、ミミ子達はサーカスへ招待されることになる。だがその晩は大雨が降り、朝になると辺り一面家を覆うほどの大洪水となっていた。ミミ子達は、洪水のために立ち往生していたサーカス団の動物達を救うため、ベッドをいかだ代わりに助けに向かう...

パンダパパンダコパンダ♪ 最高やないか!

全く同じ日には「東映まんがまつり」でも、「パンダの大冒険」で、子パンダのロンロンの声を演じているためか、前作でパンの声の太田淑子さんは、トラの声にシフトしている?
山田康雄氏の声のキャラが、泥棒に間違われる奇跡。
トラのかわいさ、愛くるしさったら... しかも、パンちゃんの真似を!かわい過ぎ!
逆立ち、逆立ち、尻尾立ち。お風呂のシーン、最高!
パンちゃんーーー!毎度か?お家芸?
トラちゃんにパンちゃんが、サーカスで大騒動!
トラちゃん母に心を開いたミミ子は、トラちゃん母に舐めてもらう。
パパンダ、ミミ子、パンちゃんが乗るキックスケーター?に乗りたい!
雨の夜。ミミ子の母性爆発!本当に小学生?パンちゃんの想いも最高!
大洪水の朝。あり得ないことまみれだが、映像は子ども向け、ファミリー向けと思えぬ高クオリティ!
屋根の上のパパンダは、トト●に見えた!
トラちゃんから手紙、あれで伝える?
ベットをいかだ代わりに、動物たちの救助。
パパンダの腕まくりや、あのシーンが好き!
最後の車両は誰も乗ってなかったの?
路面電車ならぬ、(暴走)路面蒸気機関車だ!
楽器演奏のミミ子とパパンダとパンちゃんに癒されるぅぅぅ!
春

春の感想・評価

3.8
こちらも懐かし。
洪水で水没したところにベッドを船にして浮かんだり、そこでクッキー食べたりとかが楽しそうで、こっちの方が好き。
そんで相変わらず狂ってる。特にタケノコが良い。

パンダコパンダ自体トトロの元という感じだけど、この作品の水没はポニョを連想させたり。
zoso30

zoso30の感想・評価

2.5
「劇場版 パンダコパンダ」の続編であるが、前作よりも面白くなかっ😅

サーカス団から逃げた「子供のトラ」がやってきて物語が始まるが、盛り上がりに欠ける展開。

この映画は高畑勲監督作品であるが、脚本は宮崎駿。
落伍者

落伍者の感想・評価

4.0
再見。冒頭、「3びきのくま」」。子供の頃は水没した世界という、美しくもナンセンスなものに惹かれていたような気がしていたが、今思うと、「千と千尋」や「ポニョ」のような彼岸や文明崩壊に夢中だったのかも。
ぶく

ぶくの感想・評価

3.8
色々深く読んでしまうと、、、みみこの家庭の事情なんかが気になるけれど、まだ幼い子供達が、既成概念無しに ただ楽しく観賞する アニメだと考えると、幸せと平和に溢れたアニメだと思う。
私は前作の方が好みだったけれど、今回トラちゃんの参加でまた可愛いが増える。みみちゃん、パンちゃん、トラちゃんの逆立ちポーズ最高。

パンちゃん、トラちゃんのママと再会するシーンは、ハラハラした後の幸福感が半端なく、普段感じた事のない温かさを感じてやられちゃう。
続編がなくて本当に残念。
観賞前には何とも思わなかったパンダコパンダの絵が 観賞後には可愛くて可愛くてしょうがなくなっちゃう。
古池

古池の感想・評価

3.8
怖くないポニョみたいなシーンがある。可愛い!とにかく可愛い。
>|