くるみ割り人形の作品情報・感想・評価

「くるみ割り人形」に投稿された感想・評価

mihaRu

mihaRuの感想・評価

4.2
ロシア風
美術→二人の兄弟の衣装
クリスマスツリーを登っていくアイデア
屋敷の部屋がクリムトの絵で埋め尽くされていたしメアリーの母の衣装もクリムトが描いた当時最先端なファッションのようだったのが小洒落てた。叔父がアインシュタインって設定もいいよね。エルファニング、somewhereで披露したアイススケートはこの作品が練習になったのかもね
う

うの感想・評価

1.0
めっちゃ楽しみにして見たんだけど ネズミがトラウマになった めっちゃ怖いし B級
Bar

Barの感想・評価

3.7
ねずみたちと闘うシーンが長いけど、ファンタジーシーンの美術がさいこう。
フロイトが知り合いという設定+クリムトの絵画が飾られている豪邸が舞台。
舞台になっているお家の美しい内装と誰もが知っているくるみ割り人形のあの音楽のかわいらしさに魅了されて、多少の?あべこべなねずみ戦争も許せてしまう(笑)
Hana

Hanaの感想・評価

3.0
くるみの音楽が流れるので楽しい。
ちょっとミュージカルっぽい要素あり。
別にミュージカルにしなくても良かったような気もするけど全体的にかわいくてよかった!
オモチャの国を救うべく、魔法でブリキの人形に変えられた王子と共にネズミの軍団に立ち向かう少女メアリーの奮闘を描く夢のような冒険ファンタジー。
サル人間やネズミ人間のメイクがかなりリアルで、人形もどことなく不気味さが残るダークめのファンタジーでなかなか楽しめた。
タイトルから連想するストーリーからはだいぶぶっ飛んでた。CGもバリバリ。
そもそもファンタジーもので敵をファシズム全開のネズミ軍団にしてるのが、ディズニーに喧嘩売ってるようで可笑しい。
カメラワークはあまりよろしくない。
廃品処理工場のベルトコンベアに乗せられるオモチャの映像は『トイストーリー3』を思わせる。
主人公のエル・ファニングはかわいいし堂々とした演技だった。
a8k

a8kの感想・評価

2.8
クリスマスの定番なだけあってキラキラ感
洋服にしてもインテリアにしても
デザインが可愛すぎる
元の話をちゃんと知らないんだけど
どうやら手を加えているようで、、、
とはいえ、面白かった!
tekumizu

tekumizuの感想・評価

3.8
ネズミの歯がリアルでゾクッとしました。
幼い頃の思い出を思い出すような作品でした。
kahooo

kahoooの感想・評価

3.0
ファンタジーでしかない✨

何がいいかってエルファニングが可愛すぎる😍😍😍
彼女も洋服も全て❤️

ネズミは怖かったけど、ラストもほっこり

とにかく、エルファニング好きは必見‼︎
>|