ベンジャミン・バトン 数奇な人生のネタバレレビュー・内容・結末

ベンジャミン・バトン 数奇な人生2008年製作の映画)

The Curious Case of Benjamin Button

上映日:2009年02月07日

製作国:

上映時間:167分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に投稿されたネタバレ・内容・結末

細かいけどデイジーが窓から見てる時に娘の風船飛んでいく時のブラピ尊さ というか後半かっこよすぎて無理…

という感情と

2人が同じ歳になるのが一瞬すぎて作品通して穏やかやのに胸が苦しくてしゃーない感情になる

あとケイト・ブランシェット眩しい

ブラピがブラピになるまでがちょっと飽きる
ベンジャミンの最期をデイジーが看取ったのがよかった
ハッピーエンドだと思う
ただ「良い映画」という言葉だけで終わらせたくない

ベンジャミンの人生は外見が若返っていくだけで
ほかは普通の人達と何ら変わらない

映画自体、ベンジャミンが産まれてから青年期までがすごく長くて、ラストに向かっていくにつれて加速して行った気がする
それも人生と同じで、幼い頃は時間の流れがゆっくりに感じていたのに、歳を重ねるにつれ時間を早く感じる
ただの1人の人生を普通に描いただけなのに
老いて生まれ赤ん坊で死に行くという設定があるだけでこんなにもメッセージがはっきり見えて率直に伝わるのかと感動した


伏線の使い方がすごく上手いと思った!
デヴィッド・フィンチャーさすがだしどうした?って感じだけど好きな映画だった!!
見終わった直後は、細か〜い設定※1がどうしても気になって、3.7にしてたけど、見終わってしばらくして、じわじわあの暖かさが蘇ってきたので3.8に。
※1 逆回りに進む時計の話、あんなに深掘りして説明しておく必要あった、、?戦死した息子の話しなくても、ただ「壊れた時計がありました」ではダメだったのかな。
それから、ボタン工場継いだの、、?継いでないと思うんだけど、果たしてあの自由に過ごしてた期間のお金はどこから湧いてきていたんだろう、、

ずっとデイジーのことを気にしつつ、いろ〜〜んな経験をしていくところ、その過程が素敵。そしてデイジーと何度か会って、ようやくお互いの気持ちがお互いに向いて、恋人になって、結婚して、子供産んで、「子ども二人は見れない」と言って別れを切り出して、最後はデイジーがベンジャミンを看取る、、あ〜儚いけどすごい綺麗なお話。
あとベンジャミン、育ての親2人には感謝しなきゃだね〜!!2人とも、本当に本当に素敵な人だったね。
例の時計が水に浸っていってしまう儚げラストのシーンは、ずーっと映像として頭に残っています。周りに勧めたい綺麗なお話でした。
人生は分からない。
病院で老いたお母さんの看病をする娘が、お母さんに頼まれて日記を読む。それは本当のお父さんの話だった。生まれた時に母は無くなってしまい、お父さんは生まれた顔を見て、ある家の階段に置く。その家の人は子供に恵まれず、ベンジャミンを育てる。そこは老人ホームで、周りがみんな老人だったから違和感もなく幼少期を過ごす。その時であったデイジーは5歳。
デイジーとの歳による考え方の違いに何度もすれ違うけど、43と48で子どもができる。
ベンジャミンバトン氏の人生を辿ると同時に自分のこれからの人生を思わされます。人は年を重ねて行くごとにだんだん子供に戻ってゆき、最後は赤ちゃんに戻って死んで行くという話をふと思い出しました。
旅行から帰る夜の高速道路後部座席で見た映画。その夜景と映画の雰囲気がマッチしていて今でも思い出すと感傷的な気分に浸ってしまう。
他の人とは違い、時が進むにつれ若くなっていく主人公はなかなか他人と一緒に時を歩めない。数々の出会いと別れを繰り返していく。視聴者はその人生を見守っているただひとりの傍観者であるような感覚で映画を見ることになる。ほぼ同い年のときにまるで普通のカップルのように日常楽しむ二人は、この先に待っていることが予想できるからこそ切なくて尊い。何も知らずに見れば、ただ老婆が赤ん坊をあやしているようにも見える最後のシーンは、あのころのふたりを思えば涙なしに見れなかった。美しく切ない映画だった。
前半は少し退屈して、
中盤はテンポが良く、
後半は少しダラダラしてた印象。

人生とは何か?という、
哲学的なことを考えさせられた
映画だった。

(見た目はおじいちゃんだけど)、
子供なのに達観しているベンジャミンが大人すぎて、、、
娘と妻のために失踪する場面が
悲しかった。
ラスト20〜15分、涙が止まらなかった
運命だから仕方がなくて、切なくて
でも受け入れて寄り添うのが優しくて

自分あるいは身近で起こってることのようで感情移入させられた
エリザベス遠泳成功してよかった
ベンジャミン…
かっこいい…
ブラピ…
なんで行っちゃうの?
まだ早いじゃん
バカ
思い出になる前に出て行くって
ひどい
置いてかれる身にもなって
悲しすぎ
ピアノ教えてくれたひとが死んだときめちゃ泣いた
ベンジャミンにとってピアノって
大切なもの
カンガルーの絵本
デイジーの腕の中で彼女を思い出した
みんな死に目に会えてなさすぎ
ママが最高だったな
優しい
娘ができても息子として接してくれる
最高
好き
雷おじいちゃん毎回説明してくれるの結構好きだったな
>|