シューター:狙撃手の作品情報・感想・評価

「シューター:狙撃手」に投稿された感想・評価

首相候補の暗殺計画に苦悩する凄腕ヒットマンの姿を描くガン・アクション☆

幸せを過去に置き去りにした孤独な主人公。
ちょっとぉ~"Boots"かっこいいんじゃない!?主演のゲイリー・ストレッチ様ダンディで良い!好きになっちゃった♡笑

UKボーカルグループ「Blue」のリー・ライアン出演してんじゃん!顔見てすぐに分かった。調べると映画出演はこれだけっぽい。懐かしいな~BlueのCD昔持ってた♪

他にもヴィニー・ジョーンズ、クリストファー・リーのお二人と、お目当てのスティーヴン・レイ様までいて、悪役の似合うキャスト揃いでカモフラージュ的に黒幕が誰か全然分からなかったのが面白かった。

悪徳警官ジョーンズ氏が一番乱暴で怖かったよ…女にも暴力ふるうの最低!w

優雅なセットにレイ様のカラフルなストライプシャツの衣装がお洒落*☆いつもの冷徹かつ気が狂れた大物感はここでも発揮していらした。彼がギャングのボスやるとピーンと空気が張り詰めるね。

この間『ウルフマン 狼男伝説』のインタビューで共演者が「彼が"間"を置くとそれが生きてくる」って褒めてたなぁ。レイ様は会話の無い部分で空気までも自在に操って演技できるのかも。「オーラ」の事だよね、これってきっと。

本作は色々キャストで楽しめたのもあるんだけど、特にストーリーが良かったかな。

やっぱり主人公を好きになれると映画って楽しいっ♪♪

*☆Keyword*☆
『Who is the Mastermind?』
スミカ

スミカの感想・評価

2.5
収拾つかなくなって無理やり黒幕を決めた感。辻褄が合ってない。
元サッカーウェールズ代表のアクション俳優、ヴィニー・ジョーンズ主演のサスペンス。殺しの依頼と兄弟の愛憎劇の二本のラインがわかりやすく展開され収束していく、見やすいすっきりしたストーリー。演出も丁寧でおしゃれな雰囲気もある。銃撃戦やアクションは当時流行ってた手法を真似してる感じでイマイチだったな。でも、レンタルで出回ってるB級英国映画の中では良質だと思う。
2016.12.24 MOMDO TV(録画)(字幕)