アナポリス 青春の誓いの作品情報・感想・評価

「アナポリス 青春の誓い」に投稿された感想・評価

求められるのは
屈強な肉体と不屈の精神、
そして仲間たちとの揺るぎない絆!!

海軍士官学校を舞台に
士官候補生たちが
上官らの執拗なまでのしごきや厳しいルールに揉まれながら
進級を目指し頑張っちゃう!!

ジェームズ・フランコの好青年ぶりが目を引く本作であります。
にしてもこうしてみてみるとデイヴ・フランコとそっくり!!さすがは兄弟。
今までそんなに意識したことなかったのですが
今回は本編中何度か、似てるな〜と思った場面がありまして
改めて納得してしまったところがありますね。


偶然か、はたまた運命か、
幼少の頃から憧れていた士官学校へ入学できるチャンスを手にしたジェイク。
父親の造船所で工員として勤めていたが
そこから一転士官候補生へ。

エリート校の門をくぐるジェイクに
早速手厚い洗礼の数々。

想像をはるかに超える過酷な訓練、
意地の悪い上官たちからの無理難題や理不尽極まりない扱い、
とりわけ上官たちの中でも
上層部から一目置かれているコール中隊長とはウマが合わず
対立は日々激化していく。

仲間との連帯意識、
頭に詰め込まなければならない膨大な知識、
血の滲む努力とライバルであり仲間でもある同期たちの支えで
徐々にその才能を開花させ
次々と課題を達成していくジェイクだが、
ある一件をキッカケに上官に殴りかかってしまい
処罰を決める審問が開かれることに。

退学を覚悟したジェイクだが
その前に彼にはやらなければならんことがある。。
士官学校で催される最大のイベント、ブリゲード大会
上官だろうと候補生だろうと
階級を一時忘れて
リングの上に立って拳を交える、参加者はツワモノ揃いのボクシング大会、と。。

日々のトレーニングの成果を発揮し
決勝まで勝ち進んだジェイク、
その決勝の相手は
因縁の上官 コール中隊長、と。。
待ったなしの3ラウンド
その開始を告げるゴングが今…


直面する様々な壁を
仲間とともに乗り越えていく姿や
燃えたぎる情熱を秘めた候補生たちが
訓練を通して成長を遂げていく姿を
活写した青春ドラマに仕上がってます。

フランコのほか
バーで客と待ち合わせ、噂によれば
そのみちのプロである美人”エスコート嬢”
と思いきや現実は違うようです。
黒髪美女の正体は
なんと士官学校の上官のひとり、笑
そんな美人上官 アリに扮するはジョーダナ・ブリュースター!!
今回も文句のつけようのない美しさを
ありがとうございます、笑
エスコート嬢としての活躍も
観れるもんならみたいですけどね、笑
物語が進むにつれて
フランコとのロマンス要素もほんのり香ってきます。
まあ〜好きになってしまうのも
無理もないですね。
ただ上官と士官候補生ですので
はい、付き合いましょうで簡単に交際できるとは
考えづらいですけどね。。

それからコール中隊長演じたタイリース・ギブソン!!
こちらもなかなか!!
上官と士官候補生という立場で
フランコとはバッチバチでした。
なんならもっとしごいてくれても
良かったのですがね、笑

ほいでこちらの方も上官のひとり
ドニー・ウォルバーグ!!
弟マークだけじゃないぜ、と。
常に冷静、落ち着いた態度で
ジェイクと接する姿が印象的でした。


メルーランド州アナポリスにある士官学校か、、
こういう青春もいいもんです。
映画JP

映画JPの感想・評価

3.0
海軍の士官学校に入ることが決まった青年。ボクシング映画っぽくなってしまったのが残念。
Zip-ang

Zip-angの感想・評価

2.0
前半上官の新入生しごき
ボクシングがからんでからは
マンネリ感満載
結果的にはだいたい想定内
ゆず

ゆずの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

父と造船所で働く主人公ジェイク。彼は亡き母のすすめもあって、幼いころから対岸はメリーランド州アナポリスの海軍士官学校に憧れている。入学に必要な「議員の推薦状」をゲットするため議員のもとにしつこく通い続け、なんとか入学願書を出したジェイクの元に、補欠合格の知らせが来た。「命令されるのが嫌いなお前に軍隊が務まるわけがない」という父の反対を押し切り、とうとう士官学校の門をくぐる…

性格がバラバラな仲間とも、なんだかんだ少しずつ問題を解決してうまくやれるようになったり、反りの合わない上官と衝突したりするけど、過去にあった出来事が原因だったり実はすごく真面目なだけで、終盤でほんとは良い奴だと分かり尊敬するようになり、父からも認めてもらって、恋人もゲットして大団円…的なよくある展開なんだろうなと思って見ていた。
というか実際わりとそんなかんじだった。

ただ気づいたらボクシング映画になってた。

まあ普通に面白かったのだけれど、途中から士官学校である意味はほとんどなくなってたなw

造船所の同僚、友人でもあるAJ役が、NTLiveの二十日鼠と人間でスリムを演じていたジム・パラックだったことにテンションが上がった。共演してたんだなぁ。
Achan

Achanの感想・評価

3.5
やる気が出る。自分を鍛えようと思える映画。
ジョーダナ・ブリュースターに憧れたなあ。。
えりみ

えりみの感想・評価

3.1
思ってた内容と全然違う。
戦争映画で新兵訓練をネタにした企画って多いけど、士官学校をタイトルにもってきたヤツは珍しいし、知られざるアメリカ海軍士官の出来るまで!みたいなものを想像してたのに・・・

物語が1年生の1年間だけってどういうこと!?
しかも映画の見せ場がボクシングって!?
ジェームズ・フランコが最初から最後まで軍人らしくみえない。ジョーダナ・ブリュースター(ワイルドスピードに出てたラテン系の美人や!)も華奢で士官にゃ見えへんし。

話の焦点が散漫でピリっとしない脚本。
これは軍隊モノのカテゴリーにいれたらあかん。
海軍士官学校を舞台にした、青春もの♪

優等生、落ちこぼれ、頭脳派、肉体派・・・
厳しい規律の中、幼い頃からの夢を実現させるために、必死にしがみ付く主人公
やがて、友情のドラマが展開されるのかと思いきや・・・

ビックリするくらいの、ボクシング映画で、拍子抜けwww

全校ボクシング大会、ってのが、主軸になってくるんですよね(^^;)
言わば、主人公の目標とか、成長の度合いを、分かりやすく表現はできるんですが
士官学校が、あんまり意味がないというか・・・
J・フランコの、本気のボクシングは見応えありますし
やっぱり、真っ白の制服姿は、カッコいいんですけど

(スポ根)青春モノの王道、まんまそのもので
そんなに古くはないのに、時代を感じてしまいました・・・

あの恋愛は、短絡的すぎるぞっ!(怒)

特別、なにっていう内容ではないですが
短髪、細身、でもちょいマッチョなJ・フランコが観れます♪
ファンの人にだけ、おススメw
Dan

Danの感想・評価

4.5
2009
海軍の話。
ボクシングで上官と戦うために練習するとこ大好き。