ベンジャミン・バトン 数奇な人生の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ベンジャミン・バトン 数奇な人生2008年製作の映画)

The Curious Case of Benjamin Button

上映日:2009年02月07日

製作国:

上映時間:167分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に投稿された感想・評価

hinano

hinanoの感想・評価

4.8
現実的ではないけど、新鮮なストーリーでした。成長するほど若返っていくベンジャミンと成長するほど年老いてくるデイジー、本当に切なく、ただのありふれたラブストーリーではなかったです。最愛の人と一緒に年をとれることがどれだけ幸せかを考えさせられる映画でした。
リサ

リサの感想・評価

3.5
人は老いたら出来ないことが増えていくとして、若返ったらどうなるのか?
許されないことが増えていくのかな
精神は成熟していくのに、認められないことばかり増えていく人生はつらいだろう

ベンジャミンとデイジーが、もしも世界に二人きりだったら、もっと信じ合えて、もっと幸せだったかもしれない
悲しさを孕んでいても、美しく誇らしい人生であったならいいと願う
Rui

Ruiの感想・評価

3.1
最後まで観れたが、登場人物が自分の中であまり魅力的に見えずなにを伝えたいのかイマイチピンと来ない作品であった。ブラピはかっこいいし演技も良かった
トエダ

トエダの感想・評価

3.5
この作品は人が死ぬ場面で、ハチドリが事あるごとに登場する。
おそらく、このハチドリは生命の流転を表しているのだろう。

「ハチドリの羽は8の字にはばたく」

作中に登場するマイク船長の言葉だ。
「8」は作中でも説明されている通り、∞を表す。たどる道は違えど、人は必ず死に、また他の命が生まれる。
ハチドリは、人が死ぬと必ず現れてどこか遠くへ飛んでいく。これは「フランダースの犬」のラストの天使を想起させる。
ハチドリは、命のバトンを次に引き渡す天使のような役割なんじゃないのかなと感じた。

その脈々と続く「死」と「生」の流転をベンジャミンの一生を通じて、僕たちは傍からある程度の距離を保って眺めていく。

この映画はどこか冷たい。
その冷たさは、おそらくストーリーの語り口の距離からきているのだと思う。
まず、ベンジャミンの日記が書かれたのはリアルタイムではなく、かなり時系列的には後の方なので、その文章は後述談のような体裁のはずだ。
そのため、1人称的な揺さぶりは起こりにくく、どこか客観的で俯瞰的に事象を映していく印象を受けた。
例えば、人の「死」に対してベンジャミンはそこまで感情的にならないし、そこで盛り上げようと派手な音楽を奏でたりもしない。
最愛の母が死んだときでさえも、なんだかあっさりと切り上げたように見えた。
それはたぶん、ベンジャミンが後述談的に「死」をもっとヒキの角度から見ているからだと思う。
だから、あらゆる事柄に対して距離が遠いしある種の冷たさも感じさせてしまう。わかりやすいエンターテイメントにもならない。

ベンジャミンが語り手のはずなのに、僕が結局ベンジャミンという人間をそこまで理解することができなかったのは、時間的距離と視点の遠さから彼が内省的にならずに物語を語ったからなのかもしれない。
鑑賞して間もないので薄っぺらい言葉しか浮かばない。出会いがあれば別れがあること。自分に降りかかる出来事には必ず何か意味があること。人生における大事な選択とそのタイミング。愛。生きていく上で大切なことがたくさんつまっていた。

今ある感情としばらくしてこの映画を思い出した時の感情が綺麗に混ざるといいな。
ブラピが船での旅から帰ってきた夜、ケイトブランシェットが公園でバレエを踊るあのワンシーン、ハッとするほど美しい。ベストムービーショットの一つに選びたい。
行動は積極的すぎて自分がブラピの立場なら幼馴染みの子があんな風になってたら割とショックだけど笑 


フィンチャーってこんなハートフルな映画も撮れたのね、ってくらい優しいストーリー。純粋に良いもの見た。
爺さんがだんだんブラピになっていくの、分かってるからこそめっちゃウケる
人生について考えさせられる映画
幸せは、それぞれの形で訪れると思いました

デヴィッド・フィンチャー監督と聞いて衝撃
サスペンスのイメージが強かったけど
どんな映画でも撮れるんだなと思った
J

Jの感想・評価

1.0
観てて、なんか違う…と感じた人いない?
僕は なんか違うと一度思ってしまい、その後入っていけなかった。
設定は面白い。
老人として生まれ、若返ってゆく数奇な男の物語。

生まれ、実の父親に捨てられ、優しい人物に育てられた。
始まりで涙が溢れた。それは、彼への同情なのか、彼の未来への困難を想像したからなのかわからない。けれど、彼の探究心、新しいことへの挑戦心などを見ていたら、すごく希望が湧きました。
ベンジャミンから娘への手紙は一言一言とても心に残ります。
2人がヨットで旅の途中、ビーチで海からデイジーが顔を出し、2人が見つめ合うシーンが好きです。
ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェットの演技はもちろんのこと、2人とも美しすぎる。
よく練られてるな〜と思った作品。ブラピのイケメンさが光りますね。
>|