ビッグ・ライアーの作品情報・感想・評価

「ビッグ・ライアー」に投稿された感想・評価

Taka

Takaの感想・評価

3.3
ユニバーサルスタジオハリウッドのスタジオツアーしてるみたいで楽しかった!
スタジオセット使いまくり!
hana

hanaの感想・評価

-
なんだか所々既視感あるなぁって思ってたらエンドロールで脚本がダンシュナイダーってあって大納得、笑
そりゃ彼の作品のプロって言い張れる並みに見てるもん既視感あるさ笑笑

長さもちょうど良いしただ笑える内容だから気晴らしに見るのがちょうど楽しめると思う。

【あらすじ】
主人公のジェイソンが嘘つきで、ひょんなことから彼の作文がハリウッド大物プロデューサーの手の元に。
それを元に映画が作られると気づいたジェイソンは取り戻しにハリウッドへー。

広告担当のお菓子食ってるおばさん50FKでも凄い強烈なちょい役だったから印象残ってる。
会話の中にアダムサンドラーやメグライアンの名が出てきてニヤッと。てかアリッサミラノも名だけ出てきてびっくり。Insatiableでしか知らないからそんなに有名なの?!!!ってなった。
嘘つき少年ジェイソンが宿題の為書いた作文が事故で映画プロデューサーのウルフの手に渡り、作文を映画化。それを知ったジェイソンが父親の信頼を取り戻す為と盗作を認めさせる為に友達カイリーを連れハリウッドに乗り込むコメディ映画。

悪人に子供が仕返しをするのはホームアローンぽいけれど、大人も仕返しに一役買ってることと、ハリウッドということで仕返しの規模は大きいです。プラトーンを思い出させるようなシーンも楽しい。
テンポよく進むので最後まで飽きずに、観るとスカッと出来る万人向けファミリームービー。
平均点が低くて見れてなかった今作
フォロワーさんのレビューみて観ることに。

いゃあぁあぁあぁ
大好きな大好物な作品だった。
これ冗談抜きで。面白かった!!!
最初から引き込まれてずっと飽きなかった。
一瞬ホームアーロンを観てる気分になったけど気のせいか?

やっぱり評価なんて人それぞれやから
気にせずに見てみることが一番いい。

フォロワーさんに感謝します。
隠れ超良作。
観てる人少なすぎ問題と平均評価意外と低い問題ね。

あまり他の映画を引き合いに出すのは好きではないが、この映画を1人でも多くの人に観てもらうために言うと、監督がナイトミュージアムとかリアルスティールの人なので、もう少し観てる人いても良かったと思うんだけどなぁ。

内容はというと、前半はわりとパッケージのイメージ通りよくある軽めのコメディって感じだけど、後半は結構刺さった。映画好きなら刺さりそうな気はする。
アマンダパインズは、いつもながら刺さらなかった。
ただこの映画のポールジアマッティは素晴らしい。
一句詠むなら、

小太りの
憎たらしい顔
それがポール(ジアマッティ)

って感じ。

もっと多くの人に観てほしい超良作だった。
白石

白石の感想・評価

3.5
デロリアンに寝そべるアマンダとか最高なんだけど!!!!

ユニバーサル全開で映画の本編よりも舞台セットばかり見てしまう。

子供時代に見てたらハマってたなと思う!!!

よかった!
たしか小学5年生くらいの時に
この感じの映画TSUTAYAで掘り漁ってて
たまたま見つけたのがこれで
なんていうか中身はそんなにだったんだけど
オープニングのガラクタだらけの部屋とかゲームしながら寝てるとかTVの横のエイリアンの顔の置物とか寝坊してスケボーで学校向かうとか

当時の自分にはかなり刺激受けちゃって
TSUTAYAでそのオープニングの3分くらい見るために5回は借りたのを覚えてる。

その時流れてるSMASH MOUTHのカモンカモンとか朝ガンガン聞いて真似してたな
rena0614

rena0614の感想・評価

3.6
家族向け映画って感じでほっこりした気分になれます(*ノ∀`*)
宿題で書いた作文が盗まれて映画になった!著作権は自分なのに映画プロデューサーは知らんぷり。
仕返し成敗してやる!って映画だった。

主人公が頭よくて嘘がポンポンと出てきてトントン拍子で上手くいく様は痛快。
ブルーに染まったあたりから話はどんどん面白くなっていきました(*ノ∀`*)
まるでホームアローンを見ている気分で楽しませてもらった。
とり

とりの感想・評価

2.5
「ハリウッドは弱肉強食」ギミック、こういうってのってキャラクターより仕掛けや展開だけに(作り手も観客も)目が行くから難しい。ポスト・ジョンヒューズにハリウッドのクリシェと安っぽさ・軽薄さをミックスしたような気軽さ手軽さ←だからか子供の頃に想いを馳せてノスタルジックになったりしない出来ない。好きな感じなんだけど薄味であんまり印象に残らない感じ。振り切れているのがいい処もあるだけろうけど、ここまで来たらファミリー映画というよりお子ちゃま映画?冒頭からフェリス方式のウソの付き方で美味しそうだけど、それからは流石に無理すぎるウソもあり残念引いちゃう。ホームアローンばりの報復は楽しい。主演の子供たちはノリノリだけど大体映画には頭の回る賢い子供が多すぎるから飽和状態。リベンジの相手となる悪徳プロデューサー役ポール・ジアマッティは絵に描いたような嫌味で軽薄な大人像を体現して馬鹿馬鹿しく浅はかな金と名声だけに踊らされるハリウッド的人間を揶揄する存在みたい。子供の頃ならもっと素直に楽しめたのかもしれないけどオチ弱すぎ微妙すぎ。教訓:周りの人には優しく接して敵は作るな。

「お前は物語を作る天才だ」"I wrote Big Fat Liar""I'm blue. No, I mean literally."
勝手に関連作『ミックマック』『ディック&ジェーン』『ゲーム』『ホームアローン』

TOMATOMETER42 AUDIENCE44
Critic Consensus: Though there's nothing that offensive about Big Fat Liar, it is filled with Hollywood cliches and cartoonish slapstick, making it strictly for kids.
こう

こうの感想・評価

3.9
僕の好きな映画ってこういうのとか「フェリスはある朝突然に」なんだけど、未だに上手く形容できないな。ファミリームービーなのかな?

誰か僕が好きそうな映画をおすすめして下さい…笑
>|