グラン・トリノの作品情報・感想・評価・動画配信

グラン・トリノ2008年製作の映画)

Gran Torino

上映日:2009年04月25日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.1

あらすじ

『グラン・トリノ』に投稿された感想・評価

かず

かずの感想・評価

4.0
ストーリーはシンプルなのに、イーストウッドの頑固オヤジっぷりが魅力的でグイグイ引き込まれた。また、映画タイトルの付け方も絶妙。
みるく

みるくの感想・評価

5.0
日々を淡々と過ごす中でも
その生活を幸せだと感じられる心の敏感さ、謙虚さを教わりました。
グラン・トリノってそれのことだったんだ!ってなりました。(ヒロアカのイメージが強くて、、笑)

罪を告白することよりも罪を認めて、そんな自分を受け入れることって勇気入りますよね。懺悔って難しいですよ。

ラストの選択はグッときます。
Chocoriku

Chocorikuの感想・評価

4.2
こういう偏屈ジジイの人生の終盤を描く映画はどれも大好き
単純なハッピーエンドではないし、暗く重めな終わり方だけど、この作品はすごく好き
エンドロールの時のタオの表情を見て、しっかりと成長を感じられてよかった
【タズシネマ】午後のロードショー
イーストウッド作品大好きだけどまだ観れてないやつもたくさんあってこれも初見。

で、泣いたわー。疲れてるのかここんとこやけに泣いてる。イーストウッド作品であんまり泣いたことないのに。最後泣いたわー。

愛する妻を亡くしたばかりの偏屈じいさん。息子たちともギクシャクした関係だし、熱心に通ってた教会の神父にも、妻が行きたかったから通ってだだけで本当は教会なんて嫌いだと言い放つ。そんな孤独なじいさんが隣に住むモン族(民族色強めのアジア移民)の家族とはなぜか少しづつ打ち解けていく。がモン族の家族には厄介なギャングが付きまとっていた。。。

サブキャストほとんど知らない(でもいい俳優たちだ。そこもイーストウッドらしい)けど名脇役ジョンキャロルリンチのちょい役が好き(ファーゴ、シャッターアイランド)

タズシネマ的イーストウッド監督映画ランキング※どれもいいから気分によってコロコロ変わるですすみません
1位: ミスティックリバー
2位: チェンジリング
3位: パーフェクトワールド
4位: グラントリノ
5位: アメリカンスナイパー
ストーリーはシンプルなんだけど、会話が良くて引き込まれる
主人公のじいちゃんは頑固なレイシストなんだけど、白人含め全方向に差別を飛ばすので、無差別な差別という感じで面白い
クリント・イーストウッド番カールじいさん?これ
かこ

かこの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

主人公の感情が痛いほど伝わってきて、ちゃんと感動できた。

最近は、こういうシンプルな構成の脚本でセリフ一つ一つにしっかり体重がのってる作品が1番すごいと思うようになってきたなぁ。

感情が丁寧に追えて、過剰じゃない。あざとすぎない。ドラマに説得力があって、大事なシーンが的確に刺さってくる。

これが、意外とできないんだよなぁー。
FN

FNの感想・評価

4.9
相当前だけど。

ピンポイントで「ここのシーンで泣ける」とかじゃなく、見終わってエンドロール中涙が止まらん、みたいな映画です。
自分が朝鮮戦争の時に犯した罪から赦されたかった老人の物語。

ゴロツキ達に報復するのではなく、自らが犠牲になることでゴロツキ達に罪をきちんと償わせたのだ。

ある意味、それはゴロツキ達に対しても優しい決断だったかもしれない。
なぜなら、老人が償うチャンスすらなかったのに対し、罪を償うチャンスを与えたとも言えるからだ。
rio

rioの感想・評価

3.6
戦争で受ける傷は、勝った国も負けた国も同じで、現地で闘った人にしか分からないものがあるのだろう。
ただそれだけではない、主人公の元来の偏屈▪︎頑固▪︎差別的な言動が前半かなりキツかった。

あんな態度で人と接したら家族もご近所も距離を置くだろう。

忍耐強い神父さんと、何を言われてもどこ吹く風のスーちゃんのおかげ。

でも、息子たちもそれなりにお父さんを気遣っていたし、孫娘だって現代っ子なりに歩み寄っていたのに、父として祖父としては、もう少し出来る事があったんじゃないかなあ。

モイ族のお隣さんは言わずもがな、ええ人たちや。
でも、悪い人たちと関わると面倒やね。なかなか縁が切れん。
頑張ろうとするタオ君、スーちゃんへの仕打ちはヒドイ!許せん!
殺すっきゃないってとこで、あの選択ね。

でも、ワンコとグラン・トリノの行方がホッコリ感しかないエンディングですがすがしかった。
>|

あなたにおすすめの記事