ベンジャミン・バトン 数奇な人生の作品情報・感想・評価・動画配信

ベンジャミン・バトン 数奇な人生2008年製作の映画)

The Curious Case of Benjamin Button

上映日:2009年02月07日

製作国:

上映時間:167分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に投稿された感想・評価

瑛FUTOSHI

瑛FUTOSHIの感想・評価

5.0
何度目かの鑑賞。

人生に行き詰まりを感じて、
歳をとったなぁと感じて、
(最近つくづく思う。歳はとりたくないものだと。)

なんとなく、この映画を観たくなる。

観るタイミングによって感情が揺さぶられるシーンや共感できる人が変わってくる(今回はデイジーに感情移入)

この映画のテーマのひとつの“一生一愛”

あれはたしか27歳ぐらいのとき。

「結婚はまだなのか?」と父に聞かれて、「まだだね」と答えると「それでいい。俺も27歳で結婚は早かったなぁ」と答えた父にすかさず「どういうことよ!」とツッコミをいれる母。

あれはたしか35歳ぐらいのとき。

「結婚はしないのか?」という話になったときに、
「私はお父さんと会ったとき、この人だと直感で思った。お父さんは後悔してるの?」と聞く母に「そんなことないよ」と照れくさそうに、だけど優しく答える父。

“人生は複雑とは限らない、求めるものを知っていれば。”
nono

nonoの感想・評価

3.8
こうなる結末は分かっていたけど、、、最後は感動した。とてつもなく壮大な1人の男の人生映画です。
記録。
若返ったときのブラピがきらきら。肌が発光してた。
みなみ

みなみの感想・評価

4.0
悲観的な感じじゃなくて全体的にみんな前向きなのがいい。設定が唯一無二だと思う。
TB12

TB12の感想・評価

3.8
フィンチャーとブラピの鉄板コンビながらもなんとなく上映時間が長いとかそんな理由でずっと敬遠してきた作品だったけど見て良かったと思えた。

最近はこの手のファンタジー作品にはあまりのめり込めず「くだらね…リアリティないやん」と冷めてしまう傾向にあったけどこの作品の世界観にはスッと入り込めた。

ストーリーに劇的な展開はないけど琴線に触れるポイントがいくつもあって静かに感動出来る中々の良作だと思う。

原作はアメリカ文学を代表する一人であるスコット・フィッツジェラルドの小説。

そして脚本を書いたのはエリック・ロス。
偶然だけど昨日見たミュンヘンの脚本も彼だった。

ついでに言うとフォレスト・ガンプの脚本を書いたのも彼であってそう言われるとこの作品もどことなくフォレスト・ガンプに似てる気はする。

ちょっと残念だったのは演出面ではフィンチャー節があまり感じられなかった事。
製作費1億5000万ドルも掛かってる大作だし控えめにしたのかも?(いや勝手な憶測だけど)

とは言え最後まで楽しめたのは脚本も然りだけどやはり監督がフィンチャーだったのもデカい。

それになによりブラピがハマり役でブラピを眺めてるだけでも結構満足感が高い(若返るにつれ美少年だったジョー・ブラックをよろしくの頃のルックスになって行ったのには笑ってしまったがw)

ケイト・ブランシェットも中々悪くなかったけど演技力を発揮できる場面があんまなかったのは少し可哀想だったな。
あと今作で初めて思ったけど少しだけジェニファー・ローレンスと似てる気がした

そういやブラピとケイトってバベルでも夫婦役やってたよね(どうでもいいかw)

あとチョイ役ではあったけどティルダ・スウィントンやマハーシャラ・アリやエル・ファニングが出てたとは知らなくて嬉しいサプライズだった。
koaf9257

koaf9257の感想・評価

3.7
ありそうでない不思議な物語。
話の進みも悪くない。
映画だけだったら3.0。
ただ彼の80年、どんどん若返っていく過程の30代から20代のブラピがイケメンすぎて色気が溢れ出すぎて…彼のそのビジュアルだけでスコア爆上げになる作品。
Tsubaki30

Tsubaki30の感想・評価

3.8
不思議な設定、不思議な魅力。
時を置いて、何度か観ましたがそれなりに満足します。
かとう

かとうの感想・評価

3.6
長かったけど良かったブラピがまた良い
okawari

okawariの感想・評価

3.2

好きだ!


よかったなあああ、、、


人生の初めから終わりまで描いているのに、ちゃんちゃら感がなくて、今まで出会ってきた人を大事に想ってる感じが、好きだった。

ブラッドピットは、ジョーブラックの時もそうだけど、このなんというか、現実世界で少しだけ魔法を足す映画の中のファンタジっくな役がとてもお似合いだと思う。

映画ならではの、少しだけ魔法をかける、わたしはとても好きだ!!!

結構色が重めで、暗めだったから、見るの躊躇っていた、もし、自分が監督でこれを見せるなら、もっとビッグフィッシュくらいな明るさにしてたと思う。
でも、ストーリーがとてもチャーミングでよかった。
>|