幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

愛する妻を失い、哀しみにくれるオーヴェ。1人で生きていく人生に希望が持てず墓参りの度に失意を募らせていた。 ある日、そんなオーヴェの隣にパルヴァネ一家が引っ越してくる。 浴びせられる罵声をモノともせず、何かと問題を持ち込むパルヴァネにオーヴェは次第に心を開いてゆく。 悪態はいつしか愛嬌になり、彼は愛する妻との思い出をゆっくりと語りだした――――――。

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

MINA

MINAの感想・評価

3.7
コミカルな話の進め方がおもしろい(*^^*)
頑固なおじいちゃんが、次第に心を開いていく姿にほっこり☺︎
tooooooo

toooooooの感想・評価

4.0
怒鳴り散らしてる頑固なおじいさんているよなーって最初は思ったけどその人にも悩みとか苦しみがあって大切なことを守るために自分が嫌われてでも貫き通すおじいさんのいいところが見れたいい作品。
etthm

etthmの感想・評価

3.8
オーヴェ。若い頃はイケメン。すぐにググって俳優さんの名前を調べる私。いや、それは置いといて…
オーヴェ。異常なまでの秩序への拘り。偏屈オヤジ。でも、隣人の女性により彼の良い部分が引き出されていく。本当は良い人だからなんだけど、私だったらこんな人とは距離を置きたいけど、人って深く付き合ってみなければわからないものだ。深く付き合うまでが大変なんだけど、隣人女性の臆する事なく人と関わっていける明るい性格と温かさを見習いたい。
美しいオーヴェの奥さんソーニャも。
ソーニャがオーヴェに手を差し出す時に何で指一本しか出さないの?って思ったら…そうか、握られた手を他の指で守るようにオーヴェの手を握り返す。本当に愛に満ち溢れた女性。
心が温かくなる映画。
妻に先立たれ失業し自殺未遂を繰り返す独居老人…いたたまれない。冷笑が漏れるようなブラックさもありこりゃどうなることかと思ったが呼び起こされる想い…父親との思い出や妻の面影は柔らかくお堅い流れを解していき現実生活での新しい隣人との交流で北国の寒々しい光景や意固地なおじいちゃんの心をも溶かしていく。どう見ても人気を博しそうな内容で自分も好きなタイプの作品かと再生したのだけどいいシーンもあるが思ったより地味だし自分のドツボに嵌るような要素は少なかった。けどお年寄りに優しい映画は問答無用でたくさん作って欲しいとお願いしときます。たくさん観たいです。

まあまあよいです
RiRiCoおすすめ
カトリナそこまでではない
とま

とまの感想・評価

4.0
コミカルでほっこりします。
頑固なオヤジさんが新しい隣人と触れ合い、少しずつほかの人たちとも触れ合ってきます。
当初の予定の自殺はなかなか果たせずw
なぜか途中から、DVDが動かなくなりラストまで見れませんでした。
ちょうどバス事故の話のあたりです。
残念。
アサコ

アサコの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

悲しみさえ優しくあたたかい映画。

偏屈オヤジが周りの人たちによって心開いていく、というストーリー自体はありふれたものであると思いますがどうしてこうも毎回泣いてしまうんでしょう笑

今作品のオーヴェはとにかく不器用。
でも愛する妻ソーニャと過ごす場面の微笑ましさったらないです。
嫌〜〜な偏屈オヤジになるまでの過去のストーリーがうまく織り込まれていてすんなりと入って来ました。
それにどのエピソードをとってもやっぱり不器用なだけで優しいんですよね。

猫にも癒されました。
散々オーヴェに怒鳴り散らされていたけれどオーヴェと一緒に暮らすようになり最期は側に。
隣に越して来た一家をきっかけにたくさんの人に認められたオーヴェ。
愛するソーニャとずっと仲良くいてくれたらと思います。
satii

satiiの感想・評価

3.8
オーヴェの怒鳴り声は苦しかったけど、人間が生きていくっていうところで考えさせられた。
現代の日本社会の傾向みたいのも感じさせるのではないかな。
人を許すとか、助け合うとか、誰にでもフラットに接するとか、そういうことが大事なんじゃないかな。パルヴァネのように。
それに、ソーニャのような女性・妻にも憧れる。いつだって前向きで太陽のような彼女のようになりたい。
Tommy

Tommyの感想・評価

4.5
【2017.12.15.FRI】

オーヴェはひとりぼっちだったからこそ
新しい幸せを見つけられたのですね。

最初はなんだかハラハラしたけれど、
話が進むにつれてホッコリしました。

ひとは1人では生きていけない。
素敵なお隣さんでよかった。

猫ちゃんが可愛い。
我が家の猫もあんな風に
ちゃんとくっついてきてくれたら
いいのになーなんて。
コッタ

コッタの感想・評価

4.0
最後が特によかった。
お向かいさんのお陰で、もう1回今を生きられるようになったのかな

幸せなひとりぼっちってすごく合ってるなぁ、と最後まで見てようやく思えた
子役の男の子のほっぺたぷにぷに

サントラ欲しい。オーベンのテーマが彼の気難しさを見事に表現されててニヤリとさせられました。
ソーニャと過ごすシーンも大好き。


語りと回想シーンの抑揚バランスがいい
スウェーデン映画は今回が初めてです!吹き替えだと口の動きとセリフが合ってなくてかなり違和感がありましたけど言葉のニュアンスがわかりやすいのでおk

死ぬのも簡単じゃないな
景色も音楽も素敵だったけど、オーベンの周りに新聞記者など都合よく集まった仲間がちょっと気になりました。

最初はやりたい放題の危ないじいさんにしか見えませんでしたけど紐解いていく内に世話焼きで友達想いで人間味のあるオーベンの事が大好きになっていました。

素敵で頼れて憧れるおじいちゃんといえばマイ・インターンのロバート・デ・ニーロが印象的ですけどオーベンも引けをとっていませんね。口はすこぶる悪いですけどw

手作りのゆりかごをああゆう形で使えたのは見てるこっちも切なくも嬉しくなりましたな。

どんなに辛く悲しい事があっても明るく前向きに生きていくソーニャ(イーダ・エングボク)に勇気をもらいました。というか好きです。笑い方好きです。タイプです。オーベンの回想だからかなり美しく撮影されてたとも、思えましたがそんなこと関係ない好きです。

全てを失って人生を諦めようとしても誰かと関わることで改めて気付くことがあったり、また大切な人に出会い生きるオーベンを通して人生の素晴らしさみたいなものを感じた映画でした!

邦題が最高。
>|