幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価・動画配信

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove/A Man Called Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

のぎお

のぎおの感想・評価

4.2
ちょっとしたことにすごくクレームをつけたり、ルール破りを断固許さない。ああこんな人、そこら中にいるよなぁ...って思うリアルさ。店員だったら、犬の飼い主だったら、きっと「は??😧」となる気がするけど、この映画の中ではオーヴェに寄り添わずにいられない。

彼の幸せを唐突に奪いあげていった色々な出来事を追っていると思わず眉間にシワが寄ってしまったし、彼が声をあげて笑った時にはにやりとしてしまった。善く生きてきたオーヴェを待つラストの光景は涙が出る。じんわりと両親のそれと被せてあって、そこに邦題タイトルの意味を感じた。観る前はなんかいかにも…って感じのタイトルでなんでも日本語にすりゃいいってもんじゃないよ〜なんてやれやれな気持ちだったのに、最後まで観るとこの邦題も悪くないのかな、と思える。

ソーニャへの深い愛情が若かりし頃も今もとても綺麗。彼がソーニャに向かって話しかける「寂しいよ」はどのセリフよりも本音に聞こえた。
くるみ

くるみの感想・評価

4.1
頑固なおじいさんが周りの人と溶け合っていく話だいすき パコを思い出した
愛する人に向けて花を贈る人に悪い奴はいない。

愛情表現が不器用な堅物おじいちゃんって愛しさしか湧かないね。
Y

Yの感想・評価

4.2

不器用で頑固だけど誠実で
オーヴェの人柄を知れば知るほど好きになっていった大好き!

お墓でのシーンが印象的
さびしいと伝えにきたり、愚痴を言いにきたり、反省しにきたり。飼うことになった野良猫見せにきたり笑 お墓の横に寝そべってるシーンはすごく良い画だったなぁ愛だ。

とにかくひとつひとつのシーンがどれも好き
奥さんのお気に入りのお店のいつもの席で、ミルフィーユを?って聞かれた時のオーヴェの表情、完璧。。本当に心があったまる

邦題の幸せなひとりぼっちも好きだけど、
原題のオーヴェという男のがしっくりくるな〜🦭なんとなくだけど🦭
あかね

あかねの感想・評価

5.0
ソーニャの目がすっごいきれい😢
にゃんこ😢❤️オーヴェ😢❤️
いい映画にであえた🌱
けん

けんの感想・評価

4.1
愛が強すぎるから、思いが強すぎるから故の頑固。
他の方が言ってた、愛する人に花を贈る人に悪い人はいない(日本では墓参り)。
その通りだなーと思った。

運命とは、人の愚行の積み重ね
正直になるには、後押しがいる
主人公オーヴェは59歳。まだまだじいさんではないのに、その真っ直ぐさ故にあたり構わず怒鳴り散らすようではジジィ扱いされても仕方ないか。愛する妻に先立たれ、最早現世に未練無しの彼に、今更ながら様々な人々が絡んでくる。移民のパルヴァネ一家が、偏見を持たずに関わってくるのが愉快だ。
元祖福祉国家の現状も垣間見られる。電車が出てくるとなんだか嬉しい。そして長毛種の猫ちゃんも重要な位置におわします。
うりこ

うりこの感想・評価

4.6
頑固者で人を寄せつけない嫌なおじいちゃんだと思っていたけれど、誰よりも思いやりがあって優しいおじいちゃんで、愛情と友情、家族愛全てを感じられる愛に溢れたお話でした😌
おじいちゃんの過去を知るたびに胸がギュッとなって、最後は涙が止まりませんでした。
見終わってから、奥さんのソーニャが生きてって必死に伝えてくれてたんじゃないかなって思いました😌
堅物おじいちゃんがずっと怒ってて初めは全てに怒りを持ってるのかな?と思ったけど、人生を振り返ると怒りの理由が次第に紐解かれ、その意思が受け継がれ、ジャンルはコメディだけど、ほっこりする話だった😊
Yumi

Yumiの感想・評価

4.2
ぶっきらぼうで愛想があまりない人の方が実は優しいっていうの間違いじゃなかった😀
心が温まった〜
>|