グラン・トリノの作品情報・感想・評価・動画配信

グラン・トリノ2008年製作の映画)

Gran Torino

上映日:2009年04月25日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「グラン・トリノ」に投稿された感想・評価

Smky

Smkyの感想・評価

5.0
最近心が動いたことなんですかって聞かれたら間違いなくこの映画を観たことだわね
Masashi

Masashiの感想・評価

4.7
イーストウッド監督作品には心が跳ねる瞬間がいろんな形で表現されている。それを感じたくて映画を観るようなものなので、終盤に至るまでに既に満足している。にもかかわらず、なおも心揺さぶられる展開まで用意されている。

今作、やはり偏屈が似合う俳優イーストウッド

戦争を経て、頑なにまっすぐなだけなのだが…、偏っているのでぶつかりまくる。無礼な親族、異なる文化、狭隘な視野に。

偏った老人が野蛮だとしていた隣人のアジアンとの交流で、礼と敬意に触れ、親愛を感じるに至る。孤独が愛情に到達する。そして、生と死について。

名作。
イーストウッド主演監督作品。感慨深い物語を渋く演じる、彼ならではの至宝の作品。アメリカの田舎に住むリタイア一人暮らしの偏屈老人が主人公。元々人種差別的立場であったが、交流を深めるうちに何が大切か自分自身気付き、行動する。あの責任の取り方、ラストは感動。グラン・トリノでドライブするエンディングも秀逸!
サト

サトの感想・評価

4.0
ウォルト 堅ぶつで変り者?イヤイヤ、よくいるこういう人。
本当は悪い人では無いんだけど。
息子達とも折り合いが悪いのは今まで何があったんだろう。
ワンちゃんはウォルトの事大好き。
人種差別も加わりつつ、その種のわだかまりもわかるけど、どこにでも居るんだクズ野郎。モン族とは習慣も違うんだけど、スーの話しはちゃんと聴き、次第に心を開いてくる。スーが偏見の無い娘だからかな?
戦争体験の苦しさをタオには味合わせたく無くて一人で決行。
自分の余命が少ないのも、わかっていたから。
ろぎ

ろぎの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

強さ、格好良さ、男らしさを死ぬまで徹底する。そっち方面のジジイはここまでしなければ老害の誹りを受けるのか…などと考えてしまった。もしくはマイ・インターン方向を目指すか。
ペータ

ペータの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

口の悪い頑固で人付き合いの不器用な優しいおじいさんのお話。
老人から見る身内からの扱いがとてもリアルで、冒頭から雰囲気がすごく悪い…おまけに言葉の通じない外国人の隣人……ストレスすごそう…
一人静かに暮らしたいはずが、偶然見かける困っている隣人を見過ごせず幾度か助け、徐々に打ち解けていく様は微笑ましかったし良い関係が築けてよかったと思った。
家族からは遺産目当て見え見えで本人の意思関係なく老人ホームにぶち込まれる計画を立てられ、一方体調を心配してくれる知り合って間もない隣人との対比が少し心苦しかった。

最後のウォルトの選択は、自分の蒔いた種とはいえ、命を賭して暴力に訴えるのではなく他者を想い助けたことにすごく感動した。
いい映画でした。
たきゃ

たきゃの感想・評価

4.5
イーストウッド渋くてかっこいい。。タオたちとの交流の中でお互い変わっていくのがよかったし、最後は自分のやり方で決着をつけてたところもかっこよすぎて痺れた。最後は泣けました。
はな

はなの感想・評価

-
かっこいい爺さん👨🏼‍🦳🌟
結末は、彼の人生経験から出た答え。
家族と溝ができてしまったことを懺悔として挙げるくらい、本当は家族思いで勇敢な父親だったことを、遺された家族には知って欲しい❕
TY

TYの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

優勢思想と自己犠牲からなるアメリカのヒーロー像を描いている。しかも主演がクリントイーストウッドで、退役軍人の役である点もヒーロー像を惹き立てている
クリンとイーストウッドカッコいい。
古き良きではないかもしれないが、頑固な昔の親父。差別バリバリやし無茶苦茶なんやけど、隣のモン族の一家との交流から変わっていく姿が温まる。葬式に始まり葬式に終わる。
>|

あなたにおすすめの記事