愛する人の作品情報・感想・評価

「愛する人」に投稿された感想・評価

r

rの感想・評価

3.9
静かに進んでいって最後は繋がって感動した。いろんな愛のかたちがあるんだなあって。
mini

miniの感想・評価

3.0
"it’s the time spent together that counts. More than blood. Time counts the most. -Find her now. Before time runs out. After that only regret remains. And regret is a killer. "
本当に良かったです。本当に。

2幕で何の説明もなく突然トーンが180度変わる訳(と映画上空白の時間)が、本編と同じくらい大事で、すごい引き立ってる

ここに書ききれないくらいポイントは沢山あるんだけど、やっぱり中南米映画は色んな面で先取してるし、面白いです

このレビューはネタバレを含みます

最後に話がつながる系のよくあるパターンだけど、題材がかなり深刻な問題で、おもしろかった。

親子の話なんだからこの邦題は無いと思うけど笑

アネット・べニング、やはり良い女優さん、、、
彼女の話し方、表情の作り方、物腰、笑顔がとてもすき。21センチュリーウーマンでもとてもよかった。
shuco

shucoの感想・評価

4.0
じみーに良かった。
アネットベニングのビフォーアフターの演技は素晴らしいし、この作品のナオミワッツはとても綺麗だったし役にも共感出来た。ルーシーの母親には私自身の母親に持つイライラ感が見事にシンクロして、でも結局1番頼りにしてるところも同じだった。
カレンの夫になる男性や彼の娘も良かったし、盲目の女の子の存在も良かった。
エリザベスとカレンには会って欲しかったけど、またそこの演出がラストに効いてくるんだろうなぁ…
Marquez

Marquezの感想・評価

4.0
例えるなら、静かな海のようなお話。

登場人物が多いのに騒々しさはなく、ひとつの時間軸に沿って時が流れ、最後に収束する。
人生において重大な出来事である誕生も死も、寄せては返す波のように淡々と描写される。感動の余韻も静かに海のように広がっていく。

弱音を吐く娘に「Be the mother!」と言い聞かせるS・エパサ・マーカーソンの静かなる迫力と、アネット・ベニングの表情の変化は見所。
Eri

Eriの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

心を閉ざした女性が徐々に心を開き、周囲と仲良く過ごせるようになる姿には感動。
ただ、娘さんの結末が悲しくすぎる。
mother and child
誰しも誰かから産まれてる。
自分にも母親いるし、父親がいる。
それは真理だよね。

でも、その後どういう人生が待ってるかはわかりゃーせん、別に悪い意味ではなくてね。

血が繋がっていてもいなくても母親は母親。
なんだろーなーー笑

やっぱ、人は人で幸せになるのかなー
Naz

Nazの感想・評価

3.9

過去を悔やんで、悲しんで、葛藤して、それでも前を向いて生きようとする女性の姿に感動しました。

エリザベスの苦しみは、誰にも理解されなかったんだろうなと思うと、ハッピーエンドではないなと思いました。。
ゆみみ

ゆみみの感想・評価

3.7
14歳の頃に産んだ娘を養子に出したことをずっと後悔している母親と、その成長した娘の話です。すごく感動した。2人を軸にしていろんな人が出てきますが、最後繋がります。繋がるまで長いけど、無駄なシーンは一切なかったと思えるくらい余韻がすごい!
>|